[Wi-Fi化]有線LAN環境から無線LAN環境へ変更(光電話無しバージョン)

こんにちは。

今日は、電話とインターネットを別々の光ケーブルを引き込んで使用している方のお宅を無線LAN環境にした備忘録です。

このお宅、一般家庭なのに、電話は電話、ネットはネットといった、

光ケーブルを2本同時に使用しているところなんです。

こうしている方の場合、

何か問題が起きた時に、切り分けが容易

というメリットがあります。

でも、その反面、光ケーブルを2本同時利用しているので、

光ケーブルの費用は、自ずと2倍になってしまうデメリットもあります。

で、今まで、このお宅は、ネットが使用出来るIT機器を設置した場合、

最寄りのHUBからLANケーブルを敷いて使用していました。

殆ど、計画的にLANケーブルの敷設をしていなかったので、今日に至るまでに、どの線が、どこに繋がっているのかが全く判らない無法地帯になっていました。

そんな中、連絡をいただいて、話しを聞いたところ、

最近、接続の調子が悪くて、LANケーブルの抜き差しやHUBの電源入り切りをしようと思ったんだけど、どれを抜き差し、入り切りをしていいのか全く判らなくて、結局、NTTのモデムから順番に入り切りして、どこが悪いか判らないまま復旧して使っているんだよね。

と言うのです。確かに、伺って、状況を見たところ、私でも、この線がどのHUBに接続しているのかが全く判らず状態で、辿るだけで数分から数十分かかるという、ごちゃごちゃの状態になっていました。

で、そのお客様から、いっその事、無線LANにして使えるようにしたいんだけどという依頼を受け、この環境なら、周辺からの無線LANの影響も皆無に等しい環境だったので、デスクトップパソコン、ノートパソコン、プリンタを全て無線LAN化することにしました。

一旦、事務所に戻り、環境構築に必要な機器の選定に入りました。

そうして、選定した機器が以下のものになります。

まず、無線LANの基地局となる無線LANアクセスポイントとして、

アイ・オー・データ機器
WN-AX2033GR

I・O DATA/アイ・オー・データ 360コネクト採用 11ac対応 1733+300Mbps 無線LANルーター WN-AX2033GRミレニアム群青カラー

価格:12,480円
(2017/5/11 21:30時点)
感想(0件)

を選定しました。

このアクセスポイントですが、

新技術「360(さんろくまる)コネクト」搭載

のもので、上下左右前後の球形状に電波を飛ばす機能を持っています。

今回の設置場所は、ほぼ部屋の真ん中に設置をすることになっていたことと、1階と2階の空間を、ある程度このアクセスポイントで網羅した言うことで、このアクセスポイントを選定しました。

なお、選定にあたり、どの程度、電波が届くのかを把握するために、これまたアイ・オー・データ機器から公開されている

Wi-Fiミレル

というスマホアプリで、電波強度を測った後、選定しています。

次は、デスクトップパソコンを無線LAN化するにあたり、USBに差し込む、1台1台を無線LAN化する機器を選定することにしました。

本来、既に有線LANポートがあるので、数台固まっているパソコンについては、無線LANコンバータにHUBで繋いで、無線LAN化という方法があるんですが、今回は、障害を簡単に切り分けたいと言うことと、パソコン周りをスッキリさせたいという要望があったので、1台1台を無線LAN化する方法で機器を選定しました。

そうして選定したのが、

アイ・オー・データ機器
WNPU1167M

I・O DATA/アイ・オー・データ MU-MIMO対応 11ac対応 867Mbps USB接続型無線LAN子機 PLANT(プラント) EX-WNPU1167M 【Web限定モデルは白箱もしくは茶箱のエコパッケージモデルです】

価格:3,650円
(2017/5/11 21:32時点)
感想(1件)

になります。

この子機は、MU-MIMO機能を有していて、もちろん親機も同機能を有している必要があるのですが、今回選定しているアクセスポイントは対応をしているので、この機能が使えると言うことで、選定しました。

このMU-MIMOは、従来ですと、子機が同時に通信しようとした際に親機から順番に電波を送信していたため、速度の低下につながっていたのですが、MU-MIMOでは、複数の端末に同時に電波を出すことができるため、端末の速度を落とさず安定した通信が可能となるんです。

今回のアクセスポイントは、4台同時通信が可能になる仕様になっています。

その他の機能として、ビームフォーミング機能が付いていて、安定した通信が出来るようになっています。

この2つの機器で無線LAN化をすることになりました。

後日、伺って、据付・設置を行ったのですが、敷設されていたLANケーブルが約30m、HUBが4台回収されました。

これによって、床もスッキリ、壁と机の間もケーブルのグチャグチャが解消され、スッキリになりました。

加えて、HUBを良く見ると最高100Mbpsのものだったので、良くて30Mbpsだったものが、今回の無線LAN子機での通信に変わったことで、160Mbps以上の値を計測出来たので、インターネットを使う時の速度が体感でも判るくらいの違いをお客様は体感されていました。

現在のところ、不具合の連絡を頂いていないので、順調に動いている模様です。


















自分のデータは自分で守るために「VPN接続」で安心・安全を!

最近、カフェやレストラン、公園など、パソコンやスマホでネットをしている人が多くなっていますよね。

そのネット接続安全なんだろうか!?って、横目に見ながら通り過ぎるんですが、大丈夫ですかねぇ。

セット接続を安全に!って思っている人は、大抵は、

WiMAX(UQ Moblie や @nifty がありますね)
VPNクライアント

の何れかを使っていると思います。

因みに、私は、今のところVPN経由で接続することにしています。

近々、WiMAXの導入を検討していますが。。。

で、今回は、VPNクライアントについて少し触れてみたいと思います。

カフェやレストラン、公園などで使える無線LANは、携帯キャリアが提供している公衆無線LANとボランティアで無線LAN環境を提供しているFree Wi-Fiの2つに分けることが出来ます。

前者は、少なからず月額固定費が必要になりますが、後者に於いては、アクセスポイントに接続さえすれば無料で使うことが出来ます。

どちらも不特定多数の方々と使うことになるので、話題になっているランサムウェアや不正アクセスが無いとも言えません。

このような脅威からパソコンやスマホ、はたまたご自身を守るために、無線LANに接続したら、VPNクライアントでデータを暗号化して通信すると言うことに努めた方が安心・安全を手に入れることが出来ます。

でも、VPNクライアントを入れても、接続先がなければ、VPNトンネルは確立出来ません。VPNの構築には個人レベルなら2つの方法があります。

1つ目:自宅のルータをVPN対応ルータに変える
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
接続方法は、カフェやレストランなどの公衆無線LANを使うことになります。
メリットは、接続先は、ご自身の自宅のルータなので、絶対に他の人が入ってくることは無いと言うことです。しかも、この場合、たいていの場合、OS標準のVPN接続設定で事が足りることになりますので、VPNクライアントの費用は不要になります。
デメリットは、VPN対応ルータが少々お高いと言ったところです。
個人から中小企業レベルまででも、安くても、1万円程度から3万円程度の出費が必要になります。
私のところでは、Buffalo VR-S1000というVPNルータを入れてVPN接続が出来るようにしています。

通常は、ここまでのルータを入れる必要は無いので、リモートアクセスが出来るルータ(例えば、WN-AX2033GR)で十分だったりします。

2つ目:カフェやレストランの無線LAN経由でVPN接続をする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
接続方法は、カフェやレストランなどの公衆無線LANを使うことになります。
でも、無線LANで接続後、専用のVPNソフトを使って、世に公開されているVPNサーバへ接続して情報を隠匿し、インターネットに接続します。

ここからが、本題になりますね。

この接続に使用するVPNソフトには、無償と有償があります。
ここで、それなりの技術があればという観点で出来る方法を1つ説明しておきましょう。

1.公開VPN中継サーバのリストを収集しておく
2.OS標準あるいはOpenVPNを使用してVPNサーバへ接続

この方法だと、広告も無く完全に無償で接続出来ます。
ただ、この方法ですと、収集しておいたVPNサーバですが、今この時、動いているのか動いていないのかが判らないというところがあります。
まぁ、ある程度、使っていると落ちていないサーバが判ってくると思いますがね。
最近では、サーバをリストアップし、VPNプロトコルに何が使われているかを表示してくれるツールも出てきているので、都度接続が手間で無ければ、これで十分使えると思います。

次の方法として、無償VPN接続ツールを使うになります。
今回紹介するのは、有償版も用意されていますが、無償版「Hotspot Shield」になります。

このツールの優れている点は、Windows・Mac・iOS・Android・Winodws Mobileで使えると言うところです。

使い方は、どれも同じなのですが、無償版であるが故に中継サーバのリストは表示されますが、決められた接続先へしか接続出来ない仕様になっています。
ですから、日本の中継サーバへ接続したいといった場合には、有償版にアップグレードしなくてはなりません。
また、このソフトは全てバックグラウンドで動作するのですが、無償であるが故に、広告が表示されます。
パソコンで使っている分にはいいのですが、スマホの場合、画面いっぱいの広告が表示されることがあり、一瞬ドキッ!とします。というのも、何かに感染したの!?って思ってしまうくらいです。

まぁ、接続先は別にどこでもいいから、情報を隠匿して、プライバシーやデータを保護出来ればということであれば、これで十分ですね。

でも、

広告表示でビックリしたくない
シッカリしたサポートをして欲しい
安心して使いたい
このサービスは重要不可欠

といった考えをお持ちであれば、是非、有償版のHotspot Shieldを使っていただければと思います。

でも、英語版だと、突然のトラブル時に理解しにくいから日本語版が欲しいと思う方が多いかと思います。
そんな方には、ソースネクストが出している「Wi-Fi セキュリティ」をオススメします。

あれ!?名前が違うとお思いかもしれませんが、動いているソフトは、「Hotspot Shield Elite」そのものになります。
しかもサポートはソースネクストが日本語サポートをしてくれるので安心して使うことが出来ます。

ちなみに、Wi-Fiセキュリティは何が出来るのか!というと、

使用出来る台数が、1ライセンス5台まで。

家族で使ってもいいですし、あなたが1人で、パソコンやスマホ、タブレットに入れて使ってもいいんです。5台までなら、どんな組み合わせでも使っていただけます。

VPN接続先として、20カ国から自由に選択して使えます。

フィッシング対策機能がフル機能使えます。

広告が表示されません。

情報漏洩を防ぐには、常に通信を暗号化し隠匿しておく必要があります。

ほかのツールでは、使う時にVPN中継サーバへ接続して、使い始めるしかないのが多いのですが、このツールは、

Windows起動時に自動で接続する機能

を搭載しています。

これなら、「あっ!VPNにするのを忘れていた!」ということにならないので安心です。

しかも、

ソースネクスト製Wi-Fiセキュリティ 税別2980円/年

でも、

Hotspot Shield Elite 税込8640円/年

となり、1年ごとのライセンス更新になりますが、年3000円でパソコンから出て行くデータを守ることが出来るなら安いと思いますよ。

Wi-Fiセキュリティソフトの役目は図で示すとこんな感じで、もっと詳しいことを知りたいなら、↓クリック↓
icon
icon

[大特価!!]ロゼッタストーン
ジャストシステム直営ECサイト Just Myshop

パソコンショップ「ドスパラ」が一押しする、今話題沸騰中のスティック型PC!!
あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?
スマホ対応ホームページ作成なら【レスポンシブWeb対応:BiNDクラウド】
ニキビで傷ついた肌を集中ケア! エルセーヌのエステ体験
メタボリックなお腹の脂肪を燃焼系ボディに【エルセーヌMEN】
感染してからでは遅い!無料体験から始める人気ウイルス対策ソフト