Googleからスマホアプリから簡単設定出来る無線ルータGoogle WiFiが発売になりますね

Googleが家庭向け無線ルータを投じてきました。

その名も「Google WiFi」です。

当然のごとく、11ac準拠のルータで、最近の無線LANルータでは、当たり前のように搭載するようになった

  • 混雑していない最適な帯域に自動接続する機能
  • ペアレンタルコントロール機能
  • メッシュ機能
  • ビームフォーミング機能

といったものが搭載されています。

ルータって、意外と設定が複雑というところがあって、弊社のような機能を十二分に活かす設定が出来る人が設定するというものだったんですが、そこはGoogle!

そういった複雑な設定を、サラッと出来ちゃうようにしちゃいましょう。

さらには、無線LANルータというと、物陰に置かれ、通信速度が低下しがち!という概念を覆すために、デザインも、Googleのスマートスピーカのように、円筒形でインテリアとして置いても遜色のないものにしましょう。

といった観点から生まれたようですね。

そのため、設定には、GoogleのPlayストアからダウンロードできる設定アプリ「Google WiFiアプリ」を使って、アプリの指示に従って設定をしていけば設定完了!

というものなんだそうです。

さらにさらに、ゲストネットワークの構築も出来るようで、家族のネットワークに客人が入り込めないように出来たりも出来るそうです。

値段も、1台15,000円と、それほど高くないので、使ってみる価値はありそうですね。

現在のところ、楽天ブックスを始め、大手量販店などで購入が出来るようです。

一応、下記にネット通販が好きな人用に、楽天ブックスから購入できるリンクを貼っておきますね。

 

Google Wifi

Google Wifi 3Pack

就職活動もSNS多用時代になってきているんですね

最近の就職活動は、

学生が何十社!何百社!にエントリーして、

ようやく内定通知がチラホラ来る!

という感じみたいですが、

エントリーされる側の企業からすると、

エントリーされるのは嬉しいけど、

 

その学生を繋ぎ止めておくことが難しい!

 

というのが現状のようです。

今までのように、

説明会・面接はもちろんのこと、

内定・内定後の対応に、

メールや電話

だけで、繋ぎ止めること自体、難しいんだそうですね。

そんな中、企業も頭を使ってきています。

学生達が得意とするSNSを利用する!

ということです。

学生の間では、既に廃れているものもあるかもしれませんが、

Snapchat(スナップチャット)

SNOW(スノー)

Mixchannel(ミックスチャンネル)

TwitCasting(ツイキャス)

Studyplus(スタディプラス)

takusuta(タクスタ)

といったSNSアプリが流行って使われているようですが、

それでもやはり、

LINE

は、外せないアプリのようです。

このLINEを使って、応募してくる学生を繋ぎ止めようと考えているようです。

確かに、企業も商品を売る!とか、サポートをする!と言ったときに、

LINEは便利なツールになっています。

ちなみに、LINEの中でも、LINE@で企業と学生が繋がるようにしているみたいですね。

これによって、驚くべきは、

ドタキャンが激減している!

みたいなんです。

メールは読まないけど、LINEは見るといった傾向の強い昨今の学生には、効果てきめんというワケなんですね。

ただ、ここで、ちょっと気になるのは、

5月9日(水)からサービスが開始される、

+メッセージ

ですね。

LINEと違い、電話番号が判ればメッセージが送れ、

グループでのやり取りも出来てしまう!

ちょっと気になる存在です。

— PR —








【緊急】始まりました!Googleのモバイル・ファースト・インデックス対応が!

兼ねてからGoogleからアナウンスのあった、

モバイル・ファースト・インデックス

ですが、3月27日からランキングに使用する

  • クロール
  • インデックス
  • ランキング・システム

について、

デスクトップ版 から モバイル版

に移行を開始したアナウンスが出されました。

今後、検索結果には、モバイル仕様のサイトが優先的に表示されるようになります。

そのため、Webサイトも、

デスクトップ版

モバイル版

が揃っているところが上位ランキングの条件になります。

そのため、

  • モバイル版に対応していないサイト
  • デスクトップ版とモバイル版で内容が大幅に違うサイト

については、検索順位が落ちていくことがあるそうです。

また、読み込みスピードが遅いサイトも検索順位を落とす要因にもなるようですよ。

 

ネットからの集客を見込んで、Webサイトを作っていたけど、モバイル版サイトは、二の次と後手にしていた場合には、注意が必要です。

モバイルフレンドリーに、これからは、ある程度、費用を捻出して対応していかないと、

ネットからの集客は激減する

可能性がありますね。

 

これを機会に、対応を急いだ方がいいかもしれません!
BiND Cloud紹介動画

BiND Cloudプロコース
BiNDクラウドパートナー