中高年の見方!スーパーフードで健康維持してみませんか(その9・そば)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーフードというのは、健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品とされていて、

抗酸化作用の高いもの
老化や生活習慣病の予防によいもの
ガンのリスクを遠ざけるもの

などなどを紹介しています。

定義としては、

・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

とされています。(一般社団法人 日本スーパーフード協会より)

今回は、そんなスーパーフードの中でも「中高年」になると気になる「血管の老化」に効果のある「そば」を紹介します。

そば!?

と思うかもしれませんが、実は、「そば」には、優れたスーパーフードなんです。

そば

ルチン(ポリフェノール)を多く含む
食物繊維が豊富
ビタミンG群を多く含む
低GI値食品として挙げられている
貧血改善
肥満予防

このような健康成分を豊富に含んだ食品なんです。

何が、そんなにいいの!?ということですが、小麦粉と違い「そば粉」は、

血糖値が上がりにくい食品

なのです。この血糖値が上がりにくいと言うことから、

低GI値食品

としても挙げられています。

そして、ルチンのポリフェノールにより

血管を若く保つ効果

が期待されます。

その他、食物繊維やビタミンB群の栄養素を含んでいるため、

美容と健康に良い食品

とされています。

スーパーやコンビニに行けば、「おそば」は、気軽に手に入る食品ですし、種類には、生麺、乾麺もあり、流水麺と言ったように、ザルにあけて、サッと洗うだけで食べられるように売られている商品もあり、「おそば」は昔から日本人に親しんだ食品だったりします。
そんな、食品がスーパーフードなんて、素晴らしいことです。

そうそう、蕎麦は、

十割そば

を食することが一番いいとされています。
でも、普段スーパーなどで主に手に入るのは、

二八そば

が殆どだと思います。
それでも、十二分に効果は期待できますので、気張らず気軽に食しましょう。

もう一つ、うんちくとしては、蕎麦というと、

長野県

だと思い浮かぶ人は多いかと思います。

そんな長野県は、

長寿県

で有名でもあります。

そんな長寿県で昔から食されているのが、「蕎麦」です。
これだけで長野県が長寿県という訳ではありませんが、スーパーフードと呼ばれる食材が豊富な県であると言うことは否めません。

ちなみに、蕎麦は、くるみダレと一緒に食すと、さらにスーパーフードとしての効果を発揮します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です