オーディオ機器みたいだけど、15台同時接続出来るNASなんです

最近のデータ処理は、みんなで共有して共同作業というのが増えていますよね。

そんな中で、気になるのが、NASを導入したけど、NASにデータを保存したはいいけど、読み書きが遅くて使い物にならないっていうことが多いんですよね。

そこで、NAS導入時に気にするところは、ネットワークスピードと言うよりは、NAS自体の処理能力と言うことになります。

まず、着目すべきは、

同時接続数

になります。

当然のことながら、同時接続数が多ければ多いほど、高価なNASになるのは必然です。
確かに、高価なNASを導入すれば、快適に使えるんですけど、意味も無くオーバースペックのNASを入れるのは意味がありませんよね。

そんな中、法人向けなのに、手軽に使えて、小規模オフィスで利用するのには最適なNASがあればなぁって思いながら、各メーカーのホームページなどを徘徊していたところ、これくらいならというものがありました。

同時接続数15台という、小規模オフィスや部門オフィスで使うのには十二分な性能かなと言う感じです。
しかも、オフィスには、ちょっとデザインがオーディオ機器っぽい感じなので、どうかな!?って思うかもしれませんが、最近の小規模なオフィスは、アットホーム的な雰囲気な感じなので、いいかもしれませんね。

で、どんなの!?ってことなんですが、エレコム製Linux搭載NASになります。

グレードは、2TBから8TBまでありますが、何れのグレードも、

RAID0 か RAID1

でバックアップできるようになっています。

データの読み書き重視なら、RAID0
データ保持重視なら、RAID1

といった使い分けになります。

さらに、面白い機能として、無停電装置UPSとの連動にあります。
通常、UPSはネットワーク対応でなければ、NAS1台に対してUPS1台になるんですが、このNASの場合は、NAS1台にUSB接続でUPSを接続しておけば、ネットワーク上にぶら下がっている同機種シリーズのNASにシャットダウン命令を出せるという機能が備わっています。
これって、一種の経費削減になりますよね。

ということで、製品名ですが、2TBのものの場合ですが、

NSB-3MS2T2BLV

【在庫目安:あり】【送料無料】ELECOM NSB-3MS2T2BLV NetStor/ NSB-3MSVシリーズ/ BOX型LinuxNAS/ 2Bay/ 2TB

NSB-3MS4T2BLV

【送料無料】ELECOM NSB-3MS4T2BLV NetStor/ NSB-3MSVシリーズ/ BOX型LinuxNAS/ 2Bay/ 4TB【在庫目安:僅少】

NSB-3MS6T2BLV

【送料無料】ELECOM NSB-3MS6T2BLV NetStor/ NSB-3MSVシリーズ/ BOX型LinuxNAS/ 2Bay/ 6TB【在庫目安:僅少】

NSB-3MS8T2BLV

【送料無料】ELECOM NSB-3MS8T2BLV NetStor/ NSB-3MSVシリーズ/ BOX型LinuxNAS/ 2Bay/ 8TB【在庫目安:僅少】

という機種になります。

監視カメラ録画用HDDの交換

今回は、5年以上使っていた法人向け外付けHDDのディスクが未認識状態に陥り、マウントされなくなったので、これからの運用方法も兼ねて検討しました。

法人向けUSB3.0の外付けHDDなので、普段からアラートを監視しながら使用していればいいのですが、監視カメラの録画用HDDだったため、アラートに気付かず、今回のような全ディスク未認識に陥ってしまいました。

取り敢えず、ディスク1本1本が壊れているかを確認してみたのですが、フォーマットをすれば使えそうであることは判りました。
ということは、本体側に異常があると言うことで、既にサポートも切れていたため、今回は、修理をすることを断念しました。
データについても、監視映像だったため、警察に提出するような自体になったときの映像は既に抜き出し、警察に提出していたことから、消えたとしても問題なしと言うことで、このHDDの代わりになるHDDを検討することにしました。

ちなみに、使用していたHDDは、HDDを4本搭載でき、RAID構成ができ、RAIDの種類も「5/10/1/0」と比較的安全性・高速性・容量がバランス良く配分出来るモノを使っていました。
運用時の構成は、購入当初はRAID10で構成していました。
RAID10は、耐障害性があり且つ、高速性があるので、この構成にしていたのですが、使用出来る容量は、搭載ディスク容量の半分と言うことになるので、ここがネックでした。後日、容量を取る形で、ある程度高速性を維持したいと言うことで、RAID5で運用していたのですが、RAID5なので、当然のことながら1本故障しても、故障したHDDを正常なHDDに入れ替えれば復旧するのですが、2本故障してしまうと復旧が不可能なんですよね。
今回は、4本全部ですから、復旧どころでは無かったわけです。

で、検討したのですが、本当は、RAID10で耐障害性と高速性を確保したいところなのですが、費用対効果と、必要な映像は、都度必要な時にデータに書き出すので、RAID構成で無くてもいいのではないかという結論に至りました。

そこで、普通の1本構成の外付けHDDで大容量で安価な4TBのHDDを選択したわけです。
それが、こちら、

メーカー:Buffalo
製品型番:HD-GD4.0U3D
小売価格:32,200円(税別)

です。
HDDのキャッシュの多くは、ソフトウェアの方で賄うことが多いのですが、このHDDはHDD側で1GB・DRAMキャッシュを持っているため、通常のUSB3.0の速度よりも3割ほどですが早くデータの保存やコピーが出来るわけです。
加えて、冷却ファンとエアフロー設計により、空気の流れを最適にし、ユニット自体の温度上昇を抑える効果もあるんです。
これだけの効果がありながら、コストパフォーマンス的にも優れています。

>【送料無料】 バッファロー BUFFALO 外付HDD 4TB[USB3.0・Mac/Win] HD-GDU3Dシリーズ HD-GD4.0U3D[HDGD4.0U3D]

価格:24,280円
(2017/4/6 16:51時点)
感想(0件)