【64台同時接続可】個人向け価格帯なのに11ac対応法人向け無線LANアクセスポイントが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

法人向けのアクセスポイントというと、高価というイメージが先行してしまい、なかなか手を出さない商品に位置づけられていますが、今回ご紹介する新製品、

WAPS-1266

は、

法人向け性能を有していながら、19800円と安価

という、アクセスポイントを数カ所に設置したいホテルや店舗に最適な

小型・薄型筐体
アンテナ内蔵

になっています。

昨今の個人宅でのネット利用率はすさまじく、宅内では、一人一人がスマホやタブレットを複数台持っていたり、家電製品もネット経由で使えるようになっていたりします。
さらには、遊びの動画はもちろんのこと、趣味や勉強をするために動画を見る機会も増えてきています。そう言ったインターネットを介して得る情報が多くなっているため、無線LANアクセスポイント自体の性能も個人用よりも法人用を取り付けた方がいい場合も増えてきています。

タイトルで謳っているように、64台同時接続が可能になっているアクセスポイントですが、このアクセスポイントを導入すれば、接続出来るようになるというわけではないところが注意が必要です。
といいますのも、64台同時接続させるには、その通信を処理できるルータとアクセス回線が必要になります。これらが全て揃って、ようやく、64台同時接続しても通信を途切れさせないように出来るというわけなんです。

それでも、既に有線LANで数台から数十台の通信を途切れさせることなく使えているようであれば、このアクセスポイントを導入しても何ら問題はないでしょう。

なお、法人向けのため、元々PoEでの接続が前提になっています。そのため、電源アダプタが付属していません。
もし、PoE給電をするスイッチやPoEインジェクターを持っていないようであれば、この機会に、PoEインジェクターを検討するか、オプションの電源アダプタ

WLE-OP-AC12C
4800円

を購入する必要があるので、御注意ください。

また、ちょっと面白い作りになっているところがあって、室内照明などのスイッチを取り付けるための「スイッチボックス」に直接ねじ止めできる壁掛け金具を同梱している点です。
なお、スイッチボックスの適切な設置が必要ではありますが、それでも、アクセスポイントを取り付けたい位置にスイッチボックスがあれば、このアクセスポイントを設置できる点はいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です