ウィルスバスターコーポレートエディションが2017年1月下旬に進化するとのこと!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日は、ウィルスバスターが、

機械学習を取り入れた、新たな多層防御へ

進化するとのことで、ちょっと紹介を。

簡単に言うと、今までのセキュリティ対策技術に加えて、

AI(人工知能)技術による「機械学習型検索機能」を搭載した

企業向け総合セキュリティソフトとして、生まれ変わるのだそうです。

その新バージョンが、

ウイルスバスター コーポレートエディション XG

とのことで、を2017年1月下旬より提供開始だそうです。

 

ちょっと楽しみだったりします。

 

セキュリティソフトと聞くと、

いろいろ試してきましたが、

結局、今のところ落ち着いたセキュリティソフトというと、

ESETセキュリティソフト

なんですね。

このソフトは、ご存じのように、それなりに軽快で、検出率も良いので愛用しています。

でも、このAI技術の融合を考えると、

一度、試してみたいというのが正直な気持ちです。

特に、企業向けと言うよりは、個人向けのウィルスバスタークラウドに搭載されたら試したいというところです。

話しによると、ウィルスバスタークラウドを使用している方は、

AI技術が融合した製品に自動的にアップグレードするようですが、

今のところ断定出来る情報ではありません。

まっ!トレンドマイクロですから、

自動アップグレード対象から外すようなことはないとは思っています。

そうしたら、実際に評価をしてみたいといったところでしょうか。

それまでは、ESETイチオシ!

といったところですけどね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です