あなたの思考って、深いですか?浅いですか?

こんにちは。

昨今、なんでも、

結論を急かされる

という時代になっていますよね。

確かに、

即断即決

というのは、ある面、いいことでもあるのですが、反面、

即断即決

をすることで、悪い方向へ向かってしまうことも多々ありますね。

だからと言って、

ビジネスをする上では、

即断即決

は、鉄則ですから、なかなか難しいところです。

でも、仕事をしている中で、この鉄則を、あっさりこなし、

直ぐに正しい決断を下して行動に移せる!

という人もいらっしゃいます。

では、決断を下せる、下せないの違いというのは、どういったことなのでしょうか。

一言で言うと、

考えることが深いか。。。浅いか。。。

ということにつきます。

深いとは、どういうことか!?

ですが、

これにして良かった!

と思える決断をすることなんです。

では、「これにして良かった!」と思える決断をするには。

ですが、

一つの決断に対して、

連想の枝葉

を伸ばして、考えると言うことになります。

そして、枝葉同士が繋がって、結論付くと考えが終了します。

これが、深く考えると言うことになります。

ということは、浅いというのは、この反対で、

考えを巡らさないということになるので、

大抵は、第1段階程度で考えを終了して、結論づけていることが多いです。

この一つの決断に対して、

あらゆる選択肢や可能性を見いだし、

物事を決めると言うことは、

将来、その決断をしたことにより、

失敗したとしても、後悔が少なく済み、

「あの決断で良かったんだ!」

と思えるのです。

でも、考えを巡らさず即決した場合には、

「あのとき、もっと考えれば良かった」

といったように、

決断に対して、悪いところばかりを探してしまうことになります。

後々のモチベーション維持のために、

悩むことをするのは、意味の無いことではありません。

さて、ちょっと方向を変えて、

こんなことを書くと、ひんしゅくを買うような気もするのですが、

ストレスが溜まる人と溜まりづらい人の違いというのも、

実は、考えることをしているかしていないかにもよったりします。

ストレスを溜める人というのは、

考えすぎている人

と思われがちですが、実際には、

考え足りない人

の方が、ストレスを溜めると言われています。

どういうことかというと、先程書いたように、

考え足りない

ということは、決断をすることで失敗した際に、

あれやこれやと悪いことを探し回ってしまい、

挙げ句の果てに、それに対して、落ち込んでしまうんですね。

実は、これが、ストレスになり、流すことも出来ず溜め込んでしまうんです。

あなたの周りにもいらっしゃるかもしれませんが、

短絡的に結論づけて考えてしまう「拡大解釈」

誰も攻めていないのに自分のせいでと考えてしまう「自己関連づけ」

世の中の事に対して、普通は自分の考えと一致することはなかなかないのに、それに対して考えてしまう「べき思考」

根拠も無く勘ぐって、あの人はこう考えてるんじゃ無いかと考えてしまう「マインドリーディング」

といったムダに疲れたり、ストレスを溜めたりしている方がいると思います。

実は、これら4つのクセは、どれも、少しだけ時間をかけて考えを巡らせれば、陥らなかったりするんですよね。

ホテルWi-Fiを持っていたけどスマホの外部ストレージが使えたらと思っていたら出た!

こんにちは。

外出する時、出先の無線LANへ接続するのも仕方の無い時には、使うんですが、

少しでもセキュリティを!と考えるとホテルのように有線LANを用意しているなら、

その有線LANへルータを繋げて使いたいというのが、

日々、セキュリティのことを追いかけている私としての考え方です。

で、普段から、ホテルWi-Fiは持ち歩いているんですが、

そのWi-Fiルータにストレージ機能を搭載させた新たなルータが出てきました。

それが、プリンストン社製の

デジ蔵 ShAirDisk PTW-WMS1

icon
icon

です。

どうも、調べて見ると、にわかに有名になっているみたいです。

発売早々に買ってみたんですが、

これがまた、良い感じでした。

今では、引き出しやカバンの中で転がっていた、

USBメモリ

外付けHDD

を繋いで、シェア出来るようにして使っています。

 

プリンストン ワイヤレスモバイルストレージ【スマホ/タブレット対応】 「デジ蔵 ShAirDisk」 PTW-WMS1[PTWWMS1]

感想(0件)

Windows10なら操作中に違和感を感じたら、迷わず信頼性モニターで悪いところを見つけてみて。

こんにちは。

Windows 10を使っていて、

買ってから間もないのに、

なぜか、動作が不安定だったり、

突然フリーズしたり、

勝手に再起動したり、

と、「あ〜〜〜〜〜っ!」ってなってしまうことがあると思います。

そんな時に、役に立つツールが、Windows 10には用意されています。

どこまで、役に立つかは判りませんが、

少なからず、起きた現象がどういうものだったか!?

ということは突き止めることが出来るようになると思います。

ただ、調子が悪いからと言って、放っておく、

そう!

少し待てば動くからいいや!

って、ずるずる使い続けて、

ある時、パタッと完全に動かなくなったら、どうしようもありませんがね(^^;)

で、本題ですが、その役立つツールですが、

信頼性モニター

と呼ばれるものです。

Office365を使われている方なら

ダッシュボードで見たことのあるようなものです。

この信頼性モニターには、

その日、そのパソコン、OSで起きていた

気になる現象

がグラフなどで表示されています。

信頼性モニターの出し方は、至って簡単!

[コントロールパネル] > [システムとセキュリティ] > [セキュリティとメンテナンス]

に進み、「メンテナンス」をクリックすると、

問題レポートの解決策を確認の下に、

信頼性履歴の表示

があるのでクリックします。

ちなみに、先日お伝えした

GodMode

を既に作成済みなら、セキュリティとメンテナンス項に、

信頼性の履歴の表示

とあるので、もっとカンタンに表示出来ますよ。

これで、気になる現象を見ることが出来ます。

このグラフの読み方ですが、まず、

折れ線グラフは、Windows 10の安定度

を示します。

評価は、10段階で表示されています。

評価が10であっても、グラフの下に表示されている詳細には、

エラーや警告

が記されているので、気になる動きをしているプログラムなどがあれば、

そのプログラムについて、確認してみてください。

特に、重要なイベントとして上がっている項目には、

解決策の確認

と表示され、且つクリック出来るようになっています。

私が今まで、見てきた中では、大半は、クリックすると、

新しい解決策は見つかりませんでした。

と出て、解決策が記されないので、

結局は、今までの経験と知識で解決していますが、

ものによっては、解決策が記され、原因を突き止めることも出来ますので、

その際には、そのプログラムを再インストールやアンインストールで様子を見ることが出来ます。

ただ、その解決策の内容について、

対応するのがコワい!

といった不安に思うような操作が必要な場合は、

迷わず、サポートに連絡して原因を解消してくださいね。