生まれて初めて膝に溜まった水を取り除きました(-_-)

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末、右膝の状態が悪く、整形外科に行ってきました。

本当は、行きたくなかったんです。

行くと薬を処方されるまでの時間の大半が待合室に居る時間なんです。

この待合の時間をどうやって過ごすかにかかっていますが、今回は、都合良く、文章作成の仕事があったので、待合の時間、ずぅ〜っと、パソコンに向かってキーボードを打ちまくっていました。

そうこうしていると中待合に呼ばれ、レントゲンを撮った後、診察室に入って、先生と今回の症状などを説明すると、先生から、

3年前にも同じ場所で来てるね。

って言われました。

これを聞いて、悪化したかと思っちゃいました。

早速、レントゲン画像を見ながら、状態を見て貰うと、これと言って関節の状態は悪くないとのこと。

でも、いくらか軟骨が磨り減っているとは言われました。

触診で、水が溜まっているとのことで、水を抜きましょうということで、麻酔もせず、大きな注射器をブスリ!

痛い!?と思ったのですが、それほど痛くなく、あっさり、溜まった水を抜かれ、それを見せられ、黄色かったです。

それと同時に、ヒアルロン酸を注入されました。これも、あっさり入って、治療は終了。

処方されたのは、一番強い湿布薬だけ。

あとは、膝周りの筋力アップのための指導を受け、帰ってきました。

その後、帰ってきて、たまたまテレビを見ていたところ、とある整形外科医の内田俊彦氏が歩き方を含め話をしているのを見ました。

言われていることは、ご尤もでした。

靴も、足に合ったものを履くべし!

緩い履き物は足に負担がかかるので履くな!

などなど、私自身心がけていることが語られていました。

やっぱり、靴は大切ですね。

最近、靴底が磨り減っても履いている靴があるので、シューヒッターの方に足の状態を見て貰って新調しようと思っちゃいました。

で、ついでに、この先生のことを調べていると、インソールについて書かれた「ソルボセイン」のページがありました。

これを見て、唖然!!

こんな素晴らしいものがあるのかと感心しました。

早速、この「ソルボセイン」を使用している靴などなどを探してみたところ、アキレスに多く使われていました。

たまには、アキレスの靴も履いてみますかね。って、シューヒッターはどこへ!?ですが、良い靴はシューヒッターに見て貰って購入し、気軽に履く靴は、気軽に!でも、しっかりしたものをというのが、心情ですからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です