昇降デスクで眠気防止!肩こり・冷え性改善!そして気分転換を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間、座り続けると寿命が1時間毎に22%短くなると言われていますよね。

どうして!?と思うのですが、どうも、自律神経が活発に働くか働かないかで変わってくるみたいです。

でも、ずぅ〜っと立っていなさいと言うわけではないようで、30分から1時間毎に1回立つ!これだけで、寿命が22%短くなると言うのを解消出来るのだそうです。

そういえば、よく考えると、1時間集中したら、数分リラックスするというのは、小学校・中学校・高校・大学と続けてきていますよね。

授業は、45分・60分・90分とそれぞれですが、必ず、授業と授業の間に10分程度の休み時間がありました。
その時間は、大抵、席を立ち、トイレに行ったり、教室を移動したり、友達とふざけたりとしていたと思います。

そうかぁ、自律神経を活発に動かすというのは自然にやっていたことなんですよね。

でも、社会人になると、デスクワークの人は、ひたすら8時間座りっぱなしという人もいると思います。
そうすると、寿命が22%短くなると言うのもうなずけます。

折角ですから、その座りっぱなしを解消するためにも、意欲的に30分から1時間ごとに立つことをするか、今回紹介する昇降デスクを導入することも検討してみるのも良いかと思います。

会社は大きくなると難しいかもしれませんが、仕事の効率化を考えると、昇降デスクは願ってもないアイテムになりますし、メタボ解消への第一歩とも言われています。

社内の健康維持にも一役買うことが出来ますので、是非、嘆願してみてくださいね。

さて、その昇降デスクですが、いろいろな方法があります。

1.今の座りっぱなしデスクを立ち仕事が出来る高さまで、机にゲタを履かせる方法

2.座りっぱなしデスクはそのままで、デスクの上に、立ち仕事の出来る棚のようなものを置いて立ったり座ったりして仕事が出来るように工夫をする方法

3.今使っている座りっぱなしデスクを廃止して、昇降出来るデスクに置き換える方法

【送料無料】スタンディングデスク 上下昇降式デスク 電動 幅120cm・奥行70cm 座り過ぎ解消 障害物検知機能付 低ホルムアルデヒド 立ち姿勢で仕事 作業 エルゴノミクス リフティングテーブル リフトアップデスク 疲労軽減[100-ERD002]【サンワダイレクト限定品】

価格:148,000円
(2017/5/30 09:51時点)
感想(0件)

 

【送料無料】上下昇降式デスク ガス圧 スタンディングデスク 昇降幅36cm 幅71.5cm 奥行き50cm 耐荷重15kg アクティブラーニング 木目 座り過ぎ解消 立ち姿勢で仕事 作業 エルゴノミクス リフティングテーブル [100-ERD008M]【サンワダイレクト限定品】

価格:19,800円
(2017/5/30 08:20時点)
感想(0件)

4.今使っている座りっぱなしデスクの上に、昇降出来るテーブルを設置して立ち仕事が可能にする方法

【送料無料】スタンディングデスク 高さ調整可 モニタアームスタンド ワークステーション 上下昇降 立ち姿勢で仕事 立ち姿勢で作業 エルゴノミクス 机上台 リフティングテーブル 昇降式 [100-LA034]【サンワダイレクト限定品】

価格:39,800円
(2017/5/30 08:18時点)
感想(0件)

【送料無料】スタンディングデスク 高さ調整可能 ガス圧昇降 スタンドアップデスク スマホ/タブレットスタンド/キーボード台搭載 耐荷重10kg[100-MR118]【サンワダイレクト限定品】

価格:29,800円
(2017/5/30 08:22時点)
感想(0件)

【送料無料】スタンディングデスク 上下昇降 立ち姿勢で仕事 立ち姿勢で作業 エルゴノミクス 机上台 リフティングテーブル 10段階高さ調整 昇降式 [100-MR110]【サンワダイレクト限定品】

価格:26,800円
(2017/5/30 08:22時点)
感想(7件)

大体、この4つの方法が上げられます。

私が最初にやってみたのが、2の方法です。

この2の方法、至極簡単で、ホームセンターなどで、カラーボックスを買ってきて、それをデスクに据付、カラーボックスなので、書類などを収めて使うという方法で、使っていました。

ただ、ちょっと問題があるのは、ノートパソコンを使っているのであれば良いのですが、デスクトップパソコンを使っている時には、立つ!か、座る!のどちらかしか出来ないと言うことです。

次に採用したのが、4番です。
これは、費用面でも、まぁまぁ手の出るもので、シッカリ使える商品です。

で、結果、昇降デスクを使うことでいいことと言えば、

眠気防止!

になるということです。

仕事や作業をしていると、どうしても眠くなると言うことがありますよね。

そんな時は、必ずと言って良いほど、席を立ち、眠気を飛ばすために、うろうろしたり、一服したり、ジュースやコーヒーを飲んだりと気晴らしをしてから、また座り作業を始めると言ったことをしていると思います。
でも、そう度々、立ったり座ったりと言って席を外すのは難しいですよね。

そんな時に役に立つのが、昇降デスクという訳なんです。

昇降デスクなら、気分を変えたい時に、立ち体勢にしたり、座り体勢にしたりと臨機応変に対応が出来るんです。

そして、これも良い効果が出るのですが、打合せをする時なんです。

ちょっとした打合せをする時に、画面を見ながら打合せと言うこともありますよね。
そんな時に、座り体勢の状態で打合せをするよりは、両人が立った体勢で打ち合わせした方が、はるかに効率が良いんです。
これは、私も実践して、確かに!と感じています。

人って、目線の高さにモニターがあると感覚も近い状態になるので、ちょっとしたことでも、意思疎通がスムーズに進むんですよね。

それから、肩こりや冷え性が改善の方向に向かったという方が居られます。

これは、私はそれほど、体感出来ていないのですが、一緒に昇降デスクを使った女性の方から伺った印象です。

どうも、冬は足下が冷えるので、膝掛けを掛け、夏はエアコンで方が冷えるので、ストールを掛けるということをしていたそうです。

これって、1年中通して、防寒対策をしているって状態になりますよね。

でも、昇降デスクにしたことで、

寒いなぁ!

って感じた時に、立ち体勢にして作業を行ったそうなのです。

そうしたところ、冷えが収まって、血行が良くなった感じがして、身体が温まった感じがしたそうです。

そのおかげで、防寒対策をする機会も減ったそうなのです。

それからというもの、立ったり座ったりの作業を繰り返しているうちに、肩こりも冷え性も改善に向かっているんだそうです。

私はと言うと、姿勢が良くなり、足腰の筋力が上がった感じがしています。

座ったままの時には、立ちっぱなしでいると直ぐに座りたくなってということがありましたが、昇降デスクを使うようになってからは、立ったままでも、長時間居られるようになり、歩くのも楽になりました。

その後、お家ジムと近くのジムにも通うようになったのですが、そこで、インストラクターの身体バランスを見て貰ったところ、体幹がいいと言われました。

これも、昇降デスクによるものなのかなって感じです。

さらに、作業をしている最中に、煮詰まると立ち体勢にといった具合で、気分転換をしていたろこと、いつもなら、1時間以上かかっていた作業が30分程度で終わらせることが出来たという仕事効率も上げることが出来ました。

いかがでしょうか。
昇降デスクで、よりよい環境づくりをし、22%短くなる寿命を改善してみましょう。

















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です