Googleからスマホアプリから簡単設定出来る無線ルータGoogle WiFiが発売になりますね

Googleが家庭向け無線ルータを投じてきました。

その名も「Google WiFi」です。

当然のごとく、11ac準拠のルータで、最近の無線LANルータでは、当たり前のように搭載するようになった

  • 混雑していない最適な帯域に自動接続する機能
  • ペアレンタルコントロール機能
  • メッシュ機能
  • ビームフォーミング機能

といったものが搭載されています。

ルータって、意外と設定が複雑というところがあって、弊社のような機能を十二分に活かす設定が出来る人が設定するというものだったんですが、そこはGoogle!

そういった複雑な設定を、サラッと出来ちゃうようにしちゃいましょう。

さらには、無線LANルータというと、物陰に置かれ、通信速度が低下しがち!という概念を覆すために、デザインも、Googleのスマートスピーカのように、円筒形でインテリアとして置いても遜色のないものにしましょう。

といった観点から生まれたようですね。

そのため、設定には、GoogleのPlayストアからダウンロードできる設定アプリ「Google WiFiアプリ」を使って、アプリの指示に従って設定をしていけば設定完了!

というものなんだそうです。

さらにさらに、ゲストネットワークの構築も出来るようで、家族のネットワークに客人が入り込めないように出来たりも出来るそうです。

値段も、1台15,000円と、それほど高くないので、使ってみる価値はありそうですね。

現在のところ、楽天ブックスを始め、大手量販店などで購入が出来るようです。

一応、下記にネット通販が好きな人用に、楽天ブックスから購入できるリンクを貼っておきますね。

 

Google Wifi

Google Wifi 3Pack

【緊急】始まりました!Googleのモバイル・ファースト・インデックス対応が!

兼ねてからGoogleからアナウンスのあった、

モバイル・ファースト・インデックス

ですが、3月27日からランキングに使用する

  • クロール
  • インデックス
  • ランキング・システム

について、

デスクトップ版 から モバイル版

に移行を開始したアナウンスが出されました。

今後、検索結果には、モバイル仕様のサイトが優先的に表示されるようになります。

そのため、Webサイトも、

デスクトップ版

モバイル版

が揃っているところが上位ランキングの条件になります。

そのため、

  • モバイル版に対応していないサイト
  • デスクトップ版とモバイル版で内容が大幅に違うサイト

については、検索順位が落ちていくことがあるそうです。

また、読み込みスピードが遅いサイトも検索順位を落とす要因にもなるようですよ。

 

ネットからの集客を見込んで、Webサイトを作っていたけど、モバイル版サイトは、二の次と後手にしていた場合には、注意が必要です。

モバイルフレンドリーに、これからは、ある程度、費用を捻出して対応していかないと、

ネットからの集客は激減する

可能性がありますね。

 

これを機会に、対応を急いだ方がいいかもしれません!
BiND Cloud紹介動画

BiND Cloudプロコース
BiNDクラウドパートナー

Googleが提供している無料の商品検索動向調査ツールが意外と便利かも。

今のところ、検索対象は、アメリカのみなので、ちょっと使い方を工夫する必要がありますね。

例えば、輸入して商品を売りたいと考えた場合、それがアメリカで販売されている商品であれば、チェック可能です!

さらに、その商品のみならず、今後日本に流行を呼ぶと考えられる商品を検索して、仕入れるか仕入れないかを判断する材料としても使えますね。

ちなみに、「Google Shopping Insights」は、

人気商品
トレンド商品

といったものをチェックするだけではなく、その商品に対して、

・年齢階層別のボリューム
・平均年齢
・性別
・世帯所得別のボリューム
・世帯所得の中央値
・世帯主か扶養者か

といった情報も取得出来るんだそうです。

そうなってくると、お店の販売計画や仕入数などの参考にも使えるって事になりますね。

これだけの機能を無料で提供しているのですから驚きです。
通常でしたら、これだけの機能は有償で提供されるものです。

でも、やっぱり、Google太っ腹ですよね。

こうやって、無料で機能を提供して、いいものがあれば売るというやり方。
見習いたいけど、裏のことを考えると、そう簡単にはいきませんよねぇ。

Googleのキッズ向け科学実験アプリ「Science Journal」がアップデートされていました

2010年からプログラミングが必須となる小学生には、触れておくと良さそうなGoogleのアプリ「Science Journal」がアップデートされていました。

(^_^;)すいません。ここ最近、私のアンテナが鈍くなっているようです。もっとシッカリしなくてはです。

このScience Journalですが、少し前までは、英語だけだったので、初めての方には、ちょっと敷居が高いというか、どうやって使ったらいいのか判らないっていうのが正直なところでした。

でも、今回、アップデートされたことで、Android版は日本語対応しました。
iOS版も日本語対応って思って、iPadに入れてみたのですが、日本語の表示がされなかったので、今のところ英語のママなのかなって感じです。

これは仕方ないでしょうかね。

Science Journalの最初に入っている機能は、

環境光(ルクス)
音量(dB)
直線加速度計(m/s2)
加速度計 X軸(m/s2)
加速度計 Y軸(m/s2)
加速度計 Z軸(m/s2)
気圧計(hPa)
コンパス(度)
磁力計(μT)

を視覚的に見ながら計測出来るようになっています。

もし、お子さんにスマホを持たせているようなら、Science Journalを入れて、身近に起きている出来事を体感させながら視覚的に見るというのは良い勉強になるのではと思っています。

意外とスマホって、いろんなセンサーを持っているモノなんだなぁって気付かされます。

例えば、普段生活している空間の音量を記録したり、その日の気圧を記録したりと、生活と繋げた実験を考えると楽しいんじゃないでしょうか。

自分で考える実験とは別に、Googleガイドには、無数の実験が用意されています。
※残念ながら、このガイドは英語だけなので、一歩引いてしまう可能性はありますが、物怖じせず、試してみていただければと思うところです。

また、Arduinoとの連携など、今開発系で多く使われているチップキットと連携すれば、さらに実験出来ることが広がるようです。

Google Driveに、MacやWindowsから自動バックアップ出来る「Backup and Sync」が使えるようになるみたいです。

6月28日に公開予定になるGoogleの新サービス「Backup and Sync」で、パソコン丸ごとバックアップが可能になるかもしれないんです。

バックアップ対象は、ユーザーが選択した「ファイル」「フォルダ」をバックアップならびに同期出来るんだそうです。

一応、Google Driveでは、15GBまでは無料の範囲で利用出来るのですが、それ以上は、有料プランになるんですよね。
今のところ、有料プランは、月額250円を払って100GB、月額1300円を払って1TB、月額39000円払うと30TB使えるんです。

この容量って、Gmailの使用量も含んでいるので、実際、どの程度使えるかってところですね。

私の場合、15GBのうち、13GBをGmailで使っているので、このまま今回使えるようになる「Backup and Sync」は、2GB弱しか使えないって事になっちゃうんですよね。

容量は、のちほど考えることとして、バックアップというのは、

今まさに自分が目にしているフォルダ構造のまま同期が出来る

というのが一番良い方法だと私は思っています。

それが、「Backup and Sync」で出来るってことなんですから、バックアップをする時の転送速度が快適に使えるようであれば、使ってみたいと思っています。

リリースされた時に使って、どこまで使い続けられるか試してみたいと思います。

インターネット経由で安全にバックアップ!大塚商会
無料で使える クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)
Yahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤採用。大容量1TB&365サポートにパワーアップしたレンタルサーバーZenlogic
「国内最安級500円」のミニサーバー GMOクラウド ALTUS 
ラブライブ!コラボキャンペーン

「ECショップ運営が効率化できる複数ネットショップ一括管理サービスTEMPOSTAR(テンポスター)」
無料サービス資料ダウンロードはこちら

「手厚い接客と効率運営ができるネットショップ構築サービスCARTSTAR(カートスター)」
無料サービス資料ダウンロードはこちら

WordPressをアマゾンウェブサービスで始めよう!
自分のお店のアプリが持てる!【月額1,750円のみ】続々増加中♪

月350円〜!WordPress使うなら「SiteLock」でWebセキュリティ診断
















こちらのブログも参考になるので覗いてみてね(>_<)

[無料]Google提供!類似データを検索してくれるサービスはいかがですか

気になるキーワードとよく似たパターンのキーワードと検索回数などを表示してくれるツールが、

Google Correlate

です。

Googleトレンドは、単純にキーワードの検索回数などの推移を表示してくれるものですよね。

でも、Google Correlateは、Googleトレンドに加えて、キーワードとよく似たパターンのキーワードと検索回数などの推移を表示するようになります。

例えば、「南アルプス」を検索してみると、

キャンプ 用品
コールマン
コテージ
キャンプ 場
キャプテン スタッグ
湖 キャンプ 場
バンガロー
美瑛
高原 キャンプ
キャンプ

といったように、関連したよく似たパターンのキーワードと検索回数を表示してくれます。

面白いですよね。

加えて、CSVデータとしてエクスポートも出来るんです。

このように関連したデータが判ると、ホームページを作る時に便利に使えるかもしれませんね。





[無料]Googleが提供している容量無制限の画像・動画保存ツール

Googleが提供している容量無制限の画像・動画保存ツールを紹介します。

Google フォト

使い方は至極簡単です。

Googleのアカウントでログインし、写真や動画をアップロードするだけです。

スマホもPCも専用ソフトがあるので、簡単にアップロード出来ちゃいます。

私も愛用していますが、ある時、スマホが壊れて、保存していた写真がパーになったことがあります。
その時、何かいい方法ないかなぁということで、このGoogleフォトに常にアップする設定しました。
もちろんスマホの場合は、パケット量に準じて料金が発生する場合があるので、アップロードはWi-Fiに限る設定にしています。

それからというもの、安心してスマホを使っています。

ちなみに、写真や動画のバックアップの保存タイプは「高品質」または「元のサイズ」から選択できますが、オススメは、「「高品質」です。

なぜかというと、「高品質」では、1600万画素までの写真と1080Pまでの動画を、容量制限なく無料で保存できるからなんです。

このサイズを超える場合は縮小されるんですが、普通に閲覧・印刷する分には、十二分な品質です。しかも、解像度をほぼ維持しながら保存してくれます。

一度しか撮ることの出来ない、思い出の写真や動画をクラウドサーバー上に保存しておきたいと考えているなら、是非使ってみてください。







[無料]サーバーダウン状況を調査する無料ツール

GoogleやFacebook、Dropboxなど、ネット上の主要サービスのサーバーダウン状況を調べてくれる無料ツールを紹介します。

サーバダウンを調べる

このツールの最大のポイントはその掲載量です。
下にスクロールするとわかりますが、
日常生活で使っている
ほとんどのサイトを網羅されています。

例えば、

・Gmail
・facebook
・Instagram
・Twitter
・LINE
・Amazon
・PokemonGO
・Skype
・Dropbox

など、掲載量が圧倒的です。

いつも使っているサービスが使えないと、不安ですよね?

原因がサーバーダウンなのか?
使えないのは、自分だけなのか?
不安になりませんか?

そんな時は、このツールで
調査されてはいかがでしょうか。

ダウンディテクター






[無料]通信規制でもスムーズにYoutubeが視聴できるサイト

低速回線でもyoutubeを快適に視聴できる
無料ツールをご紹介いたします。

低速でもYoutube

使い方は簡単。
フォームに好きなキーワードを入力して、
検索するだけです。

画質は少々落ちますが、
動画の視聴が困難になるほどではないと思います。

外出先や通信規制でお困りの時に
利用されてみてはいかがでしょうか。

SlowTube






[無料]地図で地震を確認できるツール

過去に発生した地震を地図で
確認することができます。

地図で地震を確認できるツール

使い方は簡単。
右のメニューから
表示したい日時を選ぶだけ。

毎日更新されていますので、
最近発生した地震から
過去の地震まで、
震源地別に確認できます。

地震の頻度の多さから
日本が改めて地震大国だったということを
思い知らされます。

一度利用されてみてはいかがでしょうか。

日本の地震の地図