節分の日は、立春からの恵方を受けるための準備の日です(02/03)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月3日は節分。

節分というと豆まきですよね。

いつの頃からか、多分、セブンイレブンがキャンペーンを張るようになって、恵方巻きが広がったと思うのですが、まぁ、縁起を担ぐと言うことで、我が家でも、節分の日には、恵方巻きを頬張ることにしています。

その恵方巻きは、巷では、800円やら1000円やらとお高い恵方巻きを買ってきているみたいですね。
ここ数日のニュースでは、ブラックバイトで、バイトさんにも恵方巻きのノルマがあるとか言って騒ぎになっていますよね。
そんな恵方巻き、買っても御利益ないし、縁起も担げないような気もします。

で、我が家では、例年のごとく、具材を前の晩までに作っておいて、2月3日に巻き簀を使って、巻き巻きしています。

今年は、私に時間と余裕があったので、保育園のお迎え前に、玉子焼きを作り、米を炊き、酢飯を作って、子どもと巻き巻きする準備を整えました。

夕刻、保育園にお迎えを終え、子どもと、巻き簀に海苔を敷き、酢飯を乗せ、でんぶを酢飯全体に散らし、キュウリ・卵焼き・ちくわ・油揚げ・かにかまを乗せ、

恵方巻きの具材

いざ!!!巻き巻き!!!

恵方巻き

子どもの力で巻いたので、少々ふにゃふにゃ感はあるんですが、なんとか形になった恵方巻きです。

それから、計5本を巻き巻きして準備完了!

夕飯の支度の最中に、豆まきへ。

豆まきは、全ての部屋で、

鬼は〜外ぉ〜!
福は〜内ぃ〜!

と大きな声で福を呼び込みました。

豆まきの後は、恵方巻きを頬張る時間。

今回の恵方方位は、

北30度のうち、西寄り10度範囲、壬方位

とのことで、巷で言う北北西ですね。

そちらを向いて、福を巻き巻きしながら恵方巻きをモグモグしました。

節分の日には、もう一つの大仕事が残っています。

一年間ずっと歳徳(恵方)が座るので、そちらに、恵方置きをします。

我が家では、それようのカレンダーとシールを買っているので、自宅の中心から見た恵方方位に貼っています。

今年の恵方置きをするなら、お酒(ワインか日本酒)・時計を置くのがいいみたいです。

あと、恵方方位から呼び込んだ福を留まらせるために、恵方と反対方向に恵方受けを置くのがいいみたいです。

20170203恵方置き

我が家では、新年の初詣で買ってきた破魔矢を貼っています。

20170203恵方受け

今年は、これで、運気に乗れるように精進していきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です