[無料]相手が誰かドキドキしながらチャットしませんか!?

見知らぬ誰かとチャットが出来たらやりますか!?

そんなチャットツールが

ChatPad

です。

毎回、毎回違う人とチャットすることになります。

誰かと話したい!
誰かに聞いて貰いたい!
誰かと話をして気を紛らせたい!

といった感情になったら、是非、このチャットを使ってみてください。

毎回の新鮮な出会いで何かが変わるかもしれませんよ。














弊社も愛用!Facebookページを自分仕様に変えたいなら、BiND Cloudを使うのが一番!!!

BiNDクラウドパートナー

弊社では、ホームページを作る時に、BiND 2の頃から、愛用しているのですが、いかんせん、その頃のBiNDは、全く良くなかったと言って過言ではありません。

でも、BiND 4くらいになると、突如、良くなると同時に、開発側がエンドユーザーサイドの意見を取り入れながら製品作りを始めたので、格段に良くなりました。

そして、BiND 7になると、WordPressとの連携が出来るようになりました。
発売直前の頃、弊社も製品テストに参加させて頂いて、評価していたのですが、その過程では、WordPressは、デジタルステージのレンタルサーバでしか連携出来ない仕様で搭載されていました。
でも、製品テストをしているユーザーの殆どが、今使用しているサーバにアップロード出来なければ購入しないという意見が多数を占め、結果、製品として販売を開始する時には、現行サーバへのアップロードも出来るソフトとして販売されました。

それから、BiND 8になり、レスポンシブ対応のテンプレートも多く採用され、WordPressを使うよりも、BiNDで管理した方が楽じゃない!?という考えも出てきました。

そうこうしている、現行のBiND 9が発売になると同時に、

BiND CloudというBiND 9の機能そのままにサイトを作成・管理・運用が出来るツールへと進化しました。

私も、最初は、BiND 9を購入し、管理していたのですが、月額あるいは年額を払えば、データも保持してくれるし、オプションで購入しないといけない機能も全て、盛り込まれて使えるので、今では、BiND Cloudでサイトを作成・運用・管理をしています。
いくつかのお客様には、私が契約しているBiND Cloud上でサイト編集をしてアップさせて頂いておりますが、お客様自身でサイトを編集したいという時には、私の契約したものでは、他のサイトの情報も見られてしまうので、お客様自身で契約をしていただいて、使用して頂き、判らないところなどは、私がお客様のアカウントを使わせて頂いてサポートを行っています。

そんな、BiND Cloudを簡単に紹介してみますね。

BiND Cloudには、

最新手法を用いた静的ホームページ
Wordpressを用いた動的ホームページ
自分仕様のFacebookページ

といったページ作成テンプレートに加えて、

PC・スマホ両対応のレスポンシブ
ショッピングカート
フォーム機能
Webフォント

が使え、これらを快適に運用するための

サーバ機能

も搭載しています。

ホームページを作るというと、

他にも有名なソフトウェアが多数ありますが、

Facebookページを簡単に作成して公開出来る機能を持ったソフトウェアというのは、

極めて少ない!!!

というのが現状です。

そんな中、BiND Cloudでは、カンタンに作成出来るんですね。

テンプレートとしては、

企業紹介
店舗紹介
クラブ・サークルなどのコミュニティページ
既定のFacebookページを少し変えたようなシンプルデザイン

が用意されています。

元々、Facebookページは、

ビジネス向け用途

に用意されたページなので、この程度のテンプレートが用意され、カンタンに編集出来、公開出来れば、十二分だったりします。

こういったテンプレートが無かった頃には、

独自にデベロッパーサイトに各種の設定を施して、公開するという手の込んだ面倒なことをしないといけませんでした。

そういった操作を全て、盛り込んでテンプレートを編集するだけで公開が出来てしまうので、Facebookページに自分色を付けたいと思っていた人には、非常に有益なソフトウェアだと思っています。

本当は、もっとFacebookページ専用テンプレートを用意して欲しいというのが正直なところですが、元々、そこまで、カスタマイズが許された仕様ではないので、この位のテンプレートが用意されているだけでも、十分なのかなって思っていたりもします。

そうそう、Facebookページって、自分で編集出来るスキルがあれば、時間をかければいいのですが、そうでなければ、専門業者に依頼をする必要があります。

そうなると、大体、制作費として、下は5万くらいから、上は30万だったり、それ以上だったりします。

しかも、ホームページ同様に、それなりにコンテンツを変更していく必要があるので、管理費として月額1万から5万程度を見積もる必要があります。

それが、BiND Cloudなら、テンプレートを編集していくだけでいいので、実質BiND Cloudを使用する費用として、

プロコースなら、月額約3000円
ビジネスコースなら、月額約9600円

で、Facebookページが運用出来るので、コスト削減にも繋がります。

そして、巨大なFacebookですから、上手に集客をすれば、売上にも貢献出来るホームページ

もとい、Facebookページへ育っていきます。

さて、BiND Cloudは、Facebookページにも使えることを説明させて頂きましたが、ここで、BiNDクラウドを紹介する動画がありますので、ご覧になってみて頂ければ、より判りやすいかと思います。

紹介動画
BiNDを簡潔にご理解頂けます。

いかがでしたでしょうか。

ちょっと使ってみたいなぁって思いませんか。
今使っているホームページ作成ソフトでもいいのですが、バージョンアップ等々を考えると、BiND Cloudなら、そんなことを考える必要もないんです。

ちなみに、BiNDクラウドの詳細な説明ですが、下記アドレスへアクセスして頂きますと、現在、BiNDクラウドが所有する全ての機能について、1つ1つ説明がされております。

詳細はこちら

このページの内容で、ほぼ網羅されておりますので、ご覧になってみてください。

また、もし使ってみたくなったという場合には、下記アドレス内にある申し込みフォームから、申し込んでみてください。

BiNDクラウド紹介ページ兼申し込みページ

Facebookページの編集機能につきましては、エントリーコースでも可能になっておりますが、一部機能制限がありますので、お申し込みされるようでしたら

プロコース

でご利用いただくことをオススメいたします。

ちなみに、初年度は無料になっておりますので、まずは、実際の画面を見ながら使ってみて、次年度に入るまでにプロコースへアップグレードして頂くのも一つの方法かと思っております。

BiNDクラウド紹介ページ兼申し込みページ

不明な点は、有償対応になりますが、弊社でも受けておりますので、ご連絡頂ければと思います。







Facebook求人アプリってのがあるんですねぇ、ちなみに今は転職のみらしいです。

Facebookって、確かに企業向けサービスに使いやすいと言われていたけど、さすがに、Facebook上で、求人をするようなアプリが出てくるとは思っていなかったけど、出てきましたねぇ。

転職用Facebookアプリ

今のところ、インターネット業界(広告、メディア、ゲームなど)に特化したFacebook求人アプリのようですが。

でも、Facebookを使っているなら、既にアカウントがあるんだから、1クリックでカンタンに会員登録が出来ちゃいますよね。

それも、完全無料で使えるんです。

退会も至って簡単みたいで、Facebookアプリの削除か解除をするだけで退会と見なすんだそうです。

今のところ、転職に特化しているようですが、そのうち、普通の求人にも使われれるようになるんでしょうねぇ。

そうそう、転職って、結構、周りの目って気になるんですよね。

それが、Facebook上で出来るんですから、端から見たら、転職活動しているようには見えないかもしれませんね。

求人チェックも、無料キャリア相談も、チャットも全てFacebook上ですからねぇ。






[無料]通信規制でもスムーズにYoutubeが視聴できるサイト

低速回線でもyoutubeを快適に視聴できる
無料ツールをご紹介いたします。

低速でもYoutube

使い方は簡単。
フォームに好きなキーワードを入力して、
検索するだけです。

画質は少々落ちますが、
動画の視聴が困難になるほどではないと思います。

外出先や通信規制でお困りの時に
利用されてみてはいかがでしょうか。

SlowTube






[無料]地図で地震を確認できるツール

過去に発生した地震を地図で
確認することができます。

地図で地震を確認できるツール

使い方は簡単。
右のメニューから
表示したい日時を選ぶだけ。

毎日更新されていますので、
最近発生した地震から
過去の地震まで、
震源地別に確認できます。

地震の頻度の多さから
日本が改めて地震大国だったということを
思い知らされます。

一度利用されてみてはいかがでしょうか。

日本の地震の地図



格安スマホに乗り換える時の条件ってなんでしょうねぇ

格安スマホで悩むな!

こんにちは。

今日は、格安スマホについて、書いてみたいと思います。

かく言う私も、格安スマホを数年間検討をしているのですが、ようやく、仕組みとトクになる場合を見極められるようになったので、折角ですから、皆さんと情報を共有したく投稿してみます。

テレビのCMや雑誌、折り込みチラシと、ありとあらゆるところで、格安スマホはオトクですよって騒いでいますよね。

でも、なんで、格安スマホは、格安でサービスを提供出来るの!?って、常に思っちゃいませんか?

私も、そういう一人です。

で、調べて見ました。

そうしたら、そういうことかぁ!!!と納得のいく結論に至りました。

まず、格安たる由縁です。

格安スマホキャリアは、MVNOと呼ばれる自社の通信設備を持たない会社のことを指し、通信量の相場が、

数年前 1GBあたり1000円程度
最近  3GBあたり1000円程度

と3分の1になっています。

———- PR ———-
次世代ローコストスマホ・ニフティのMVNOサービス「NifMo」

————————–

なんで、たった数年で3分の1の相場になったのかと言うことですが、格安スマホキャリアは、大手キャリアから、通信回線をレンタルしています。

この通信回線のレンタル料が、5年以上前では、月額1000万円以上だったものが、今では、月額100万円前後でレンタルすることが出来るようになったのだそうです。

これが、いいことなのかどうなのかは、微妙なのですが、使う側からしたら、キャリアの通信回線のレンタル料が、使う側の利用料金に直結するので、ありがたい限りです。

でも、当然、世の中、これだけ、スマホ・タブレット・パソコンがネットに接続し通信をするので、必然として、高速になっていくことを望んでいます。
それに追いつけ追い越せと言った具合で、キャリアは通信設備に投資をしていく必要があるのですが、その投資に見合う利用料金になっているのかが不安な面もあります。

それでも、大手キャリアの利用料は、諸外国に比べたら高いと言われていますから、悩ましいところです。

話しを戻しましょう。

結果として、現在は、利用料金が「格安」たるに相応しい料金まで下がっているのは確かです。

じゃぁ、大手キャリアも利用料金を抑えて、格安スマホ並みにしてくれればいいのにって思うんですが、なかなかそうもいかないのが難しいところ何でしょうか。

そしたら、格安スマホに乗り換えるメリットとデメリットって、どこにあるの?って思いますよね。

そうなんです。

格安スマホに乗り換えてトクをするか否かは

通話時間

にかかってくるんです。

例えば、大手キャリアのプランでは、通話かけ放題を付けるのが当たり前ですよね。

というか、これしか用意されていなかったりしますよね。

※最近、ライトプランをこぞって出してきていますが、それでも格安スマホキャリアには叶わないのが現状です。

———- PR ———-
バイバイ!キャリアスマホ!格安スマホでもストレス無く使える「OCNモバイルONE」

————————–

で、使用料金を比較すると

大手キャリアの場合
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通話かけ放題で、5GBで5000円。
基本使用料などと合算すると月額8000円以上になります。

格安スマホキャリアの場合
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通話はかけ放題ではなく従量制なので、5GBで2000円前後。
大体皆さん、ひと月あたりの通話を平均すると70分程度と言われているので、そうすると、月額4500円程度になります。
通話は従量課金制なので、仮に通話をしなければ、月額2000円前後になるということになります。




このように、大雑把に比較したとしても、

安い時で、差額が6000円
タクサン通話しても、差額が3500円

ということになるので、これだけでも、格安スマホを使うメリットはありますよね。

ここまでの説明で軽く触れていましたが、

実は、格安スマホにするかしないかは、

あなたのひと月あたりの通話時間で判断することになるのです。

その判断基準ですが、

大体2時間30分未満であれば、

格安スマホの方が月額が安く抑えることが出来ます。

次に通話品質についてですが、使用している通話回線は、大手キャリアが使用している回線をレンタルしているので、まったく問題は無いと考えて大丈夫です。

データ通信については、少々品質が格安スマホキャリアごとに変わってきます。

1本当たりのデータ回線に何人のお客様を収容するかにもよるのですが、先に述べたように回線のレンタル代も格段に下がったこともあり、どこの格安スマホキャリアにおいても、回線投資をすることが出来てきているので、通常利用で見れば、ストレス無く使えると判断して問題ありません。

格安スマホが誕生した頃は、ネット契約が主流でしたが、今では、大手キャリアのように店舗を持ったり、家電量販店の一角を借りて構えたりと対面サービスも出来るようになっています。

ただ、根強くネット契約が残っているのは、身分証など身元を証明する方法として、スマホで撮影したものを提出するだけで契約が出来るようにシンプルになっている部分もあります。

なお、大手キャリアと違って、格安スマホキャリアでは、固定メールアドレスが用意されていないのが殆どです。
キャリアによっては、固定メールアドレスを付与しているところもあります。

もしセキュリティなど、気になるようであれば、キャリアがサービス提供しているメールサービスを使ったり、固定メールアドレスを付与しているところを使うことをオススメします。

固定メールアドレスが付与されない格安スマホを利用する場合には、Gmailやhotmailといったフリーメールアドレスを取得して、スマホのメールアプリに設定をし使うことが出来ます。

でも、最近では、SMS(ショートメッセージサービス)やLINEがあれば、事足りるという方もいらっしゃるかと思いますので、メールアドレスについては、それほど、考えなくても問題ないのかもしれません。




いかがだったでしょうか。
これから、新しい生活をする上で、スマホを変えたいといったことを考えている方は沢山いると思います。

アプリの課金、ApplePayなどのクレジットカードをスマホに入れてしまったり、SuicaやEdyといった電子マネーもスマホに入ってしまいます。
そして、ポイントカードもスマホに入っているというスマホは電話だけではなく、財布としても機能するようになっています。

そのため、新しい生活を送る中で、いまや通信費は、食費を追い越すくらいの比率になっていることは確かです。

是非、懐具合の負担にならないように、この記事を参考に、スマホを洗濯してみて頂ければと思います。

また、最近では、スマホでテザリングを行い、パソコンやタブレットをインターネットへ接続することも出来るようになっています。

データ通信量がかさむため、データプランを上げざるを得ないと言うことにあるかと思います。

通常、ご自宅の電話回線を光回線に変えてインターネットを使えるようにする方法もあるのですが、それとは別に、スマホのようなデータ通信用端末を用意して、光回線を引かずに自宅でインターネット環境を作り上げる方法があります。

———- PR ———-
CMで話題!世界最速インターネット回線「NURO 光」

ドコモ光を申し込むなら来店不要の「GMOとくとくBB」

特典対象によくあるオプション加入が一切いらない「ソフトバンク光キャンペーン」

特典対象によくあるオプション加入条件なし「auひかりサイト」

————————–

それが、WiMAXやPocketWiFiと呼ばれる端末を経由してネットに接続するという物です。速度は、さすがに光回線には及びませんが、データ通信端末は、カバンに入れて持ち運ぶことが出来、いついかなる時でもパソコンやタブレットでインターネットに接続することが出来ます。

もし、戸建てではなく、マンションやアパート、外出が多いといった環境下の方は、検討してみる価値は十二分にあると思います。
ランニングコストを考えると、光回線に比べて格段に費用を抑えることが出来ます。

———- PR ———-
初期費用を安く!データ通信速度も早い・安心・オトク!「Yahoo!Wi-Fi」

家でも外でも快適インターネットUQ WiMAXの「Broad WiMAX」

————————–



[無料]本格的なエニアグラム診断ができるツール

エニアグラムとは、
カウンセリングやコーチングの分野で
実用性が高い性格診断として有名で、
プロが活用しているツールです。

本格的なエニアグラム診断ができるツール

エニアグラムでは、
個人の特性を9つのタイプに分類します。

この分類に従って、
人事採用をしている企業もあるくらいです。

あなたも、自分をもっと深く知るための
ツールとして利用されては如何でしょうか?

エニアグラム無料診断



[無料]懐かしい画像が共有できるツール

ノスタルジックな画像を
共有できます。

懐かしい画像が共有できるツール

facebookアカウントで
ログインすれば誰でも投稿可能で、
画像と年代を一緒に登録します。

年代順に画像を投稿することで、
移り変わりを知ることができます。

昔の風景って、実際に知らなくても
何だか懐かしい気持ちになりますよね。

ちょっと息抜きに、画像を
ご覧になってはいかがでしょうか。

Timeslip



[無料]弁護士が開発した残業代推計・証拠確保できるソフト

現在、ブラック企業による
サービス残業が問題視されています。

弁護士が開発した残業代推計・証拠確保できるソフト

そのような労働者を、
ブラック企業から守る目的で
弁護士が開発した無料アプリです。

使い方は簡単。
スマホのGPS機能と手入力により、
日々の労働時間を記録します。
この記録は、サーバーに保管され、
残業代を請求する際に
証拠として利用可能です。

しかも、ユニークなのは、
残業代を請求したくなったら、
近所の弁護士に、サーバーに記録した
労働時間の記録を送って、
相談・依頼まで出来ます。

サービス残業でお悩みの方は
利用されてはいかがでしょうか?

残業証拠レコーダー



[無料]国のあらゆるオープンデータを一括検索できるツール

経済産業省が
オープンデータ活用のために
開発したツールです。

国のあらゆるオープンデータを一括検索できるツール

国が公表したあらゆるオープンデータを
ダウンロードすることができます。

各種統計、調査報告書など、
マーケティングの調査などの業務で
役立てることがでるデータが掲載されてます。

また、ダウンロードランキングもあるので
注目度の高いデータをダウンロードも可能です。

情報収集に一度利用されてみてはいかがでしょうか。

Open Date METI