Microsoft Surface Laptopがこなれてきましたかね(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Surface Laptop では Windows 10 S が稼働していて、アプリケーションはすべて、Windows ストアから提供され、Microsoft 認証済みなので安心して使えるようになっています。

そのため、Windows 10 Sの位置づけとしては「文教向けOS」となりますね。

でも、文教向けという位置づけだと、本体価格が少々高すぎのような気がします。
そのため、ビジネス向けOS「Windows 10 Pro」へのアップグレード優待が付いているんですね。

ちなみに、搭載されている「Windows 10 S」って何?って思うかと思いますが、これ、Windows 10 HOMEやWindows 10 Proのように、Windows ストア以外から入手したアプリもサポートするんですが、Windows 10 Sに至っては、Windows ストアから入手したアプリのみ使用出来るようになっていて、これにより、セキュリティとパフォーマンスが保証されるというモノなんです。

基本的には、Windows 10 Sは、Windows 10 Proの特別構成版という位置づけになります。

あくまで、使用出来るソフトウェアは、Windows ストアからダウンロード出来るソフトウェアのみになりますので、例えば、教育機関といったWindows ストアからダウンロード出来るソフトだけで十分といった場合に重宝します。

さらに、Windows ストアから入手出来るソフトのみが使用出来ることから、他の場所からソフトをインストールされるリスクを排除出来ます。

自由にソフトをインストールしたりしたい場合など、普段から、あれやこれや入れている一般ユーザーからするとWindows 10 Sは、かなり不自由を強いられると思うので、即効、Windows 10 Proへのアップグレードをストア経由で検討した方がいいかもしれません(^_^;)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です