【アップデート】あの「おもいでばこ」に待ちに待ったWindows用アプリが公開されました!

今まで、「おもいでばこ」を使う人は、

iOSアプリ
Androidアプリ
Mac用アプリ

で使っていたと思うのですが、3月14日(水)付けで、ようやく

Windows用アプリ

が公開になったんです。
PCの世界では、PCユーザの過半数を占めるWindows用アプリがようやくリリースというのは、ちょっと驚きですが、これで、Windowsを使っていた人の中には、ようやく重い腰を持ち上げ、

おもいでばこ」を使ってみるか!

って人が出てくると思われますね。

ちなみに、「おもいでばこ」って何ができるの?って、根本的なことですが、カンタンに説明すると「おもいでばこ」にPCのHDD/SSDを圧迫していた写真や動画を「おもいでばこ」に移動して、管理できるようになったり、Windows上で表示・再生、そして出し入れが出来るようになるというわけです。

そうなると、スティックPCをテレビに繋いで使っている人にも使えるようになるってワケですね。

ちなみに、ちっちゃな対応アップデートに、

HEVC
4K
Live Photos

の取り込みにも対応したそうです。これは、iPhoneが対象かな!?

ちなみに、Windows用アプリの公開に合わせて、iOS用・Android用・Mac用アプリもアップデートされているそうです。
今回のWindows用アプリ公開によって、ファームウェアもアップデートされているので、フル機能を使いたい場合には、ファームウェア・アップデートは必須ですね。

おもいでばこ 1TB PD-1000S

【送料無料】BUFFALO おもいでばこ 11ac対応モデル(1TB) ホワイト PD-1000S [PD1000S]【KK9N0D18P】

おもいでばこ 2TB PD-1000S-L

【送料無料】BUFFALO おもいでばこ 11ac対応モデル(2TB) ホワイト PD-1000S-L [PD1000SL]【KK9N0D18P】

Google Driveに、MacやWindowsから自動バックアップ出来る「Backup and Sync」が使えるようになるみたいです。

6月28日に公開予定になるGoogleの新サービス「Backup and Sync」で、パソコン丸ごとバックアップが可能になるかもしれないんです。

バックアップ対象は、ユーザーが選択した「ファイル」「フォルダ」をバックアップならびに同期出来るんだそうです。

一応、Google Driveでは、15GBまでは無料の範囲で利用出来るのですが、それ以上は、有料プランになるんですよね。
今のところ、有料プランは、月額250円を払って100GB、月額1300円を払って1TB、月額39000円払うと30TB使えるんです。

この容量って、Gmailの使用量も含んでいるので、実際、どの程度使えるかってところですね。

私の場合、15GBのうち、13GBをGmailで使っているので、このまま今回使えるようになる「Backup and Sync」は、2GB弱しか使えないって事になっちゃうんですよね。

容量は、のちほど考えることとして、バックアップというのは、

今まさに自分が目にしているフォルダ構造のまま同期が出来る

というのが一番良い方法だと私は思っています。

それが、「Backup and Sync」で出来るってことなんですから、バックアップをする時の転送速度が快適に使えるようであれば、使ってみたいと思っています。

リリースされた時に使って、どこまで使い続けられるか試してみたいと思います。

インターネット経由で安全にバックアップ!大塚商会
無料で使える クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)
Yahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤採用。大容量1TB&365サポートにパワーアップしたレンタルサーバーZenlogic
「国内最安級500円」のミニサーバー GMOクラウド ALTUS 
ラブライブ!コラボキャンペーン

「ECショップ運営が効率化できる複数ネットショップ一括管理サービスTEMPOSTAR(テンポスター)」
無料サービス資料ダウンロードはこちら

「手厚い接客と効率運営ができるネットショップ構築サービスCARTSTAR(カートスター)」
無料サービス資料ダウンロードはこちら

WordPressをアマゾンウェブサービスで始めよう!
自分のお店のアプリが持てる!【月額1,750円のみ】続々増加中♪

月350円〜!WordPress使うなら「SiteLock」でWebセキュリティ診断
















こちらのブログも参考になるので覗いてみてね(>_<)

最近、HDD容量が巨大化しているので、バックアップもシッカリしないとね。

私は、もっぱらMacを99.9%使ってきているので、それほど、バックアップに不満はないのですが、世の中、殆どがWindowsですし、主要なビジネスソフトもWindowsが多数を占めているので、そんな中でシッカリバックアップが取れるソフトがあればと探していたのですが、最近、TopTenREVIEWSというサイトで、バックアップソフトウェア部門で、Gold Awardを受賞しているソフトがあったので、どうなんだろうと思い、調べて見ました。

ちなみに、Macは、Time Machineという機能が標準で搭載されていて、ファイルの差分はもちろんのこと、HDDが故障して交換した後でも、近々でバックアップしたイメージから復元が出来る機能が普通に使えているので、この程度くらいのものでWindowsのものという観点で探していました。

で、話しを戻しますが、Windowsというと大体、「Acronis True Image」というソフトが有名です。
私も、一時、このソフトで、バックアップをしていました。
最初の使い始めは、たまたまHDDを買ったら、それに付属ソフトとして付いてきたのですが、意外と判りやすく使いやすかったので、使い続けてきました。
今も、このソフトでバックアップしている外付けHDDが複数あります。

このソフトのちょっと気になるところとしては、動作が重いというところです。
大抵は、作業をしない時間帯にバックアップスケジュールを取ったり、イメージ取得したりしているんですが、それでも、使っている最中と言うことも度々あり、そういったときには、PC自体の動きが重たく感じるのがちょっと!?といったところでしょうか。

そんな中、現れたのが、NovaBackupなのですが、今まで、このソフトを作っていた会社は、サーバ関連のバックアップに特化していたかと思うのですが、そこが、サーバー関連のバックアップ技術を一般向けに応用したとのことで、結構期待しているところです。

また、最近のWindows OSは、Windows 10になり、従来のBIOSがUEFI規格になって、セキュリティも高くなり、カンタンにブートディスクを作るのが困難になってきていたという経緯もあります。
そんな中、NovaBackupは、従来BIOSはもちろんのこと、UEFIにも対応しているので、安心してバックアップが出来ます。

例えば、MacのTime Machineのように、ドライブのフルバックアップ後は、差分バックアップを行いたいといった場合には、NovaBackupにおいても、「ドライブバックアップ」を選択した後、バックアップするドライブを選択した後、スケジュールを設定するのですが、スケジュール設定時に、週1回フルバックアップを行い、その他の日は、変更されたファイルをバックアップする差分バックアップをするように設定しておけば、あとは勝手にバックアップをしてくれるので、安心してPCを使っていけます。

ただ、注意が必要なのは、OSを含むドライブの復元をするには、起動ディスクが必要になるので、このスケジュールを組んだ時に、一緒に起動ディスクを作っておくことがポイントです。

あとは、障害が起きた時には、起動ディスクからPCを起動して、バックアップしておいたドライブイメージを指定して実行すれば、直近の状態までPCを戻してくれます。









[無料]Windows・Mac・iOS・Android各種のWebブラウザでサイトをチェック作業が出来る無料ツール

ブラウズチェック

ホームページを作っていると各OS・各ブラウザで、どんな風に表示されるか確認したいと思いますよね。そんな時に便利な無料ツールをご紹介致します。

BrowserStack

このサイトは、ブラウザの仮想環境を提供しているサイトで、無料と有料サービスが用意されています。

無料版の場合は、20分までの制限が付いています。

数ページ程度のサイトなら、20分もあれば、隅々までチェック出来ちゃいますね。

そして、ブラウザも今や多岐にわたりますが、考えられるブラウザは殆ど網羅されています。

もちろん、

Windows でも、
Mac でも、
iPhone でも、
iPad でも、
Android でも、

チェックすることが出来ます。

サイト運営者のみならず、個人的に試してみようかなぁって感じで使ってもいいですね。