難消化性デキストリンは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維で腸内を健康に導いてくれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

食物繊維って、2種類あるんですよね。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維です。

これらは、それぞれ、腸の中で異なった働きをするため、両方をバランス良く摂取することで、効果的に、腸活をすることが出来るんです。

ちなみに、何が違うかですが、まず、

不溶性食物繊維は、水に溶けない!

という特性があります。
この水に溶けない特性は、腸内では、水分を吸収し膨らみ、腸壁を刺激し腸の運動を促してくれます。

次に、

水溶性食物繊維は、水に溶ける!

という特性があります。
この水に溶ける特性は、腸内では、水分を吸収するとネバネバする特徴があります。このネバネバの特性を利用することで、腸内を掃除することが出来ます。

この2つを効率よく摂取することで、健康は元よりダイエットにも効果が期待出来るんです。

難消化性デキストリンは、トクホ(特別保健用食品)の商品にも使用されています。
消費者庁や米国食品医薬局(FDA)からも安全な食品であると認められています。
難消化性デキストリンってなに?
水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)は、トウモロコシが原料で、天然デンプンからつくられた「水溶性の食物繊維」です。
水溶性食物繊維は、フコダインやペクチン、ムチンなどいろいろな種類があり、ゲル状になったりネバネバしたものが多いのが特徴です。

近年、日本人の食物繊維摂取量が減少していると言われています。
その理由として、食生活の欧米化や肉や乳製品の摂取が増え、米の摂取量が減ったことや、大麦などの雑穀を食べなくなったことが原因のひとつと言われています。

食物繊維の目標量は、18歳以上で1日当たり

男性 20g以上
女性 18g以上

が摂取基準となっています。

現代の食生活では、1日3食摂っていても、、平均4gから10gの食物繊維が不足していると言われています。
以前は、身体の消化吸収されない食物繊維は、栄養素とは考えられていませんでしたが、最近の調査・研究で、健康維持のための重要な要素であることが明らかになり、現在は、「第6の栄養素」とまで呼ばれるようになり、認識が深まってきています。

そこで、デキストリンサプリで不足している食物繊維を摂取して身体の内側から腸内を掃除をしましょうと言うことなんです。

例えば、

ポッコリが気になる方
肌トラブルが気になっている方
スッキリしていない方
腸活をしたいと考えている方

こんな方々には、是非お試し頂きたいのです。

難消化性デキストリンは、糖や油の吸収が穏やかにする働きがあり、大手のダイエットドリンクに配合されるほど注目を集めている成分です。

通常の腸内での消化・吸収では、胆汁酸と食事の脂肪の塊が町内に入ると、食事の脂肪が消化と共に体内に吸収されます。

しかし、難消化性デキストリンがあると、胆汁酸と食事の脂肪の塊が難消化性デキストリンでコーティングされるため、腸内を進んでいる時に、食事の脂肪が体内に吸収される割合を抑える役割を担っているのです。

ですから、デトックスダイエットをするなら、難消化性デキストリンを取り入れるのがベストな選択しになります。
難消化性デキストリンには、毎朝のスッキリをサポートする働きがあります。
人間の体内にたまっているものは、食べ物に含まれている「農薬・重金属・昇華しきれない加工品・体内で死滅した細胞などがあります。
死んだ細胞は、年間で約40キロにもなると言われています。
腸というのは、消化吸収するところで、腐敗した状態だと腸内環境は悪玉菌有意な状態になってしまいます。

そこで、難消化性デキストリンを上手に摂取することで、悪玉菌有意な腸内環境から善玉菌有意な腸内環境へと促すことが出来ます。

健康な身体を保つには、食事の栄養バランスや適度な運動は不可欠です。

この機会に、ダイエットだけでは無く、腸内環境、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。



















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です