ストレスに負けないココロを育てるためのストレッチ「マインドフルネス」

マインドフルネス・ストレスフリー

最近、

 マインドフルネス

という言葉が巷で騒がれていますよね。

そんな私も、マインドフルネスを実践しているというわけではないのですが、これまで、自分なりに、

集中力を高める

という意味で、実践してきたことがあります。

至極、単純なことですが、私の実践してきたことは、お経を読むと言うことではないのですが、ある種の瞑想のような感じで行っています。

最近、マインドフルネスの本を読んで気付いたのですが、

これって、私が集中力を高める時に心の中でやっていたことと同じ事!?

っていうものでした。

それが、これ。

合掌をしているポーズをイメージし、鼻から息を吸いながら、合掌した手を頭の上まで上げ、下腹部(丹田)にタップリな空気が満たされたら、ゆっくり息を吐きながら、頭の上の手を下ろしてきます。

これは、合掌していますが、ラジオ体操の最初の深呼吸と同じ要領です。

例えば、会議の前・大切な打合せの時・業者の人と話している最中に血が上りそうになった時などなど、ココロを落ち着かせると共に、自分自身の気持ちがどうなっているか自問自答する時に、気付かれないように腹式呼吸をしています。

全く、マインドフルネスという言葉は知らなかったのですが、多分、私は、小さい頃からやっていたのだと思います。

たまたま、小さい頃、生徒会の会計をやったり、部活でオフェンス・ディフェンス時の司令塔をやったり、事あるごとに、自然と中心で動くことをしていたので、

自分の今ある「気持ち」に気付く!

ということをし、ストレスに押しつぶされないようにしてきたのだと思います。

多分、ヨガとか瞑想とか座禅とかって、マインドフルネスを実践する一つの方法なのではないかなぁって思っています。

最近、年下の子達を見ていると、

ココロが折れやすいのかなぁ!?

って感じています。

ゆとりがゆとりがって、ゆとりのせいにしているところがありますが、ある種、小さい頃から敷かれたレールの上しか歩いていないから、いざ、自分の脚で歩き始めようとした時、目標も考えも全く無いため、周りの状況に翻弄されているのではと思うんです。

こればかりは、自分で考え、実行し、評価し、改善するといったことを出来るようにしていくしかないのではと思ったりもします。

これ、俗に言うPDCAサイクルっていうものですよね。

たぶん、マインドフルネスとPDCAサイクルが出来るようになれば、

周りの人のことを考え、行動が出来る人に出来上がるんだと思います。

それにしても、書いていて、なんだか脱線していますね。

まずは、自分を見直すための方法として、マインドフルネスは、効果的な手法だと言うことは確かです。

NHKのEテレで、月曜日から木曜日の21:55から22:00という、たった5分間ですが、

はじめてのマインドフルネス

という番組が放送されています。

もう既に、この記事を書いている段階で、後半の放送になってしまっていますが、今からでも、遅くはないです。

是非、自分を見直して、より充実した毎日を送っていくための方法として、マインドフルネスを取り入れてみて頂ければと思います。

電子書籍版はこちら!

>NHK まる得マガジン ストレスに負けない!心のストレッチ はじめてのマインドフルネス 2017年2月/3月[雑誌]【電子書籍】

価格:617円
(2017/2/14 08:59時点)
感想(0件)

紙書籍版はこちら!

>送料無料/はじめてのマインドフルネス ストレスに負けない!心のストレッチ/熊野宏昭

価格:616円
(2017/2/14 09:00時点)
感想(0件)



無線LANが届かないところを無線LAN中継器やLANケーブルを這わせずにPLCアダプタで繋ぐ

【送料無料】【税込み】【メーカー保証】IO DATA PLC-HP240EA-S

価格:13,165円
(2017/2/2 10:21時点)
感想(3件)


PLC-HP240EA-S

こんにちは。

最近、無線LAN環境にするところが増えてきているので、その際に使える技術として

PLC(電力線通信)

について、紹介してみようと思います。

今やLANは1Gbpsの時代ですよね。

でも、そこまで、家庭内LANを高速化しても、その恩恵がどれだけのものか判らないというのが普通だと思います。
確かに、有線LANでパソコンを繋ぐと「はやっ!」って感じます。

有線LANを使う場合、デスクトップパソコンや家電(テレビなど)といった、普通動かさないものに使うならいいのですが、最近では、ノートパソコンも高いとは言え、まぁまぁ、安く買えるようになってきています。

かく言う、私も、デスクトップパソコンがイイ場合もあるのですが、ノートパソコンあるいは、タブレットを使う派になってしまっています。

そういうこともあって、最近では、LANケーブルを這わせる有線LANよりも、這わせない無線LANが主流になってきています。
しかも、皆さんがもっと手軽に使っているスマホは、無線LAN=WiFiを使えるようになっているので、恐らく、必然的に家庭内では、無線LANを作るのが当たり前になっています。

最初に有線LANが1Gbpsの自体と申しましたが、無線LANも高速化していて、一番速い規格で、ようやく1733Mbpsが使えるようになっています。

でも、この速度を出すには、対応する無線LAN子機が必要です。

で、ここで問題。
無線LANを設置しようとした時、皆さんが考えるのが、

・1戸建てに住んでいると1階と2階で使いたい。
・マンションに住んでいるとリビングと子ども部屋や書斎で使いたい。

といった事になると思います。

そう!無線LANは電波だから、1台無線LAN機器を置けば、家中何処でも無線LANを使えると思ってしまうのです。

でも、実のところ、無線LAN機器を買ってきて、設置してみると、問題が発生します。

それが、電波が届かないところがあるということです。

購入した無線LAN機器の箱やホームページの情報から、どこでも届くと捉え買ってきていると思います。

実は、電波の届く範囲というのは、公称見通しが出来るところで100mと言われているんです。

まぁ、見通し100mですから、近くだったら、十分届くだろうと思ってしまいがちですが、そうじゃないんですよね。

1階や2階、リビングや子ども部屋、書斎と行ったところは、見通せませんよね。

見通せないと言うことは、その間には、柱や壁、鉄筋といった構造体が存在します。

電波というのは、これらの構造体によって遮断されたり、乱反射してしまいます。

そのため、近くても届かないという場所が出てきてしまうのです。

そこで、無線LAN環境で登場したのが、

電波強度のあるアクセスポイントや中継器

と呼ばれるモノです。

今では、電波強度のあるアクセスポイントは当たり前になっているので、横に置いておきますね。

中継器というのは、設置されている無線LAN機器の電波が届きづらいところに電波を送るために設置する無線LAN機器になります。
この機器は、上手に置くことで電波が届かなかったところにも電波が届くようになるのですが、それでも、電波が届きづらい場所も出てきます。

そうなると、仕方ないLANケーブルを這わすしか無いかって思って、量販店などで、ながぁ〜いLANケーブルとモールを買ってきて、1階から2階へやリビングから子ども部屋、書斎へと引くことになるんですよね。

上手に引き込みが出来る人であったり、あるいは、お金を払って業者に依頼するといったことをすれば、キレイに這わせられますが、日曜大工感覚だと、あまり見栄えのいいものでは無くなる場合が殆どです。

そこで、登場するのが今回紹介する、PLCアダプタになります。

PLCというのは、最初に説明したように、電気の線をLANケーブル代わりに使う技術です。

電気の線を使う関係上、どうしてもノイズの影響と電気を通すことが主ですから、通信速度は、240Mbpsと1Gbpsと比べると5分の1の速度になります。

でも、考えてみてください。

屋内には、必ずどこかに電源コンセントがありますよね。

そう考えると、電源コンセントなら、1階にも2階にもありますし、リビングにも書斎、子ども部屋にもあります。

一般家庭であれば、1つ目は、マスターアダプタとターミナルアダプタのセットを購入し、あとは、繋ぎたい部屋ごとにターミナルアダプタを追加していけばいいだけなんです。

もちろん、最初のセット品だけを買って、あとは、無線LANアクセスポイントを繋いで、無線LAN環境を作るというのも一つの手です。

かく言う、我が家は、2階が光ケーブルの入口になっているので、そこにマスタアダプタを置いて、1階にターミナルアダプタを置いて、1階と2階それぞれに無線LANアクセスポイントを設置して無線LAN環境を作っています。
本当は、無線LANアクセスポイントを1台で、1階と2階で使えればと思ったんですが、やっぱり、電波強度が半分以下になってしまって、通信品質が宜しくなかったので、この方法を使いました。
簡単に言うと1階の無線LAN環境を2階の光ケーブルのあるところまでLANケーブルを引き込むには、難があったので、PLCアダプタを使ったと言うことになります。

これによって、非常にネットワーク環境は快適になり、且つ、見た目の悪いLANケーブルが這っていないので、スッキリしています。

ただ、ここで、注意が必要で、電源ケーブルの中はノイズが発生しやすくなっています。
まぁ、もともと電気が流れればいいケーブルなので、ノイズを解消するなんてことはしていません。そのため、電子レンジやオープン、エアコンがマスタとターミナルの間に繋がっている場合には、これらの電気製品を使うと通信速度が低下する可能性があることだけは、心得ておいて使ってくださいね。

我が家もこれらの電化製品は繋がっていますが、幸いにして、影響を受けているのだと思うのですが、それほど、ネットを使っている上で不満を言うほど速度低下を体感していない状態です。



伊豆・三津シーパラダイス(2017.1.2)

元旦就寝時に、子どもから水族館に行きたいと言われてしまい、

こんなバタバタ正月三が日は初めてだけど、

おせち料理と寝正月だと、

なおブクブクになりそうだったので、

まっ!いいかということで、

就寝時に、どこの水族館へ向かうか調べて、

近場で

イルカショー

アシカショー

といったショーが見られるところというと、
あわしまマリンパーク

伊豆・三津シーパラダイス
になったのですが、今回は、
伊豆・三津シーパラダイス
へ行くことになりました。
さて、着いて早々、館内の魚たちには目もくれず、

ショーが開かれるプールにまっしぐらです。

ちょうど、入場した時間は、

ショースタジアムで、その日1回目の

アシカ、カマイルカ、トド

のショーが開かれていました。

まず最初は、お正月と言うことで、

アシカの大書道パフォーマンス

が終わる頃でした。

アシカの大書道ショー

アシカの大書道ショー

縁起物と言うことで、欲しい方に差し上げるというモノでした。

アシカの書き初めが終わると、

トドの一芸があり、

トドのペッ!

トドのペッ!

その後、カマイルカのジャンプなどのショーがあり

カマイルカのジャンプ

カマイルカのジャンプ

最後に、カマイルカ達からのお年玉として、

カマイルカの天使の輪

カマイルカの天使の輪

天使の輪が疲労されました。
続いて、外プールで開かれる

イルカの海ショーステージ

へ向かいました。
今回は、館内の海洋生物を見に来たと言うよりも

ショーを見に来たというのが正直なところです。
で、イルカの海ショーステージですが、

3頭のイルカ

のショーが始まりました。
トレーナーの人がイルカと一緒にジャンプをしたり、

イルカの海ショー

イルカの海ショー

バーをイルカが飛び越えたりと楽しみました。
久々に、ショーを見ましたが、やっぱりいいものですよね。

今度は、あわしまマリンパークですかね・・・!?


金櫻神社へ初詣(2017.1.1)

新年一番最初の初詣参拝は、恵方を見て行ってきました。

元旦から地区の新年会があり、出発が14時半くらいになりました。

縁起担ぎのためということで、

昨年は、身延山の久遠寺に伺いましたが、

今年は、金運のパワースポットとして知られている、

金峰山の金櫻神社(金桜神社)へ伺いました。

初詣参拝の行列

初詣参拝の行列

この金櫻神社の御利益は、

金運アップ!!!
病気除け!
災厄除け!
心身の浄化!
心身の安定!
お水取り!

があります。
このような特別な日以外は、

神社前の駐車場に停められるのですが、

初詣の日は、神社前の駐車場は使えない状態になっているので、

神社までの道路に路駐して、皆歩いて参拝に向かいます。

路駐も2キロ前くらいから始まっていて、

子どもが居るので、なるべく近くに駐めたいと、

少々の渋滞の中、300mくらいのところに、

ヒョイッと路駐出来ました。

これだけのクルマなので、予想はしていたのですが、

神社の駐車場から、しっかり行列が出来ていました(^^;)
それでも、30分ほど並んで、鳥居をくぐり、

金櫻神社の鳥居

金櫻神社の鳥居

本殿へ辿り着き、参拝させていただきました。

金櫻神社・商売繁盛

金櫻神社

その後、

熊手と破魔矢

おみくじとお守り

を買い、

温かい甘酒

をいただき、ホッと一息して、

境内からの景色を見ると、

真正面に富士山を見ることが出来ました。

金桜神社の境内から富士山

金桜神社の境内から富士山

今年一年、金櫻神社の後押しをいただければと思っています。

 


酉年もケッコー素晴らしい一年になりますように。

あけまして、おめでとうございます。

申年は、考えさせられる事が多かったかと思います。

酉年は、学問に於いても、商売に於いても、大変良い成果が期待出来る年です。

是非、皆様におかれましても、飛躍の年になっていただければと思います。

2017年酉年・初日の出

2017年酉年・初日の出

金櫻神社・商売繁盛

金櫻神社


瞑想などを通じたストレス軽減、能力開発に猛る、日本でも注目されはじめたマインドフルネスについて

こんにちは。

今日は、少しだけ、自分の内なる声に耳を傾けるための方法!

マインドフルネス

について簡単に語ってみたいと思います。

最近、マインドフルネスで、

人生を変えるくらいの衝撃を受けた!

という話しを耳にしますよね。

私も、自営業ながら、

マインドフルネス

が私自身の業務に役に立つのではと思い、

まだ、マインドフルネスと言う言葉が流行っていない頃から、

瞑想

という形で、取り入れてきました。

ここ最近、マインドフルネスの記事などを読んでいると、

私が長年やってきた瞑想が、マインドフルネスと同等のことだと感じてきました。

どんなことをやってきたのかというと、

マインドフルネスで謳っているように、

目を閉じ、黙って何も考えず、

鼻からゆっくり5秒くらいかけて息を吸い、

7秒くらい呼吸を止めます。そして、

10秒くらいかけて、ゆっくり息を吐きます。

というものです。

私は、これを知らず知らずのうちなのかは判りませんが、

普段からやっています。

例えば、

昼食後の眠くなりそうな時!

物事を顧みたい時!

指導を受けた後!

といった時です。

この瞑想による、一定の呼吸法で、

自然と頭の中のゴチャゴチャが整理され、

瞑想後の仕事の効率が上がる

のをシミジミ感じています。

私の場合、これをスポーツを始めた頃からやっていたと思います。

それが、心が落ち着くことを自然と感じ、

勉強の時にも!受験の時にも!

やってきていました。

それが、今や、マインドフルネスという言葉で、やられているとは不思議なモノです。

マインドフルネスは、脳科学に基づく裏付けがあるとのことです。

私も、読んでみましたが、

なるほど!なるほど!

そうなんだよねぇ!

なんて思った次第です。

もし、お子さんに落ち着きが無い!とか、お子さんを叱りすぎる!とか、自分を振り返る時にも、このマインドフルネスは、有効な手段です。

是非、試してみてください。

そして、より知識を深めたいと考えるなら、書籍を手に取るのもいいかと思います。

 

親と子どものためのマインドフルネス

親と子どものためのマインドフルネス [ エリーン・スネル ]

価格:1,944円
(2016/12/6 12:00時点)
感想(0件)

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック [ ジェームズ・R.ドゥティ ]

価格:1,836円
(2016/12/6 12:01時点)
感想(0件)