転ばぬ先の杖として、自前PCのマイクロソフト製品のプロダクトキーを確認・保存しておきましょうよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日は、マイクロソフト製品のプロダクトキーを確認できる

NirSoftが提供している「ProductKey

について、お話ししたいと思います。

このProductKeyですが、

マイクロソフト製品の

Office や Windows のプロダクトキー

を確認できるスグレものです!

例えば、Windows 7からWindows 10に無料アップグレードした時に、

アップグレード時には、Windows 10のプロダクトキーは入れないものの、

アップグレード後は、Windows 10はアクティベーションされて使えている状態になっていて、

何かあった時には、プロダクトキーがライセンスを保有している証明にもなるので、

Windows 10のプロダクトキーを控えておきたいという人は多かったと思います。

こういった場合に便利なのが、

ProductKeyです。
ProductKeyの良いところは、

インストールしないで使える!

というところです。

ダウンロードしてきても、

ZIP圧縮されたファイルを解凍するだけで使えてしまいます。

ちなみに、対応OSは、

Windows 95 から Windows7(64bit) まで対応しているので、

便利に使えます。

注意としては、

ボリュームライセンス と OEMライセンス

については、プロダクトキーがレジストリに格納されていないために、表示されない場合があります。

さて、ProductKeyのダウンロードについてですが、

全ページ英語なので、

英語アレルギーの方は、英語アレルギーで無い方に頼んでください。

ProductKey公式ページは、こちら!

公式ページを開いて、スクロールして、ページの最後の方へ下っていきます。

すると、Freeware System Tools という項目があり、その一番最初に、

ProduKey – Recover Office/Windows CD-Key

があるので、クリックします。

ダウンロードリンクは、このページを3分2くらい下ったところに、

↓Windowsが32bitの方
Download ProduKey (In Zip file)

↓Windowsが64bitの方
Download ProduKey for x64

があるので、使っているWindowsが32bitか64bitか確認して、

クリックして、ダウンロードします。

あとは、ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、

解凍したフォルダに入っている

ProductKey.exe

をダブルクリックをすれば、下図のようなプロダクトキー一覧が表示されます。

capt-ProductKey

是非、プロダクトキーを調べて管理に活用してみてください。

もし、マイクロソフト製品以外の自前PCにインストールされているソフトウェアのプロダクトキーを一括して管理されたいようであれば、有料ソフトウェアになってしまいますが、

Recover Keysicon

ですと、対応しているソフトは

WindowsやMicrosoft Office、
Adobe、Acronis、Electoric Artsゲーム、
WinZip、Nero

などなど、8000種類以上のソフトウェアに対応していますので、プロダクトキー紛失で困ることのないように抽出できますので、ご活用いただければと思います。
最後に、Windows 10のISOファイルのダウンロードページが、今もクローズせずに使えていますので、Windows 10へアップグレードされている方は、ISOファイルをダウンロードして、USBメモリやDVDに保管しておくことをオススメします。
↓こちらから
Windows 10のISOファイルのダウンロードページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です