瞑想などを通じたストレス軽減、能力開発に猛る、日本でも注目されはじめたマインドフルネスについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日は、少しだけ、自分の内なる声に耳を傾けるための方法!

マインドフルネス

について簡単に語ってみたいと思います。

最近、マインドフルネスで、

人生を変えるくらいの衝撃を受けた!

という話しを耳にしますよね。

私も、自営業ながら、

マインドフルネス

が私自身の業務に役に立つのではと思い、

まだ、マインドフルネスと言う言葉が流行っていない頃から、

瞑想

という形で、取り入れてきました。

ここ最近、マインドフルネスの記事などを読んでいると、

私が長年やってきた瞑想が、マインドフルネスと同等のことだと感じてきました。

どんなことをやってきたのかというと、

マインドフルネスで謳っているように、

目を閉じ、黙って何も考えず、

鼻からゆっくり5秒くらいかけて息を吸い、

7秒くらい呼吸を止めます。そして、

10秒くらいかけて、ゆっくり息を吐きます。

というものです。

私は、これを知らず知らずのうちなのかは判りませんが、

普段からやっています。

例えば、

昼食後の眠くなりそうな時!

物事を顧みたい時!

指導を受けた後!

といった時です。

この瞑想による、一定の呼吸法で、

自然と頭の中のゴチャゴチャが整理され、

瞑想後の仕事の効率が上がる

のをシミジミ感じています。

私の場合、これをスポーツを始めた頃からやっていたと思います。

それが、心が落ち着くことを自然と感じ、

勉強の時にも!受験の時にも!

やってきていました。

それが、今や、マインドフルネスという言葉で、やられているとは不思議なモノです。

マインドフルネスは、脳科学に基づく裏付けがあるとのことです。

私も、読んでみましたが、

なるほど!なるほど!

そうなんだよねぇ!

なんて思った次第です。

もし、お子さんに落ち着きが無い!とか、お子さんを叱りすぎる!とか、自分を振り返る時にも、このマインドフルネスは、有効な手段です。

是非、試してみてください。

そして、より知識を深めたいと考えるなら、書籍を手に取るのもいいかと思います。

 

親と子どものためのマインドフルネス

親と子どものためのマインドフルネス [ エリーン・スネル ]

価格:1,944円
(2016/12/6 12:00時点)
感想(0件)

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック [ ジェームズ・R.ドゥティ ]

価格:1,836円
(2016/12/6 12:01時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です