passwdコマンドが一般ユーザーで実行できない!?

こんにちは。

今回は、

passwdコマンド

の実行におけるトラブルと対処について書いてみたいと思います。

管理をしているサーバに、Linuxを使っているサーバがあるのですが、殆ど、管理者ユーザー(root)を使って、設定変更などしているので、一般ユーザーでの動作を全くしていなかったのですが、たまたま、今回、このサーバに登録している一般ユーザーの方から、パスワードを変更するために、

# passwd

を実行したところ、

# passwd: Authentication token manipulation error

というエラーが出て、パスワードが変更できなかったとの連絡を貰いました。

そこで、思い当たる原因が2つほどあったので、1つ1つあたってみました。

まず1つ目。

このエラーが出たときですが、大半の原因が、

/etc/passwd
/etc/shadow

の整合性がとれていないために発生するエラーのようなので、

# pwconv

を実行し、2つのファイルの整合性を取ってみたのですが、エラーが解消されませんでした。

 

2つ目。

改めてrootユーザーで、passwdコマンドを実行してみたところ、何ら問題なくパスワードが変更できましたので、もしやと思い、改めて、一般ユーザーでpasswdコマンドを実行したところ、上記エラーが出ました。

このことから、単純にpasswdコマンドが一般ユーザーから実行できない権限になっていることが判ったので、

# chmod 4755 passwd

を実行し、SUID属性を付与し、一般ユーザーで実行できるようにパーミッションを変更しました。

※元々passwdのパーミッションは、rwxr-xr-xだったんですが、SUID属性の付与で、rwsr-xr-xになっています。

今回の場合、2つ目のSUID属性が付与されていなかったために一般ユーザーからパスワード変更が出来なかったようです。

それにしても、原因が2つあるのに、エラーメッセージは1つってのは、なんですかねぇ。

レーザープリンタのニコイチ

突然の連絡!

プリンタA:電源が入らない
プリンタB:前面扉の蝶つがいの軸が全て折れてしまった

このような同機種の2台のプリンタがあり、どちらか一方が動くようにならないかというものでした。

後日、2台のプリンタの状態を入念にチェック!

プリンタAは、どうも、ヒューズも切れていないので、恐らく、電源基盤の故障と判断。
プリンタBは、確かに軸が折れている。
1段の給紙トレイがあったので、これだけ使えれば問題ないんじゃ無いかと思ったのだが、トナーを取り出そうとボタンを押したところ、前面扉全体が外れ、

ガシャン!

と落ちるんです。
これでは、日々のトナー交換が大変。

この2台の状態から、プリンタAから前面扉を取り外して、プリンタBに取り付ければ作業完了!

と考えて、作業を始めようと部品の配置やネジの配置を見ていた矢先・・・。

前面扉の蝶つがいは、ドラムと用紙が移動するコンベア部分と一体化していて、蝶つがい部分だけを交換することが出来ないことが判明。
もし、これ自体を交換するには、周りの部品や鉄板を全て取り外して、交換になり、時間的に無駄が多いと判断し断念。

次の方法として、プリンタBの電源基板を外して、プリンタAに取り付けようということで、電源部がある方の筐体のネジを1つ1つ外していきました。

分解を続けていると筐体をイメージするプラスチック部分が全て取り外され、プリンタ機構本体が顔を出しました。
ここまで、分解をして、ようやく電源部の基板を含めて取り外すことが出来ると判断。
基板から、ケーブル類やコネクタを抜き、電源部の取り出しに成功。

部品取りされたプリンタの成れの果て

部品取りされたプリンタの成れの果て

続いて、プリンタAの電源部の取り外しに取りかかりました。

プリンタBの電源部を取り出したこともあり、プリンタAの電源部取り外しは、効率よく取り外すことが出来ました。
加えて、最小限のネジなどの取り外しだけで済みました。

プリンタAが電源が入らないのは、電源部の基板故障のためというのも、半信半疑だったんですが、ここまで、分解をしてしまったので、基板故障を信じて作業を進めています(^^;)

さて、プリンタAにプリンタBの電源部を取り付ける作業に取りかかりました。

取り外した逆手順で作業を進めれば良かったので、それほど、大した作業では無かったのですが、ケーブルやコネクタの接続時に、リボンケーブルが2本あり、この2本を丁寧に差し込む必要があり、慎重に基板のコネクタに差し込みました。
続いて、コネクタケーブルを順に刺していったんですが、1つだけ、これはどこだ?というコネクタがあったんですが、一番最初に外して、すっかり忘れていた電源スイッチのコネクタで、一安心。

そうこうして、接続し、ネジ止めし、全ての部品を元に戻し、

いざ!電源ケーブルを繋ぎ、電源スイッチ・・・、オン!

ウィーーーーーーン!

とモーター音と共に、プリンタの操作パネルに初期化中の表示。

電源も入り、無事動き出しました。

ニコイチプリンタLBP6700

ニコイチプリンタ

あとは、前面扉を閉めるときのツメが左右両方折れていたので、この扉も交換し、ニコイチが完成。

早速、テストプリント・・・・。

まずは、ステータスプリントを出してみると

無事成功。

次に、USBケーブルでパソコンと接続しテストプリントを出してみると

無事成功。

なんとか、ニコイチで1台を復活することが出来ました(^_^)v

今回、ニコイチプリンタを作ることが出来ましたが、もちろん、同一機種が2台ないと出来ない芸当です<(_ _)>


【初期費用無料】【サーバーレンタル料無料】【配送料無料】プレミアムウォーター


※たった1ヶ月(31日)で60万円を稼ぐ方法(^o^)
たった4つの“無料”授業を受けるだけで、稼げる側の人になれます(^_-)
→ http://bit.ly/1NtIeg2


ネットビジネスで堅実に稼ぐ為の5つのノウハウ
→ http://bit.ly/1DTJ2dW


5倍は得する『傷害保険の受け取り術!』
これ!スゴいです!こんな事出来るんだって思っちゃいました(>_<)

→ http://bit.ly/1fxDbiB

ゆるキャラ・グランプリ “やはたいぬ”くんに是非!

甲斐市マスコットキャラクターのやはたいぬ

本日8月17日(月)から

ゆるキャラ・グランプリ2015

が開催されました。

弊社は、会社が甲斐市の商工会会員ということもあり、

やはたいぬ

を是非と思い、毎日1クリック1投票しようと万全の体制を敷いています(^_^)v

是非、この投稿を見ましたら、

やはたいぬ くん

毎日1クリック1投票

していただけたらと思います。

やはたいぬ くんの投票箱は、

こちらをクリック

していただければ、表示されます。

宜しくお願いいたします。

プライスター日本版30日間無料/プライスターでAmazonへの出品をカンタンに! ボタンひとつで価格の自動変更を行ったり、売れた商品の利益計算を自動で行うツールです

プライスター[pricetar]30日間無料

プライスターは毎日出品するあなたのために、
かんたんに手間が少なく出品できるよう工夫しています。

ジャンルや状態ごとに決めたコメントを表示したり、たくさんの商品を1回で出品できたり、仕入れ金額をレシートごとまとめて入れられたり。

一度使ったら、もう普通の出品画面には戻れないほど。

あなたの「出品するのって、面倒くさい。」を
「アレもコレも出品してみよう!」に変えてみせます。

プライスター日本版30日間無料をお試しください。

Webサーバの反応が鈍いとのことで調べるとbotが・・・PART2

先日、

Webサーバの反応が鈍いとのことで調べるとbotが・・・

でrobot.txtと.htaccessでの対応方法を書きましたが、それから、数日はサーバの反応も良かったようなのです。

でも、数日が過ぎ、また、サーバの反応が鈍いとの連絡を受け、ログを調べたところ、また、botのアクセスが始まっていました。

加えて、botとは、別に、不明なアクセスが多数あり、これは、

robot.txt

.htaccess

では、防ぎきれるものでは無いと判断し、今度は、サーバの入口である、

ポートで制限

を試みることにしました。

ポートで制限というと

iptables

での制限となりますが、リモートでの作業は一歩間違えると、自分自身も入れなくなり、サーバ操作ができなくなります(>_<)

とりあえず、自分のPC上に、今のiptablesのコンフィグをダウンロードし、編集し、確認してから実際のiptablesを書き換えることにしました。

編集前のiptablesは、

*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT – [0:0]
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp ! –tcp-flags FIN,SYN,RST,ACK SYN -m state –state NEW -j DROP
-A INPUT -m state –state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.192.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s ***.***.**.0/255.255.255.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s ***.***.***.0/255.255.255.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s ***.***.***.***/255.255.255.*** -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 20 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 21 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 443 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 0 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 0 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 0 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 3 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 3 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 3 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 8 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 8 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 8 -j ACCEPT

こんな感じでした。

ポートの送信以外は全て遮断した上での設定になります。

今回、この

送信側

に問題があったようです。
※実は、この問題に気づくのに1週間かかってしまいました。
人の書いたiptablesを引き継いで管理するのは、ちょっとばかり骨が折れます(^^;)

今回は、余りにも遮断するIPが多いのと、何が悪さをしているのかを把握するのが難しいこともあり、該当IPを一つ一つ遮断しているのは酷なことになると判断し、iptablesの一番最初のポリシーとして、

全ポート遮断

から、必要なポートを開けていく手法にすることとしました。

よく考えたら、今の世の中、こうしないと、サーバで何が起きているのか把握するのは困難ですよね(T_T)

で、全ポート遮断から始めるため、少々、今までとは、ルールを書く上で注意が必要になります。

それが、各ルールのOUTPUT側を必要に応じて書く必要があると言うことです。

これを考慮して、書いていったんですが、それが、下記のルールになります。

折角ですので、一つ一つ補足説明をかけるところは書いてみたいと思います。

*filter

#全ポートを遮断
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]
:OUTPUT DROP [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT – [0:0]

#ループバックアドレスからのアクセスを許可し、サーバ内部でのパケット送受信を可能にします。
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A OUTPUT -o lo -j ACCEPT

#SYNflood(接続をあぶれさせる)攻撃の接続を破棄する
-A INPUT -p tcp -m tcp ! –tcp-flags FIN,SYN,RST,ACK SYN -m state –state NEW -j DROP

#確立済みの接続及びそれと関連する接続についてパケットは許可し、上記で許可した受入れパケット及び 外部DNSサーバーへの問合せに対する応答パケットを通過させるようにします。
-A INPUT -m state –state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
-A OUTPUT -m state –state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT

#信頼できる特定ホストからのSSH接続を許可します。
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.192.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s ***.***.**.0/255.255.255.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s ***.***.***.0/255.255.255.0 -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -s ***.***.***.***/255.255.255.*** -p tcp -m tcp –dport 22 -j ACCEPT

#FTP接続を許可します。
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 20 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 21 -j ACCEPT

#PASSIVモードでのファイル転送を許可します。
-A INPUT -p tcp -m state –state NEW –dport 1024: -j ACCEPT

#HTTPアクセスを許可します。
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 80 -j ACCEPT

#HTTPSアクセスを許可します。
-A INPUT -p tcp -m tcp –dport 443 -j ACCEPT

#信頼できる特定ホストからのPING応答を許可します。
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 0 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 0 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 0 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 3 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 3 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 3 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.**.0/255.255.192.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 8 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 8 -j ACCEPT
-A INPUT -s **.**.0.0/255.255.0.0 -p icmp -m icmp –icmp-type 8 -j ACCEPT

#自ホストから特定の外部DNSサーバーへの問合せを許可します。
# DNS
#-A OUTPUT -p udp –dport 53 -j ACCEPT
#-A OUTPUT -p tcp –dport 53 -j ACCEPT
-A OUTPUT -p tcp –dport 53 -s ***.***.0.0/16 -j ACCEPT
-A OUTPUT -p udp –dport 53 -s ***.***.0.0/16 -j ACCEPT
-A OUTPUT -p tcp –dport 53 -s ***.0.0.0/8 -j ACCEPT
-A OUTPUT -p udp –dport 53 -s ***.0.0.0/8 -j ACCEPT
-A OUTPUT -p tcp –dport 53 -s hoge.hogehoge.hoge.hoge -j ACCEPT
-A OUTPUT -p udp –dport 53 -s choge.hogehoge.hoge.hoge -j ACCEPT
-A OUTPUT -p tcp –dport 53 -s hoge2.hogehoge.hoge.hoge -j ACCEPT
-A OUTPUT -p udp –dport 53 -s hoge2.hogehoge.hoge.hoge -j ACCEPT

このように、ルールを決定し、ローカルPCに構築した仮想環境上のLinuxで動作確認後、リモートサーバのiptablesを上書きしたところ、

パッタリ

不明なアクセスが止みました\(^o^)/

それが、一昨日の昼頃なんですが、今のところ、

サーバの応答が鈍い

サーバにアクセスできない

といった連絡は来ていないので、これで、今回の事象は収束になったと考えているところです。

う〜ん、なかなか難しいところがありますが、解決できると気持ちいいものですね(^o^)

 
— PR —

【初期費用無料】【サーバーレンタル料無料】【配送料無料】プレミアムウォーター


エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ
モデル達も大絶賛! お腹・お尻・脚などやせにくい部分を多彩な手技で集中ケア!まずは体験!エルセーヌの「美脚時代コース」へ!


エスセーヌ「ヘッドファーストフェイシャル」

「若見え肌が嬉しい!」体験者I様(40歳)談 など喜びの声が続々!
お顔のエステで、顔は小さく!目は大きく!肌はワントーン明るく!

◆エステ業界初!重力に逆らう美顔コース
効果をしっかり実感できる体験エステ!

— PR —
※たった1ヶ月(31日)で60万円を稼ぐ方法(^o^)
たった4つの“無料”授業を受けるだけで、稼げる側の人になれます(^_-)
→ http://bit.ly/1NtIeg2

私が、ビジネスのために雑学を含めた勉強で知ったPDCAが、まさかこんなところで役に立つなんて!

こんにちは<(_ _)>

今日は、ちょっと違う記事(あまりこういうのは好ましくないのかもしれませんが、たまにはということで)を書いてみたいと思います。

いつもなら、日常のことを書いているのですが、今回は少し、いろいろなビジネスのことやらなにやら勉強勉強の毎日ですが、その中で、知ったPDCAというものが、実は、ネットビジネスでも使えるということが、最近分かりだしたことが嬉しくなり、書いてみたいと思った次第です。

こんな記事なんて!とお思いかと思いますが、無駄にならない情報かと思いますので、是非読んでみてください。
そして、興味がわきましたら、是非、登録も閲覧も無料のメルマガですので、登録して頂ければと思います(o_ _)o

全て無料で始められる全く新しいアフィリエイトスタイルです
※たった1ヶ月(31日)で60万円を稼ぐ方法(^o^)
まぁねぇ、こんなことが出来るんだったら、苦労しませんよっていうのが、普通だと思います、確かに。

でも、本当に、最短で稼ぐための方法があるとしたら・・・って思っちゃったりしませんか。
そういうものがあって、取り敢えず、タダで技術は教えてくれるっていうのがあったら、
→ http://bit.ly/1NtIeg2

Aさん:もちろん、知りたいし、欲しいです!
Bさん:そんなのあったとしても本当ですか?
Cさん:みんな稼げてないんだから無いでしょ!

皆さんは、何さんを選びますか?

これは、ホントの話なんですが、

たった4つの“無料”授業を受けるだけで、

稼げる側の人になれるんです!

その方法というのは・・・、

PDCAノウハウ

というものなのです。

はてさて、

PDCAってなんでしょうか?

PDCAというのは、ビジネス界では、ごく当たり前のノウハウなんですが、

ミスを少しでも、抑えるための手段

として、ビジネス界の経営者層など、会社でも管理側の人間が使っている手段なんです。

そんな手段ですが、アフィリエイトにも当てはめる事が出来るんです。

この“PDCA”が出来ないがために、95%の人が稼げないと言われているんです。

じゃぁ、この“PDCA”が出来るようになったら・・・
→ http://bit.ly/1NtIeg2
と考えるとどうでしょうか!

そうなんです!
PDCAノウハウさえ、しっかりと身につけば、確実に稼げてしまうんです。
→ http://bit.ly/1NtIeg2

では、

なぜ、ネットビジネスは、PDCAノウハウだけで、稼ぐことが出来てしまうんでしょうか?

それさえ分かれば、あなたの人生は、謳歌できてしまいますよね(^^)/
→ http://bit.ly/1NtIeg2

その、PDCAノウハウを身につけることの出来る塾が

NJSフリースクール
→ http://bit.ly/1NtIeg2

なのです。

スキル0!経験0!であっても、このスクールの授業を受けることで、95%稼げないと言われていたものが、

100%

稼げるようになるんです。

成功率 100%ですよ!

すごいじゃありませんか。
そんなスゴい授業を受けてみてください。
→ http://bit.ly/1NtIeg2

ネットビジネスのみならず、あなたがサラリーマンであっても、役に立つ

PDCAノウハウ

を、たったの

ゼロ円

で学ぶことが出来るんです。

このノウハウは、世界の経済でも普通に使われていますから、100年経っても、

絶対にスタレない!

完璧なノウハウなのです。
→ http://bit.ly/1NtIeg2

さぁ、あなたも是非

4つの“無料”授業

を受けて、

「 自 由 」

「 お 金 」

「  夢  」

を手にしてください!

1ヶ月(31日)後には、笑顔になっていること、間違いナシです!

→ http://bit.ly/1NtIeg2

追伸
私も、現在、NJSフリースクールで、アフィリエイトのみならず、ビジネスとしても使えるPDCAを学でいるところです。

最初は、PDCAなんてと思ったんですが、そういえば、社会人になってから、仕事をしていく上でPDCAをかじったことのあるようなと思い、昔のメモを引き出してきたところ、やっぱりかじっておりました。

すっかり忘れていたのですが、こんなところでPDCAに出会うなんてと思い、改めて学び直しています。

そんな、NJSフリースクールですが、登録も何もかもが無料ですので、一度ご覧になってみて頂ければと思います。
こちらです → http://bit.ly/1NtIeg2

Webサーバの反応が鈍いとのことで調べるとbotが・・・

こんにちは。

弊社がリモートサポート契約しているWebサーバにおいての出来事なんですが、昨日、お客様から、

最近、ブログの更新をするときにサーバが応答してくれないことがある。
自分のホームページを閲覧しようとしたときにページが表示されないことがある。
といった感じの問合せが来ました。

その方のWebサーバは、立ち上げ当初から、これといって、プラグインを増やしたりといったカスタマイズはしていなかったんです。

それなのに、サーバの応答がおかしいという問合せ・・・!?

なんだろうと思い、おもむろにターミナル(私Mac使いなので)を開き、お客様のサーバへ接続して、まずは、httpdのログを確認。

すると、今まで、見たことの無かったレコードが、約2秒に1回の割合で、アクセスしているのです。

はっ(゜Д゜)

でした。

とりあえず、該当のIP情報をdigにかけて、情報を引き出してみると、IPは違えど、アクセスしてきているモノは、皆同じ。

こりゃなんだ!?

とネットを含めて調べてみたところ、

BOT

であることが判明。

ある意味、BOTが巡回しに来ると言うことは、悪いことではないのですが、ここまで、頻繁に来訪して貰っては、通常の営業に支障を来すと言うことで、とりあえず、該当のBOT、今回は、

BingBOT

でしたので、このBOTの機能について、Bingで確認。

すると、ビックリ(゜Д゜)です。

デフォルトのままだと、

数秒間に1回

の割合で来訪してくるモノなのだそうです。

そんなに頻繁に来られても意味が無いから、もっと来訪間隔を大きく出来ないか調べたところ、ありました。

ただ、他のBOTとは違って、秒単位では無く、指数のような数字で管理がされているようです。

それが、これ!

Crawl-delay setting : No crawl delay set
Index refresh speed : Normal

Crawl-delay setting : 1
Index refresh speed : Slow

Crawl-delay setting : 5
Index refresh speed :Very slow

Crawl-delay setting : 10
Index refresh speed : Extremely slow

この4パターンでの設定のようです。

そこで、お客様がどの程度我慢できるかにも寄るのですが、とりあえず、robot.rxtを生成し、中に

User-agent: bingbot
Crawl-delay: 5

として、書き込み、お客様のサイトにアップしてみました。

それから、数日、お客様から、

まだちょっと鈍い感じがするので、もう少し遅くする設定の「10」を設定して、試して貰いました。

そうしたところ、今のところ、大丈夫そうな感じなので、この設定で使って頂くことに致しました。

でも、この設定、この数値が最大値なので、これ以上遅く出来ないんですね。
これ以上を望まれた場合、BingBOTからのアクセスを全てシャットアウトするしか無いんです。

ちなみに、全てシャットアウトするときには、

robot.txt

ではなく、今度は、

.htaccess

での対応となります。

どのような記述をするのかというと、下記のようになります。

SetEnvIf User-Agent “Googlebot” shutout
SetEnvIf User-Agent “Slurp” shutout
SetEnvIf User-Agent “bingbot” shutout
SetEnvIf User-Agent “Yeti” shutout
SetEnvIf User-Agent “Baiduspider” shutout

order Allow,Deny
Allow from all
Deny from env=shutout

このように記述して、Webサーバのルートディレクトリに置くと、BOTが来ないようになります。

ちなみに、上記の記述の場合、主要なBOTを全て蹴るようになります。
— PR —
※たった1ヶ月(31日)で60万円を稼ぐ方法(^o^)
最短で稼ぐための方法があるとしたら・・・
たった4つの“無料”授業を受けるだけで、稼げる側の人になれます(^_-)
→ http://bit.ly/1NtIeg2
今日は、煎茶?珈琲?紅茶?、どれにしましたか?
お茶をしながら、ご覧ください。

【初期費用無料】【サーバーレンタル料無料】【配送料無料】プレミアムウォーター

リアルでもバーチャルでも、同じように目標を達成するために・・・

”夢”や”目標”といった達成すべきことがある場合、たとえば、

  • ダイエットして10キロ痩せたい
    →ならば、PDCAをやれば達成できます!
  • テストで90点取りたい
    →ならば、PDCAを回せば自然と成績は上がります。
  • 営業成績を今月は群を抜きたい
    →ならば、PDCAをすることで、自ずと群を抜くことが出来ます!

と言う具合に、PDCAは、リアルな世界ではもちろんのことインターネットの世界でも、かなり有効な手段となります。

スキル無しで思考停止状態だったとしても、”PDCAの重要性さ”を理解し素直にPDCAを意識して取り組めば100%、お金を稼ぐことは可能なのです。それも数万円とかではなく・・・。上を見たら・・・。


紹介するだけ!?本当に稼げる魔法のPDF

↑登録は無料で、PDCAの重要性を理解できます。

私も、現在、PDCAの重要性を再認識するために、試していますが、確かに、その通りと感じています。

プレミアム商品券「南アルプス市」

平成27年7月4日(土)販売

午前9時00分~午後5時00分
売切れしだい終了とのことです。
ただし、売れ残った場合は、7月5日(日)に販売するとのことです。

販売場所は

南アルプス市役所 本庁及び各窓口サービスセンター

だそうです。
くれぐれも、商工会へ行かないようにね<(_ _)>

うちは、どうしようかなぁ!?

先日、実家(長野県松本市)のプレミアム商品券の記事を実家で見たんだけど、普通は、商品券だけで、買い物をするって考えるけど、その広告では、商品券1枚を付けて、商品を購入した場合、通常20%引きのところ40%引きにしますって載っていて、そういう使い方をさせてくれるところもあるんだぁって思っちゃいました。

この方法、面白いですよね。

商品券利用客は、いろんなお店で使えるってことになりますもんね。

南アルプス市のプレミアム商品券詳細ページはこちらです(^o^)

プレミアム商品券「甲斐市」

平成27年7月1日(水)~7月7日(火)

中学生以下のお子さんおよび老人クラブ加入者限定販売期間
→対象者には、予約券が郵送されているそうです。

平成27年7月8日(水)~7月14日

一般のみなさんへの販売期間
売り切れ次第終了とのことです。

どちらも販売場所は、

甲斐市役所竜王・敷島・双葉庁舎 (土曜日、日曜日については、竜王庁舎のみの販売)

で、

午前9時から午後4時まで

の販売だそうです。

うちは、どうしようかなぁ!?

先日、実家(長野県松本市)のプレミアム商品券の記事を実家で見たんだけど、普通は、商品券だけで、買い物をするって考えるけど、その広告では、商品券1枚を付けて、商品を購入した場合、通常20%引きのところ40%引きにしますって載っていて、そういう使い方をさせてくれるところもあるんだぁって思っちゃいました。

この方法、面白いですよね。

商品券利用客は、いろんなお店で使えるってことになりますもんね。

甲斐市のプレミアム商品券詳細ページはこちらです(^o^)