やる気を出すにはどうすればいいの?「脳力」を上げる運動の効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

1226d5544a74f50b8bb576d58177d163_sこんにちは。

今日は、運動により「脳力」が上がるという話しをちょっとばかりしてみたいと思います。

運動をしたいけど!?って思いながら、毎日を過ごしている人は多いかと思います。

例えば、

・なるべく安く、でも本格的にトレーニングを始めたい
・忙しくてジムに通う時間がない
・1人でトレーニングを続けられるか不安
・自分にあったトレーニングが分からない

といった理由から・・・。

ただ、運動について話しても仕方がありませんから、今日は、受け売りにはなりますが、

うつ病と運動

について、興味深い話しを耳にしましたので、これを絡めて綴ってみたいと思います。

日が短くなり、朝晩が寒くなってくると、

朝に布団から出るのがツラくなりますよね。

とはいえ、年の瀬に向けて、頑張りたいところでもあります。

ついつい緩みがちな自制心を取り戻し、

いますぐ、やる気を出したい人に、

実は、一番効果的な薬は運動なんです。

脳の働きと運動の関連性が、近年注目されてきています。

こんな実験結果があります。

うつ病の人が、

有酸素運動をしたら改善した

というのです。

1999年、米デューク大学で、

50歳以上の、うつ病の男女156人を対象に、

薬だけ
運動だけ
薬と運動

の3つのグループに分けた治験を行ったそうです。

運動は、

ドレッドミルでのウォーキングかジョギング

を1回30分、週3回。

16週間の実験後には、3つのグループともに、

60%以上の被験者が改善したというのです。

注目は、さらに6ヶ月後の追跡調査をした時です。

薬だけのグループは、
38%が再発。

薬と運動を併用したグループは、
31%が再発。

運動だけのグループは、
8%が再発したのですが、
90%以上が、効果を維持出来たそうです。

運動で、自ら改善したことで、

達成感と自己評価が高まり、

それが、好循環を生み、

再発を防いでいると考えられています。

脳を鍛えるには、運動しかない!

の著者で、

ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授
ジョン・J・レイティ

は、運動は、

セロトニン
ノルアドレナリン
ドーパミン

といった神経伝達物質の放出を促し、

精神疾患の重要な薬と同様の効果を、

副作用なしでもたらすと説明しています。

また、高負荷の運動で、

筋肉に強い刺激を与えると、

テストステロンというホルモンの分泌が促進されます。

テストステロンは、

若返りホルモンや社会性ホルモン

とも言われていて、

身体の健康と同時に、

積極性や意欲と言った精神面にも、

大きな効果があります。

知的労働者は、

脳力を高めるために、

運動より読書に割いてきた時間が多いはずです。

そのうちの2%の時間でも運動に割くことによって、
残りの98%の知的活動のパフォーマンスが大きく改善する!

と言われたら、どうでしょうか。

運動は1日15分でも、
十分効果があります。

運動の効果を持続させるには、
無理なく継続することです。

それには、自分の好きなことから始めるのが一番です!

筋トレ、ランニング、自転車、水泳、山歩き

などなど、なんでもOKなんです!

でも、運動を始めるにも、やる気がいるんだよなぁ〜。

と言う方も多いかと思います。

やる気と運動は、

ニワトリとタマゴ

の関係と同じようなものです。

でも、始めてしまえば、意外と良い感じに回り始めるものです。

まずは、一歩を踏み出してみてください!

栄養ドリンクやサプリメントより、

はるかに高く持続する効果が期待出来ます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です