意外と大切なPCの時刻合わせ

みなさんのPCの時刻は合っていますか?

と聞かれて、「合ってるよ」って答えられる人は殆どいないかもしれません。

大半の人は「たぶん合ってると思う」だとか「たぶん合ってるはず」だと思います。

意外とPCの時刻というのは重要で、時刻のズレというのは、いろんなところにトラブルの原因を引き起こしかねないのが実状です。

例えば、

Windows Update
SSL対応のホームページ

といったところにアクセスした時に、PCの時刻と照らし合わせて、その後の処理が変わってきます。

誤差0秒じゃないといけないというわけではないのですが、大幅にズレていると

Windows Updateが失敗する
httpsのホームページが表示出来ない

といったことが起きてしまいます。

また、ソフトウェアによっては、時刻の情報からライセンスの有効期限を見ているものがあり、時刻がズレていると正確なライセンス情報でソフトウェアを利用出来ないと言ったことが起きます。

そこで、トラブルを未然に防ぐために、時刻を合わせることをオススメしたいというのが、今回の記事の本質です。

でも、毎度毎度時刻を手で合わせるのは大変って思うかもしれませんが、PCには自動で時刻合わせをしてくれる機能が備わっています。

言うなれば、皆さんも使っているかと思いますが、「電波時計」というものがありますよね。

この電波時計って、国内の最寄りの電波時計と同期を取って時刻を調整するというモノです。

これと同じようなことをしてくれます。

設定方法は、Windowsのバージョンによって異なりますが、主に使われているWindows 7とWindows 10について説明してみたいと思います。

Microsoft社 Windows7 の場合

[スタート]ボタン-[設定]-[コントロールパネル]でコントロールパネルを開きます。
[時計言語および地域]をクリックします。
[日付と時刻の設定]をクリックして、日付と時刻のプロパティを開きます。
[インターネット時刻]タブから [設定の変更]で、[サーバ]に
ntp.nict.jp
と入力します。
[OK]ボタンをクリックして、設定終了です。

Microsoft社 Windows10 の場合

[ウィンドウズ スタート]右クリック-[コントロールパネル]でコントロールパネルを開きます。
[日付と時刻]アイコンをダブルクリックして、日付と時刻のプロパティを開きます。
[インターネット時刻]タブから [設定の変更]で、[サーバ]に
ntp.nict.jp
と入力します。
[OK]ボタンをクリックして、設定終了です。

Mac OS X の場合

システム環境設定を開きます。
右下の「日付と時刻」をクリックします。
「日付と時刻を自動的に設定」にチェックを入れ、その右のテキストボックスに
ntp.nict.jp
を入力します。
以上で設定完了です。

こんな感じで、簡単に日本標準時刻に調整出来ますので、是非設定しておいてください。

Microsoft Surface Laptopがこなれてきましたかね(*^_^*)

Surface Laptop では Windows 10 S が稼働していて、アプリケーションはすべて、Windows ストアから提供され、Microsoft 認証済みなので安心して使えるようになっています。

そのため、Windows 10 Sの位置づけとしては「文教向けOS」となりますね。

でも、文教向けという位置づけだと、本体価格が少々高すぎのような気がします。
そのため、ビジネス向けOS「Windows 10 Pro」へのアップグレード優待が付いているんですね。

ちなみに、搭載されている「Windows 10 S」って何?って思うかと思いますが、これ、Windows 10 HOMEやWindows 10 Proのように、Windows ストア以外から入手したアプリもサポートするんですが、Windows 10 Sに至っては、Windows ストアから入手したアプリのみ使用出来るようになっていて、これにより、セキュリティとパフォーマンスが保証されるというモノなんです。

基本的には、Windows 10 Sは、Windows 10 Proの特別構成版という位置づけになります。

あくまで、使用出来るソフトウェアは、Windows ストアからダウンロード出来るソフトウェアのみになりますので、例えば、教育機関といったWindows ストアからダウンロード出来るソフトだけで十分といった場合に重宝します。

さらに、Windows ストアから入手出来るソフトのみが使用出来ることから、他の場所からソフトをインストールされるリスクを排除出来ます。

自由にソフトをインストールしたりしたい場合など、普段から、あれやこれや入れている一般ユーザーからするとWindows 10 Sは、かなり不自由を強いられると思うので、即効、Windows 10 Proへのアップグレードをストア経由で検討した方がいいかもしれません(^_^;)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

ひざは正常な動きをさせてあげればトラブルを予防出来るんです

早い人で20代、遅くとも30代になると、ひざに違和感を感じる方が増えてきます。

若い時は、血液の循環や新陳代謝によって、ひざの状態が常に良い状態にあるんですが、新陳代謝が落ち込んでくる30代に差し掛かると、体の至る所で違和感を感じるようになってきます。

違和感の多くは、「疲れ」といったもので片付けられてしまうのですが、日々あなたの体重を支えている足には、それ相応の負担がかかっていて、知らぬ間にトラブルの原因を含んでいる場合があります。

特にひざは、歩く・走る・跳ぶといった時に負担のかかる部位です。
そのひざのトラブルは年齢が上がるにつれて、ますます増加の傾向があります。

そこで、ひざをいたわるために、サプリメントやサポーターといったものを使って少しでも負担が緩和されるように補助しているかと思います。

もちろん、サプリメントやサポーターも血液の循環や新陳代謝の助けになるので、使用することはいいかと思っています。
私も、少し前に、ひざに水が貯まったことがあり、それを抜いたこともあるので、それ以来、何かしらサプリメントを摂取したり、ひざに過度な負担がかかる時にサポーターを使用するすることも多くなってきています。
さらに、水を抜いた時に担当医から、ひざへの負担を軽減させる歩き方や、ひざ周りの筋肉を鍛えることもトラブル予防になるとのことで、ジム通いをしていたりもします。

ひざへの負担を軽減させる歩き方ですが、最初は気にしながら歩くことをしていたのですが、くせになるまではなかなか遠く、気に止めることを怠ると歩き方が元に戻ってしまい、ひざへ負担が増えるといった状態になっている時に、何か良いモノがないか探していたところ、歩くのには必須の靴に「ひざのトラブルを予防する機能」を持ったものがあることを知りました。

それを調べていたところ、ひざというのは、こう言うモノなのかということが判りました。

人のひざには、「Screw Home Movement(スクリュー・ホーム・ムーブメント)」という働きがあります。
これは、「ひざの正常な回旋運動」を表す生体工学用語です。
踵が地面に着く時、太ももの骨(大腿骨)に対し、ひざ下の骨(頸骨)が外側に少し回旋する動きをいいます。
この動きにより、ひざへの負担を軽減し、安定性・支持性を確保します。

このような回旋運動を取り入れた靴がアサヒシューズにあることが判りました。

その名も、

アサヒメディカルウォーク

というものです。

このアサヒメディカルウォークは、健康なひざに備わっている、上記の仕組みを補助する「世界初の機能!SHM機能」を搭載しているんだそうです。
SHM機能の3大メリットですが、

1.ひざ関節を守る理想的な歩行をサポート
2.ひざへの衝撃を分散吸収しやすい構造
3.ひざを安定させる、ももの内側の筋肉への働きかけ

にあるそうです。
メリット1は、靴底のかかと部にスクリューのフィンが着いているんですが、このフィンが、かかとが地面に着地する時に、体重圧でたわみます。そのたわみが、踏み込むことで、つま先を、やや外側に回旋させるんです。
この回旋が、ひざに備わっている回旋運動を補助し、正常な歩行を促してくれるんです。
メリット2ですが、ひざというのは、

通常の歩行時 体重の約2倍
階段の昇降時 体重の約3倍
走っている時 体重の約5倍

これくらい、ひざへの衝撃がかかっているんです。

そこで、かかとから着地する時に、伝わる衝撃をひざの負担にならないように、SHM機能では、ゴムの弾力で衝撃を吸収出来るようになっています。
さらに、スクリュー構造が体重圧を分散する役目を担っているので、効率的に負担を軽減出来るようになっています。
メリット3は、歩行時のひざを安定させ保護する役目を担う、ももの内側の筋肉(内側広筋)を効率よく活動させ、正しい歩行へ導くようになっています。
これらの機能をソールに組み込んむことで、ひざ本来の動きをさせるように仕向けることで、ひざのトラブルを予防する事が出来ます。

歩行が出来なくなると、認知などが進むことになるので、死ぬまで歩き続けることが出来るように、健康管理サプリメントはもちろんのこと、普段履いている靴にも気を配って、楽しい歩行ライフを続けていきたいものです。