2017年中頃!Googleが検索に新アルゴリズム「MFI」を採用するみたいです

2017年中頃、そろそろの導入かと思われますが、Googleが新アルゴリズム

MFI (Mobile First Index) = モバイルファーストインデックス

が採用されるみたいです。

この新アルゴリズムですが、どうも、「ユーザビリティ」の「質」を評価して、検索結果に反映させるもののようです。

昨今、スマホでホームページを閲覧するユーザが増えていますが、このスマホユーザが、いかにストレス無くサイトを見られるように配慮されているかで評価され、それにより、良いサイト・悪いサイトを検索結果に反映させるみたいなんです。

今までは、取り敢えず、モバイルフレンドリーに対応していれば良かったみたいなんですが、これから、この新アルゴリズムが適用されると、単純にモバイルフレンドリーに対応しているだけでは、事が済まなくなってきてしまいます。
とりあえず対応していればというレベルのホームページは、

レイアウトが崩れる
文字が小さい
PC版に比べると見え方が極端に違う

こういったことが見受けられると評価が下がってしまうと言うアルゴリズムのようです。

意外と怖いアルゴリズムですし、評価対象が緻密になっていくって事になりそうです。
私の勉強するサイトに、新アルゴリズムに備えるためのチェックポイントを挙げた内容が掲載されていましたので、参考にしてみて下さい。

1.■ファーストビューで終わっているように見せない■
——————————————————–

例えば、ヘッダーに使っている画像が画面いっぱいに広がりすぎているような

レイアウトは改善する余地がありそうです

その下にコンテンツがある事に気づかず離脱されてしまうケースも少なくありません

ヘッダーで画面が覆われてしまうよりは、コンテンツが続ていると分かるように

配慮したレイアウトが良いかもしれません
2.■ボタンの配置は右手の親指重視■
——————————————————–

ある統計調査では

片手で操作している人の67%が右手親指で操作をしているそうです。

左で操作をしている方もいるかと思いますが、

データ上は右親指で操作することを想定したサイト作りの方がベターなようです。

という事は、左上に何らかのボタンを用意している場合は

操作しやすいように右上に配置するのもいいかもしれません

特に女性の場合は手も小さいので、

こういった気遣いはストレスを軽減してくれます
3.■文字の大きさだけは絶対に気をつける■
——————————————————–

これだけは何が何でも対応しておくべきポイントです

文字サイズはスマートフォンのユーザビリティの中でも非常に重要な要素です

文字が小さすぎても読みづらいし、大きすぎてもダメです

Google推奨の適正値は16pxとなっています

4.■ボタンはわかりやすく■

——————————————————–

パソコンだとボタンの上にカーソルを持ってくれば

色が変わるのでリンクされているボタンであることが直ぐに判断できますが

スマホサイト同じような効果がないので

ユーザは分かりにくい事もあります
リンクになっているボタンはわかりやすいようアイコンをつけたり

タップした後に色を変えるなどはできるので

いろいろと工夫してみるといいです。

5.■タップしやすくする■
——————————————————–

ボタンが小さくて、隣のボタンを押してしまった経験は誰でもあると思います。

実はこれがスマホユーザの一番のストレス原因になっています

タップのしやすさは徹底して注意しておきましょう

「タップ可能領域の最小サイズは44px × 44px 」となっています

6.■入力フォームは必要最低限にする■
——————————————————–
→入力項目が多い

スマホで文字を入力すること自体が結構手間だと感じる人も少なくありません

それなのに入力項目が多いと「やっぱりいいや」となってしまうケースも

ありますので可能な限り項目は減らしてあげるといいと思います
→入力項目に合わせてキーパッドを変える

郵便番号や電話番号など、数字を入力するところでは
数字入力のキーパッドになっているとストレスなく入力が行えます。

→入力補助を設定する

文字入力の手間を減らすために、
メールアドレスで入力サジェストを利用することや、
ふりがなや住所などで自動入力機能を利用するようにしましょう。

これらのことから、これからのホームページ作りは、

100%ユーザに配慮したホームページ作り

が検索順位を上げるための鉄則になっていきそうです。

そこで、あなたのホームページがモバイルフレンドリーになっているのか確認するためのサイトをGoogleが用意していますので、分析してみて下さい。

あなたのウェブページはモバイル フレンドリーですか?
分析はこちらからどうぞ!

ちなみに弊社ホームページを分析してみたところ、問題なくモバイルフレンドリーなサイトと評価されました。良かったぁ(*^_^*)

Google MFI分析結果

もし、あなたが今のホームページをモバイルフレンドリーに対応したページに作り替えたいなら、専門業者に頼むことも出来ますが、ランニングコストを考えると高く付く場合が殆どです。

そこで、オススメしたいのは、ご自身でホームページを作っていくと言うことです。
確かに、ホームページを作るというのは、ちょっと骨の折れる部分もありますが、専門業者には作って貰うのでは無く、ご自身で作っていく上でのサポートをして貰うようにすれば、ホームページ作りも何とかなります。

しかも、最近のツールやソフトウェアは、見栄えが良くGoogle検索に好感が持てるページを作ル事が出来ます。

そんなツールやソフトウェアは世の中には幾つかありますが、その中でも、

オススメ第1位
BiND Cloud「プロコース」

BiNDクラウドパートナー

第2位
ホームページ・ビルダー21icon
Just MyShop(ジャストシステム)

これら2つがオススメです。
このうち「BiND Cloud」は、アプリもクラウド上にあるので、パソコンへPC用ソフトウェアをインストールする必要がありません。
全てをGoogle ChromeやInternet Explorer上で出来てしまうので、モノによっては、スマホでもタブレットでも編集や更新が出来てしまいます。
また、流行のブログも気軽に出来る仕組みになっていますし、ブログをホームページ内の好きな場所に埋め込むことも出来てしまいます。
また、問合せフォームを簡単に作れてしまう仕組みもありますので、ホームページを公開するのに必要な機能は全て搭載されています。

是非、参考にしてみて下さい。

無料で使えるID管理クラウドサービス「SKUID」を使ってみた!

今回、電子証明書認証局として20年以上の実績がある「GMOグローバルサイン」が無料で提供するシングルサインオンサービス「SKUID」の登録から実際のサービス利用までを簡単な画面付きで説明してみたいと思います。

まず、この「SKUID」ですが、現在のところ

Google Chromeプラグイン経由

でシングルサインオンが出来る仕組みとなっています。

そのため、Internet ExplorerやFirefoxをメインで利用されている方には、シングルサインオンをするためには、Chromeを使って頂くというハードルがあるのですが、それでも、複数サービスのパスワードを一元化してしまっている方には、是非、SKUIDのシングルサインオンを使って、覚えるパスワードは1つにしても、複数サービスのパスワードは盗まれないように管理して頂ければと思います。

ここで、クラウドサービスの「SKUID」に複数サービスのパスワードを登録して管理しても良いものだろうか!?と不安に感じる方もいるかと思います。

そこは安心しても良いかと思います。
理由は、

電子証明書認証局として20年以上の実績
SSL証明書のシェア・純増数では国内シェアNo.1
政府レベルのセキュリティを日本をはじめワールドワイドに展開している
SKUIDの開発・運用を日本国内の自社で行っている

このように、セキュアで堅牢なサービスを提供していることと、通常、シングルサインオンサービスを提供する場合、自社でサーバを運用して行う必要がありますが、それらを全てGMOグローバルサインのサーバで運用することで、システムの脆弱性対策や冗長化に対応するためのコストを抑えられるメリットがあるのです。

さて、本題のシングルサインオンサービスについてです。

まず、サービスを利用するためには、ユーザー登録が必要になります。
ユーザー登録は、こちらから行います。

新規登録から登録を行うのですが、入力情報として、

企業情報として、

企業名(必須入力)
ご担当者名(必須入力)
企業ID(必須入力)

管理者情報として、

メールアドレス(必須入力)
パスワード(必須入力)
秘密の質問(必須入力)
秘密の答え(必須入力)

がありますが、個人でも登録することが可能ですが、個人の方は、企業名は適当な名前か屋号を考えて入力して進んでください。

なお、ここで登録する担当者名と管理者情報は、管理者であり、且つ個人として使うことも出来ますので、もし、管理者は別に用意したいと言うことであれば、別途、メールアドレスを用意された方が良いかと思います。

さて、この情報入力が完了すると、仮登録完了のメールが登録した管理者メールアドレスに届きます。

仮登録完了のメール内に本登録のためのURLが書かれているので、本登録URLへアクセスして、登録を進めてください。

001-本登録完了

本登録が完了すると、いよいよシングルサインオンサービスサイトへのログインになります。

002-管理者ログイン

ログインには、「企業ID」「メールアドレス」「パスワード」を入力して、ログインします。
なお、管理者ユーザーも一般ユーザーも同じログイン画面になります。

管理者でログインが出来たら、一旦画面の説明をいたしましょう。

まず、企業内で利用するアプリを追加する画面は、

003-アプリ追加画面

のようになります。

次に、一括管理するユーザー管理画面は、

004-メンバー登録画面

のようになります。

次に、シングルサインオンサービスを利用するアプリとの紐付け画面は、

005-メンバーとアプリ紐付け画面

のようになります。

なお、管理者が一般ユーザーの利用するアプリとの紐付け作業も出来ますが、アプリとの紐付けについては、一般ユーザー次第にすることも可能です。
紐付け画面の使い方としては、全ユーザーが使うアプリは、ここで紐付けするのがいいかと思われます。

ここまでは、アプリとユーザーに関する設定になります。
続いては、実際に追加したアプリを利用してシングルサインオンをするためのプラグインをGoogle Chromeに機能追加します。

006-chromeへアドオン追加

プラグインの名前は、「SKUID NG – IDaaS」と呼ばれるものです。
このプラグインを追加しないと、シングルサインオンサービスを利用することが出来ませんので、必ず追加をします。

007-chromeアドオン追加完了

008-chromeアドオン追加完了

最後に、一般ユーザーが利用する時のWeb管理画面の簡単な説明とアプリの追加方法が説明された画像が表示されます。

009-簡単使い方説明

010-簡単使い方説明

それでは、実際に管理者ページでのアプリの追加手順と一般ユーザーでのアプリの追加手順をカンタンに説明したいと思います。

管理者ユーザーで、管理者ページへログインします。

012-企業利用アプリ登録

管理者ページへログインするとダッシュボードが表示されるので、左メニューの「アプリ」をクリックします。

このページは、登録されているアプリと新規にアプリを登録する画面になります。

013-企業利用アプリ登録

新たにアプリを追加したい時には、右上の「アプリの登録」クリックします。

014-企業利用アプリ登録

現時点でシングルサインオンサービスを利用出来るアプリは、400アプリです。
この中から、普段使用しているクラウドサービスを選択して、登録していきます。
登録は1つ1つになりますので、根気よくお願いしますね。
アプリの追加が完了したら、ログアウトして、一般ユーザーでのアプリ登録について説明いたします。

015-企業利用アプリ登録

一般ユーザーアカウントでログインします。

016-個人ごとアプリ登録

一般ユーザーでログインすると、そのユーザーで利用出来るアプリ一覧が表示されます。
一般ユーザーで追加出来るアプリは、管理者が登録したアプリとなりますので、御注意ください。
もし、管理者の登録したアプリ以外で使用したいアプリがある場合には、管理者へ連絡し追加登録をしてもらえるようにしてください。

一般ユーザーでは、アプリの追加ボタンをクリックすることで、管理者が用意したアプリ一覧から選択します。

017-個人ごとアプリ登録

追加が完了したら、アプリへサービスで利用するIDとパスワードを入力します。

018-個人ごとアプリ登録

020-アプリID・PW変更

追加したアプリの全てにIDとパスワードを登録した後、実際にシングルサインオンが出来るか試してみましょう。

一旦、SKUID Web管理画面からログアウトします。

先程、Chromeに追加したSKUIDプラグインをクリックし、ログインしたいアプリをクリックします。

022-アドオンからシングルサインオン

今回は、BiND Cloudサービスへのログインを試してみました。

023-アドオンからシングルサインオン

024-アドオンからシングルサインオン

いかがでしょうか。

必要な作業としては、ChromeのSKUIDプラグインへログインするだけで、あとは、使いたいアプリをクリックするだけで、クリックしたクラウドサービスのIDとパスワードの入力は必要ないので、楽になったかと思います。
















こちらのブログも参考になるので覗いてみてね(>_<)

弊社も愛用!Facebookページを自分仕様に変えたいなら、BiND Cloudを使うのが一番!!!

BiNDクラウドパートナー

弊社では、ホームページを作る時に、BiND 2の頃から、愛用しているのですが、いかんせん、その頃のBiNDは、全く良くなかったと言って過言ではありません。

でも、BiND 4くらいになると、突如、良くなると同時に、開発側がエンドユーザーサイドの意見を取り入れながら製品作りを始めたので、格段に良くなりました。

そして、BiND 7になると、WordPressとの連携が出来るようになりました。
発売直前の頃、弊社も製品テストに参加させて頂いて、評価していたのですが、その過程では、WordPressは、デジタルステージのレンタルサーバでしか連携出来ない仕様で搭載されていました。
でも、製品テストをしているユーザーの殆どが、今使用しているサーバにアップロード出来なければ購入しないという意見が多数を占め、結果、製品として販売を開始する時には、現行サーバへのアップロードも出来るソフトとして販売されました。

それから、BiND 8になり、レスポンシブ対応のテンプレートも多く採用され、WordPressを使うよりも、BiNDで管理した方が楽じゃない!?という考えも出てきました。

そうこうしている、現行のBiND 9が発売になると同時に、

BiND CloudというBiND 9の機能そのままにサイトを作成・管理・運用が出来るツールへと進化しました。

私も、最初は、BiND 9を購入し、管理していたのですが、月額あるいは年額を払えば、データも保持してくれるし、オプションで購入しないといけない機能も全て、盛り込まれて使えるので、今では、BiND Cloudでサイトを作成・運用・管理をしています。
いくつかのお客様には、私が契約しているBiND Cloud上でサイト編集をしてアップさせて頂いておりますが、お客様自身でサイトを編集したいという時には、私の契約したものでは、他のサイトの情報も見られてしまうので、お客様自身で契約をしていただいて、使用して頂き、判らないところなどは、私がお客様のアカウントを使わせて頂いてサポートを行っています。

そんな、BiND Cloudを簡単に紹介してみますね。

BiND Cloudには、

最新手法を用いた静的ホームページ
Wordpressを用いた動的ホームページ
自分仕様のFacebookページ

といったページ作成テンプレートに加えて、

PC・スマホ両対応のレスポンシブ
ショッピングカート
フォーム機能
Webフォント

が使え、これらを快適に運用するための

サーバ機能

も搭載しています。

ホームページを作るというと、

他にも有名なソフトウェアが多数ありますが、

Facebookページを簡単に作成して公開出来る機能を持ったソフトウェアというのは、

極めて少ない!!!

というのが現状です。

そんな中、BiND Cloudでは、カンタンに作成出来るんですね。

テンプレートとしては、

企業紹介
店舗紹介
クラブ・サークルなどのコミュニティページ
既定のFacebookページを少し変えたようなシンプルデザイン

が用意されています。

元々、Facebookページは、

ビジネス向け用途

に用意されたページなので、この程度のテンプレートが用意され、カンタンに編集出来、公開出来れば、十二分だったりします。

こういったテンプレートが無かった頃には、

独自にデベロッパーサイトに各種の設定を施して、公開するという手の込んだ面倒なことをしないといけませんでした。

そういった操作を全て、盛り込んでテンプレートを編集するだけで公開が出来てしまうので、Facebookページに自分色を付けたいと思っていた人には、非常に有益なソフトウェアだと思っています。

本当は、もっとFacebookページ専用テンプレートを用意して欲しいというのが正直なところですが、元々、そこまで、カスタマイズが許された仕様ではないので、この位のテンプレートが用意されているだけでも、十分なのかなって思っていたりもします。

そうそう、Facebookページって、自分で編集出来るスキルがあれば、時間をかければいいのですが、そうでなければ、専門業者に依頼をする必要があります。

そうなると、大体、制作費として、下は5万くらいから、上は30万だったり、それ以上だったりします。

しかも、ホームページ同様に、それなりにコンテンツを変更していく必要があるので、管理費として月額1万から5万程度を見積もる必要があります。

それが、BiND Cloudなら、テンプレートを編集していくだけでいいので、実質BiND Cloudを使用する費用として、

プロコースなら、月額約3000円
ビジネスコースなら、月額約9600円

で、Facebookページが運用出来るので、コスト削減にも繋がります。

そして、巨大なFacebookですから、上手に集客をすれば、売上にも貢献出来るホームページ

もとい、Facebookページへ育っていきます。

さて、BiND Cloudは、Facebookページにも使えることを説明させて頂きましたが、ここで、BiNDクラウドを紹介する動画がありますので、ご覧になってみて頂ければ、より判りやすいかと思います。

紹介動画
BiNDを簡潔にご理解頂けます。

いかがでしたでしょうか。

ちょっと使ってみたいなぁって思いませんか。
今使っているホームページ作成ソフトでもいいのですが、バージョンアップ等々を考えると、BiND Cloudなら、そんなことを考える必要もないんです。

ちなみに、BiNDクラウドの詳細な説明ですが、下記アドレスへアクセスして頂きますと、現在、BiNDクラウドが所有する全ての機能について、1つ1つ説明がされております。

詳細はこちら

このページの内容で、ほぼ網羅されておりますので、ご覧になってみてください。

また、もし使ってみたくなったという場合には、下記アドレス内にある申し込みフォームから、申し込んでみてください。

BiNDクラウド紹介ページ兼申し込みページ

Facebookページの編集機能につきましては、エントリーコースでも可能になっておりますが、一部機能制限がありますので、お申し込みされるようでしたら

プロコース

でご利用いただくことをオススメいたします。

ちなみに、初年度は無料になっておりますので、まずは、実際の画面を見ながら使ってみて、次年度に入るまでにプロコースへアップグレードして頂くのも一つの方法かと思っております。

BiNDクラウド紹介ページ兼申し込みページ

不明な点は、有償対応になりますが、弊社でも受けておりますので、ご連絡頂ければと思います。