[WinOSトラブル]Windows 7 with SP1をクリーンインストールした後のWindows Updateがコケる

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は、Windows 10のインストールと環境設定ばかりで、ほぼトラブル無く設定していたのですが、2010年でサポートが切れるものの、周辺機器などがWinodws 10には対応していないと言うことで、OSはそのままでPC本体を新しくして、Windows 7のクリーンインストールをすることになりました。

Windows 7 with SP1のDVDを用意して、まずは、OS本体のインストールをしました。
これについては、難なく終えたのですが、この後、全てのパッチをあてるべく、Windows Updateを実行したところ、久々にエラーでWindows Updateが走らない状態に。

その時、出たエラーが、

 エラーコード:8007000E

です。

ここ最近、エラーコードとは無縁のサポートをしていたので、このエラーコードは見た覚えすら無いんですよね。

そこで、Microsoftサポートページで調べて見たところ、どうも、

Windows Update エージェント(Windows Update Client)

が最新版でないために起こるエラーであることが判りました。

ここまで判ってしまえば、対処のしようがあって、対処と言っても至極単純で、Windows Update エージェントの最新版を手動でインストールするということになります。

そこで、参考にしたサイトが、Microsoftサポートページの

Windows Update エージェントを最新バージョンに更新する方法

です。

基本的には、このページにある説明通りに対処すればいいのですが、カンタンに説明すると、

1.Windows Updateエージェントをダウンロードする。

ダウンロードするパッケージは、32bit版64bit版で変わってくるので注意すること。

2.ダウンロードしたパッケージを実行して、最新のWindows Updateエージェントをインストールします。

3.管理コンソールのサービスの中に「Windows Update」があるので、右クリックして、停止させ、再度、右クリックして、開始させます。

これで、最新のWindows Updateエージェントが実行されたので、改めて、コントロールパネルのWindows Updateを実行します。

こんな感じで対処することで、必要なパッチのダウンロードが始まります。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です