副業でITスキルを教える時代が来ていますよね!

ストアカ:ストリートで学ぶ

最近は、ワークスタイルの変化で、働き方も変わってきていますよね。

クラウド技術が進化し、モバイルも進化していることで、皆さんが使っているOSも、iPadやスマホからアクセスして使える環境も整いつつあります。

かく言う私も、そろそろ、クラウドと仮想化を使って、いつも重たいノートパソコンを持ち運ぶのではなく、iPadで仕事が何処でもいつでも出来るようにワークスタイルを変えようとも思っています。

そんな中、気になる記事を見つけたのが、

副業でITスキルを教える!

というものです。

まだまだ、巷で本業をしているサラリーマンの方達には、会社の規約で難しいところがあるようですが、中小企業や屋号で仕事をしている方達には、本業とは別に副収入を見込めるとのことで、利用される方が増えているそうです。

それが、

ストアカ

こと、

ストリートアカデミー

というサービスです。

簡単に言うと、今まで、教えたくても、それを宣伝する場が少なかったのですが、その場を用意したスキル共有マーケットプレースと言っても過言では無いと思います。

ストアカのサービス形態は、

個人のピアノ教室のような学びの場

入学金が多額にかかるような資格取得を目的としたスクールや専門学校

といったこれらの間を埋めるような学びの場なんだそうです。

ストアカの学び場には、本格的なビジネスやITスキルに始まり、趣味や習い事に至るまで多岐にわたる講座・教室・レッスン・ワークショップが用意されています。

その数も今や10000件を超えるようになりました。

私が、興味を持った頃は、まだまだ1000件程度で、私の住んでいる街の周りでは検索しても引っかかりもしませんでした。

通常なら、数万円もする講座が、単発で数千円から受けられたり、

えっ!こんなマニアックでニッチな面白そうな講座もあるの!?

と思ってしまうものも出てきています。

最近では、Facebookで登録していただくことで、

顔の見えるコミュニティ作り

をし、利用者に、安心してストアカを使って頂く努力をしているようです。

もちろん、今まで通りの会員登録が出来るそうですが、上記を理由にFacebookでの登録を協力頂ければとのことのようです。

是非、何かを学びたい!でも、面白い何かを探してみたい!という感じでも会員登録をして、学びに繋げてみてください。

もしかすると、学んでいたあなたが、先生になっているかもしれませんね。






[無料]あなたの家の耐震性を調査できる無料ツール

地盤の強さを調査できる無料ツールを紹介いたします。

地盤を調べるならココ

国土地理院の情報をもとに
日本各地の地盤の強さを調査できます。

使い方は簡単。
上部の住所検索フォームに
住所を入力するだけ

もしもの時に備えて、
あなたが住んでいる場所、
これから住む場所の
地盤の強さ・耐震性を
調査してはいかがでしょうか。

地盤サポートマップ






CPUが強化された新しい「Fire TV Stick」が発売されるみたいですね。

旧版のFire TV Stickを持っているんですが、Amazon プライムのモノを操作している時は良いんですが、YouTubeといったAmazon以外のモノを操作すると、時折、モッサリ感があって、リモコンをカチカチ押してしまうことがあったので、この際だから、いろんなことを試してみようと言うことで、

4月6日発売新型Fire TV Stick

Fire TV Stickより高機能のFire TV

を買いました。

Fire TVに変えてからは、モッサリ感もなく、たまぁにネットの混雑時に読み込みが遅いかなぁってことはあっても、それ以外で、苦痛を感じたことがありませんでした。

そうして、使い始めて、たった3ヶ月余りで、

新型のFire TV Stick

が出るとのこと!

ちょっと驚きです(O_O)

メモリ容量は、さすがにFire TVが優るものの、それ以外は、Fire TV同等になっていて、Fire TVの半額とは驚くばかりです!!!

因みにスペックは、

新Fire TV Stick
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
価格:¥4980
CPU:クアッドコア(MediaTek Quad-core ARM 最大1.3 GHz)
メモリ:1GB
ストレージ:8GB
音声認識リモコン:あり
音声認識付きリモコンアプリ:あり
ゲーム:カジュアルゲーム
解像度:最大1080p
無線LAN(Wi-Fi):デュアルバンド、デュアルアンテナ802.11ac (MIMO)
有線LAN:なし
外部ストレージ:なし
USBポート:なし

Fire TV
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
価格:¥11980
CPU:クアッドコア(MediaTek クアッドコア最大 2.0 GHz。デュアルコア 最大 2.0 GHz + デュアルコア 最大1.6 GHz)
メモリ:2GB
ストレージ:8GB
音声認識リモコン:あり
音声認識付きリモコンアプリ:あり
ゲーム:パフォーマンスゲーム
解像度:最大4K Ultra HD
無線LAN(Wi-Fi):デュアルバンド、デュアルアンテナ802.11ac (MIMO)
有線LAN:あり
外部ストレージ:microSDスロット
USBポート:USB2.0

になっているみたいです。

確かに、Fire TVの方が、4Kテレビにも対応しているので、最終的には、こっちなのかなぁって思うんですけどねぇ。

ただ、先日、子どものお遊戯会・運動会・生活発表会・お祭りといった時の動画をプライムフォトだと容量が足りない関係で、Youtubeにアップしているんですが、この動画をジジ・ババに見せる時に、スマホやタブレット、パソコンだと小さくて見えにくいことがあるので、テレビで見せようと思った時に、Fire TVは持ち運びには不向きと改めて感じちゃいました

それでも、実家へ持って行き、テレビにサラッと繋いで、見せてあげたら、やっぱりテレビだと42インチと大画面に孫が映って見やすかったのか、喜んでいました。

当然のごとく、その後、父が、それいいじゃんかぁって言い出して、ついでに、プライムフォトのことやGoogleフォトだと、容量を気にしないで、デジカメで撮った写真とか、スマホで撮った写真をカンタンにアップ出来て、しかも、自動的に分類してくれるんだよぉ〜。なんてことも説明しました。

いずれ、今使っているパソコンから、タブレット型のパソコンか、本当にタブレットへ乗り換えようと考えているので、それを期に、このFire TVも薦めようと思っていたんですが、今度のFire TV Stickは、Fire TVなみの処理が出来るので、親くらいなら、十分事足りそうな感じです

今なら、4月6日に発売されるものが予約注文が出来るので、是非、この機会にといった感じです。

ちなみに、私は、予約注文しちゃいました(;^^)ヘ..