レーザープリンタのニコイチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の連絡!

プリンタA:電源が入らない
プリンタB:前面扉の蝶つがいの軸が全て折れてしまった

このような同機種の2台のプリンタがあり、どちらか一方が動くようにならないかというものでした。

後日、2台のプリンタの状態を入念にチェック!

プリンタAは、どうも、ヒューズも切れていないので、恐らく、電源基盤の故障と判断。
プリンタBは、確かに軸が折れている。
1段の給紙トレイがあったので、これだけ使えれば問題ないんじゃ無いかと思ったのだが、トナーを取り出そうとボタンを押したところ、前面扉全体が外れ、

ガシャン!

と落ちるんです。
これでは、日々のトナー交換が大変。

この2台の状態から、プリンタAから前面扉を取り外して、プリンタBに取り付ければ作業完了!

と考えて、作業を始めようと部品の配置やネジの配置を見ていた矢先・・・。

前面扉の蝶つがいは、ドラムと用紙が移動するコンベア部分と一体化していて、蝶つがい部分だけを交換することが出来ないことが判明。
もし、これ自体を交換するには、周りの部品や鉄板を全て取り外して、交換になり、時間的に無駄が多いと判断し断念。

次の方法として、プリンタBの電源基板を外して、プリンタAに取り付けようということで、電源部がある方の筐体のネジを1つ1つ外していきました。

分解を続けていると筐体をイメージするプラスチック部分が全て取り外され、プリンタ機構本体が顔を出しました。
ここまで、分解をして、ようやく電源部の基板を含めて取り外すことが出来ると判断。
基板から、ケーブル類やコネクタを抜き、電源部の取り出しに成功。

部品取りされたプリンタの成れの果て

部品取りされたプリンタの成れの果て

続いて、プリンタAの電源部の取り外しに取りかかりました。

プリンタBの電源部を取り出したこともあり、プリンタAの電源部取り外しは、効率よく取り外すことが出来ました。
加えて、最小限のネジなどの取り外しだけで済みました。

プリンタAが電源が入らないのは、電源部の基板故障のためというのも、半信半疑だったんですが、ここまで、分解をしてしまったので、基板故障を信じて作業を進めています(^^;)

さて、プリンタAにプリンタBの電源部を取り付ける作業に取りかかりました。

取り外した逆手順で作業を進めれば良かったので、それほど、大した作業では無かったのですが、ケーブルやコネクタの接続時に、リボンケーブルが2本あり、この2本を丁寧に差し込む必要があり、慎重に基板のコネクタに差し込みました。
続いて、コネクタケーブルを順に刺していったんですが、1つだけ、これはどこだ?というコネクタがあったんですが、一番最初に外して、すっかり忘れていた電源スイッチのコネクタで、一安心。

そうこうして、接続し、ネジ止めし、全ての部品を元に戻し、

いざ!電源ケーブルを繋ぎ、電源スイッチ・・・、オン!

ウィーーーーーーン!

とモーター音と共に、プリンタの操作パネルに初期化中の表示。

電源も入り、無事動き出しました。

ニコイチプリンタLBP6700

ニコイチプリンタ

あとは、前面扉を閉めるときのツメが左右両方折れていたので、この扉も交換し、ニコイチが完成。

早速、テストプリント・・・・。

まずは、ステータスプリントを出してみると

無事成功。

次に、USBケーブルでパソコンと接続しテストプリントを出してみると

無事成功。

なんとか、ニコイチで1台を復活することが出来ました(^_^)v

今回、ニコイチプリンタを作ることが出来ましたが、もちろん、同一機種が2台ないと出来ない芸当です<(_ _)>


【初期費用無料】【サーバーレンタル料無料】【配送料無料】プレミアムウォーター


※たった1ヶ月(31日)で60万円を稼ぐ方法(^o^)
たった4つの“無料”授業を受けるだけで、稼げる側の人になれます(^_-)
→ http://bit.ly/1NtIeg2


ネットビジネスで堅実に稼ぐ為の5つのノウハウ
→ http://bit.ly/1DTJ2dW


5倍は得する『傷害保険の受け取り術!』
これ!スゴいです!こんな事出来るんだって思っちゃいました(>_<)

→ http://bit.ly/1fxDbiB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です