2018年7月24日(火)から、Google Chromeにおいて全HTTPサイトに警告表示になりました!

7月24日(火)から、

SSL(https)化がマストになった「Chrome 68」ですが、Googleも本気になりましたね。

即日で、非HTTPS化していないサイトへ警告が出るのかな?

と思っていたのですが、とりあえず、7月下旬から開始ってことのようです。

SSL(https)化において、レンタルサーバでは、有料・無料提供のどちらを採用しているかで、サーバを借りているユーザは、費用対効果で悩むところではありますね。

弊社の場合は、人柱ならぬサイト柱として、

非HTTPSサイト

の状態で、今暫く運用していってみたいと思っています。

というのも、アクセス解析で、どの程度、検索順位などに影響を与えるのかを見定めたいというところもあるからです。

さらには、今、弊社が検証している

アクセスアップ方法

において、非HTTPS状態が、問題になるのかも見定めていきたいと考えているからです。

もし、ご興味があるようであれば、お問い合わせください。

さて、とりあえず、Googleの方針に合わせて、急遽ならずとも、SSL化に踏み切ったところは多数あるかと思います。

弊社がサポートした方々には、この日のことがあったので、サーバを移行するだとか、サイトリニューアルをするといった場合には、最初からSSL化での運用を視野にした、ご案内をさせていただきました。

そこで、SSL化に伴って、SSL証明書については、レンタルサーバ側で代行してくれることが殆どですので、話しを省きまして、SSL証明書が発行され、SSL化された後のサーバ設定について、簡単ですが触れてみたいと思います。

まず、SSL化した後、一番最初に行うのが、今まで、

http://www.example.com/

でアクセスしていたサイトが、

https://www.example.com/

でアクセス出来るかを確認します。

レンタルサーバ側から、証明書の設定が完了しました!と連絡があると、そこから、サーバ側では、httpsでアクセス出来るようにするために、DNSの伝搬が行われます。
早いところで、数分から数時間、遅いと半日から1日かかるようです。
それまでは、

Forbidden

と表示され、サイトが表示されない場合があるので、今からSSL化をするところは注意をしてくださいね。

この問題も解決し、いよいよ、

https://www.example.com/

でアクセス出来るようになると、Webサーバでは、

http://www.example.com/

でも、

https://www.example.com/

でもアクセス出来る状態になっているんです。

折角、SSL化しても、

https://www.example.com/

で常にアクセスされなければ意味がありませんよね。

そこで、

https://www.example.com/

でアクセスして貰えるように、サーバに少しだけ手を加えます。

それが、「.htaccess」というファイルに、httpでアクセスしてきたらhttpsに転送(リダイレクト)するように記述することになります。

サーバによっては、「.htaccess」の作成を許していない場合がありますが、その場合には、これから説明する命令を書き込む管理画面が用意されていると思いますので、そちらと併せて、ご覧になってください。

実は、

http://www.example.com/

でも、

https://www.example.com/

でもアクセスが出来てしまうと、Googleさんに重複コンテンツがあると誤認識されてしまう可能性があるんです。

このまま誤認識されてしまうと、SSL化をしたところは、揃って

SEOのために!

が主だと思いますので、SEOが下がってしまう可能性があります。

そこで、古くからアクセスしてきてくれているユーザも新規のユーザも、httpでアクセスしてきたら、httpsへリダイレクトしてあげる心遣いをしてあげるんです。

それが「.htaccess」になります。
その中身は、至ってシンプルで、もし記述が判らないようであれば、下記を参考に記述をしてみてください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

になります。ちなみに、希にサーバによっては、

RewriteCond %{HTTPS} off

が非対応になっている場合があり、その場合には、

RewriteCond %{ENV:HTTPS} !^on$

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example\.com

と記述して貰えば大丈夫です。

最終的には、こんな感じで記述すれば万全です。


# www none
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example\.com
RewriteRule ^(.*) https://example.com/$1 [R=301,L]

# 301
RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !^on$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]


いかがでしょうか。

この記述が基本になりますが、この他、サーバーによっては、IPアドレスを記述しないと無限ループに陥ってしまったり、OptionでSymLinksの記述が必要だったりしますが、このような特殊ケースは、サーバ側のヘルプに記載手順が書かれていますので、SSL化するときには、事前の準備をしておくことが大切ですね。

【備忘録】WordPressを常時SSL化するときの注意点!

サーチエンジン最適化(SEO)のための施策として、最近話題になっているのが、

サイトの常時SSL化

ですよね。

未だ、常時SSL化していない弊社サイトが注意点を述べるのもおこがましいんですが、いろいろなところのサポートをしている中で、WordPressに至っては、少々手順を間違えるとダッシュボードにすらログインできなくなってしまうので、ちょっとの注意をして作業をすることで、ロックせずにスムーズに常時SSL化をする事が出来るので、備忘録程度の情報になりますが、投稿させてもらいます。

まず、常時SSL化するにあたり、何が必要なのかというと、

1.SSL証明書の取得と有効化
2.Wordpressの設定変更
3.既存ページの内部リンクを置換
4.リダイレクト設定の追加・修正
5.HTTPSでの全ページチェック

というものです。

それでは、順番に説明しましょう。
1番、殆どがレンタルサーバを使用しているのであれば、提供側に申し込むことで取得が出来、有効化も完了するかと思います。

2番、SSLの有効化が完了したら、Wordpressの「設定」→「一般」にある

WordPress アドレス (URL)
サイトアドレス (URL)

にある「http://」を「https://」に変更します。

3番、内部リンクの置換は、手動で行っても良いのですが、

Search Regex
SSL Insecure Content Fixer

を使って手間をかけずにHTTPS化することが出来ます。

4番、リダイレクト設定には、Wordpressのプラグインを使う方法とサーバならではの.htaccessを使う方法の2通りがあります。もし、.htaccessを使えるのであれば、こちらをオススメします。
ただ、Wordpressで完結したい場合には、Wordpressプラグインを入れて使うのもいいかと思います。
ここで、WordPressプラグインですが、

Really Simple SSL

になります。

以上で、WordPressの常時SSL化が完了となります。
あとは、全ページチェックをすることになります。

最後に、何かの手順間違いで、WordPressの管理画面にログインできなくなってしまうと言うことも考えられます。
そんな時には、SSL化に伴って有効化したプラグインを一旦無効化して、管理画面にログインできるようにする必要があります。
その手順は、FTP上で作業を行えば良いのですが、プラグインは、「plugins」フォルダに入っています。
このフォルダの名前を「plugins.hold」に変更し、新たに空の「plugins」フォルダを作成します。
これで、ダッシュボードにログインできるようになります。
続いて、今作成した空の「plugins」フォルダを削除して、「plugins.hold」を「plugins」に名前を戻します。
改めて、ダッシュボードで「プラグイン」を確認すると、すべてのプラグインが無効になります。

細かな設定方法は、ここでは記載しませんが、機会があれば記載してみたいと思います。

2017年中頃!Googleが検索に新アルゴリズム「MFI」を採用するみたいです

2017年中頃、そろそろの導入かと思われますが、Googleが新アルゴリズム

MFI (Mobile First Index) = モバイルファーストインデックス

が採用されるみたいです。

この新アルゴリズムですが、どうも、「ユーザビリティ」の「質」を評価して、検索結果に反映させるもののようです。

昨今、スマホでホームページを閲覧するユーザが増えていますが、このスマホユーザが、いかにストレス無くサイトを見られるように配慮されているかで評価され、それにより、良いサイト・悪いサイトを検索結果に反映させるみたいなんです。

今までは、取り敢えず、モバイルフレンドリーに対応していれば良かったみたいなんですが、これから、この新アルゴリズムが適用されると、単純にモバイルフレンドリーに対応しているだけでは、事が済まなくなってきてしまいます。
とりあえず対応していればというレベルのホームページは、

レイアウトが崩れる
文字が小さい
PC版に比べると見え方が極端に違う

こういったことが見受けられると評価が下がってしまうと言うアルゴリズムのようです。

意外と怖いアルゴリズムですし、評価対象が緻密になっていくって事になりそうです。
私の勉強するサイトに、新アルゴリズムに備えるためのチェックポイントを挙げた内容が掲載されていましたので、参考にしてみて下さい。

1.■ファーストビューで終わっているように見せない■
——————————————————–

例えば、ヘッダーに使っている画像が画面いっぱいに広がりすぎているような

レイアウトは改善する余地がありそうです

その下にコンテンツがある事に気づかず離脱されてしまうケースも少なくありません

ヘッダーで画面が覆われてしまうよりは、コンテンツが続ていると分かるように

配慮したレイアウトが良いかもしれません
2.■ボタンの配置は右手の親指重視■
——————————————————–

ある統計調査では

片手で操作している人の67%が右手親指で操作をしているそうです。

左で操作をしている方もいるかと思いますが、

データ上は右親指で操作することを想定したサイト作りの方がベターなようです。

という事は、左上に何らかのボタンを用意している場合は

操作しやすいように右上に配置するのもいいかもしれません

特に女性の場合は手も小さいので、

こういった気遣いはストレスを軽減してくれます
3.■文字の大きさだけは絶対に気をつける■
——————————————————–

これだけは何が何でも対応しておくべきポイントです

文字サイズはスマートフォンのユーザビリティの中でも非常に重要な要素です

文字が小さすぎても読みづらいし、大きすぎてもダメです

Google推奨の適正値は16pxとなっています

4.■ボタンはわかりやすく■

——————————————————–

パソコンだとボタンの上にカーソルを持ってくれば

色が変わるのでリンクされているボタンであることが直ぐに判断できますが

スマホサイト同じような効果がないので

ユーザは分かりにくい事もあります
リンクになっているボタンはわかりやすいようアイコンをつけたり

タップした後に色を変えるなどはできるので

いろいろと工夫してみるといいです。

5.■タップしやすくする■
——————————————————–

ボタンが小さくて、隣のボタンを押してしまった経験は誰でもあると思います。

実はこれがスマホユーザの一番のストレス原因になっています

タップのしやすさは徹底して注意しておきましょう

「タップ可能領域の最小サイズは44px × 44px 」となっています

6.■入力フォームは必要最低限にする■
——————————————————–
→入力項目が多い

スマホで文字を入力すること自体が結構手間だと感じる人も少なくありません

それなのに入力項目が多いと「やっぱりいいや」となってしまうケースも

ありますので可能な限り項目は減らしてあげるといいと思います
→入力項目に合わせてキーパッドを変える

郵便番号や電話番号など、数字を入力するところでは
数字入力のキーパッドになっているとストレスなく入力が行えます。

→入力補助を設定する

文字入力の手間を減らすために、
メールアドレスで入力サジェストを利用することや、
ふりがなや住所などで自動入力機能を利用するようにしましょう。

これらのことから、これからのホームページ作りは、

100%ユーザに配慮したホームページ作り

が検索順位を上げるための鉄則になっていきそうです。

そこで、あなたのホームページがモバイルフレンドリーになっているのか確認するためのサイトをGoogleが用意していますので、分析してみて下さい。

あなたのウェブページはモバイル フレンドリーですか?
分析はこちらからどうぞ!

ちなみに弊社ホームページを分析してみたところ、問題なくモバイルフレンドリーなサイトと評価されました。良かったぁ(*^_^*)

Google MFI分析結果

もし、あなたが今のホームページをモバイルフレンドリーに対応したページに作り替えたいなら、専門業者に頼むことも出来ますが、ランニングコストを考えると高く付く場合が殆どです。

そこで、オススメしたいのは、ご自身でホームページを作っていくと言うことです。
確かに、ホームページを作るというのは、ちょっと骨の折れる部分もありますが、専門業者には作って貰うのでは無く、ご自身で作っていく上でのサポートをして貰うようにすれば、ホームページ作りも何とかなります。

しかも、最近のツールやソフトウェアは、見栄えが良くGoogle検索に好感が持てるページを作ル事が出来ます。

そんなツールやソフトウェアは世の中には幾つかありますが、その中でも、

オススメ第1位
BiND Cloud「プロコース」

BiNDクラウドパートナー

第2位
ホームページ・ビルダー21icon
Just MyShop(ジャストシステム)

これら2つがオススメです。
このうち「BiND Cloud」は、アプリもクラウド上にあるので、パソコンへPC用ソフトウェアをインストールする必要がありません。
全てをGoogle ChromeやInternet Explorer上で出来てしまうので、モノによっては、スマホでもタブレットでも編集や更新が出来てしまいます。
また、流行のブログも気軽に出来る仕組みになっていますし、ブログをホームページ内の好きな場所に埋め込むことも出来てしまいます。
また、問合せフォームを簡単に作れてしまう仕組みもありますので、ホームページを公開するのに必要な機能は全て搭載されています。

是非、参考にしてみて下さい。

弊社も愛用!Facebookページを自分仕様に変えたいなら、BiND Cloudを使うのが一番!!!

BiNDクラウドパートナー

弊社では、ホームページを作る時に、BiND 2の頃から、愛用しているのですが、いかんせん、その頃のBiNDは、全く良くなかったと言って過言ではありません。

でも、BiND 4くらいになると、突如、良くなると同時に、開発側がエンドユーザーサイドの意見を取り入れながら製品作りを始めたので、格段に良くなりました。

そして、BiND 7になると、WordPressとの連携が出来るようになりました。
発売直前の頃、弊社も製品テストに参加させて頂いて、評価していたのですが、その過程では、WordPressは、デジタルステージのレンタルサーバでしか連携出来ない仕様で搭載されていました。
でも、製品テストをしているユーザーの殆どが、今使用しているサーバにアップロード出来なければ購入しないという意見が多数を占め、結果、製品として販売を開始する時には、現行サーバへのアップロードも出来るソフトとして販売されました。

それから、BiND 8になり、レスポンシブ対応のテンプレートも多く採用され、WordPressを使うよりも、BiNDで管理した方が楽じゃない!?という考えも出てきました。

そうこうしている、現行のBiND 9が発売になると同時に、

BiND CloudというBiND 9の機能そのままにサイトを作成・管理・運用が出来るツールへと進化しました。

私も、最初は、BiND 9を購入し、管理していたのですが、月額あるいは年額を払えば、データも保持してくれるし、オプションで購入しないといけない機能も全て、盛り込まれて使えるので、今では、BiND Cloudでサイトを作成・運用・管理をしています。
いくつかのお客様には、私が契約しているBiND Cloud上でサイト編集をしてアップさせて頂いておりますが、お客様自身でサイトを編集したいという時には、私の契約したものでは、他のサイトの情報も見られてしまうので、お客様自身で契約をしていただいて、使用して頂き、判らないところなどは、私がお客様のアカウントを使わせて頂いてサポートを行っています。

そんな、BiND Cloudを簡単に紹介してみますね。

BiND Cloudには、

最新手法を用いた静的ホームページ
Wordpressを用いた動的ホームページ
自分仕様のFacebookページ

といったページ作成テンプレートに加えて、

PC・スマホ両対応のレスポンシブ
ショッピングカート
フォーム機能
Webフォント

が使え、これらを快適に運用するための

サーバ機能

も搭載しています。

ホームページを作るというと、

他にも有名なソフトウェアが多数ありますが、

Facebookページを簡単に作成して公開出来る機能を持ったソフトウェアというのは、

極めて少ない!!!

というのが現状です。

そんな中、BiND Cloudでは、カンタンに作成出来るんですね。

テンプレートとしては、

企業紹介
店舗紹介
クラブ・サークルなどのコミュニティページ
既定のFacebookページを少し変えたようなシンプルデザイン

が用意されています。

元々、Facebookページは、

ビジネス向け用途

に用意されたページなので、この程度のテンプレートが用意され、カンタンに編集出来、公開出来れば、十二分だったりします。

こういったテンプレートが無かった頃には、

独自にデベロッパーサイトに各種の設定を施して、公開するという手の込んだ面倒なことをしないといけませんでした。

そういった操作を全て、盛り込んでテンプレートを編集するだけで公開が出来てしまうので、Facebookページに自分色を付けたいと思っていた人には、非常に有益なソフトウェアだと思っています。

本当は、もっとFacebookページ専用テンプレートを用意して欲しいというのが正直なところですが、元々、そこまで、カスタマイズが許された仕様ではないので、この位のテンプレートが用意されているだけでも、十分なのかなって思っていたりもします。

そうそう、Facebookページって、自分で編集出来るスキルがあれば、時間をかければいいのですが、そうでなければ、専門業者に依頼をする必要があります。

そうなると、大体、制作費として、下は5万くらいから、上は30万だったり、それ以上だったりします。

しかも、ホームページ同様に、それなりにコンテンツを変更していく必要があるので、管理費として月額1万から5万程度を見積もる必要があります。

それが、BiND Cloudなら、テンプレートを編集していくだけでいいので、実質BiND Cloudを使用する費用として、

プロコースなら、月額約3000円
ビジネスコースなら、月額約9600円

で、Facebookページが運用出来るので、コスト削減にも繋がります。

そして、巨大なFacebookですから、上手に集客をすれば、売上にも貢献出来るホームページ

もとい、Facebookページへ育っていきます。

さて、BiND Cloudは、Facebookページにも使えることを説明させて頂きましたが、ここで、BiNDクラウドを紹介する動画がありますので、ご覧になってみて頂ければ、より判りやすいかと思います。

紹介動画
BiNDを簡潔にご理解頂けます。

いかがでしたでしょうか。

ちょっと使ってみたいなぁって思いませんか。
今使っているホームページ作成ソフトでもいいのですが、バージョンアップ等々を考えると、BiND Cloudなら、そんなことを考える必要もないんです。

ちなみに、BiNDクラウドの詳細な説明ですが、下記アドレスへアクセスして頂きますと、現在、BiNDクラウドが所有する全ての機能について、1つ1つ説明がされております。

詳細はこちら

このページの内容で、ほぼ網羅されておりますので、ご覧になってみてください。

また、もし使ってみたくなったという場合には、下記アドレス内にある申し込みフォームから、申し込んでみてください。

BiNDクラウド紹介ページ兼申し込みページ

Facebookページの編集機能につきましては、エントリーコースでも可能になっておりますが、一部機能制限がありますので、お申し込みされるようでしたら

プロコース

でご利用いただくことをオススメいたします。

ちなみに、初年度は無料になっておりますので、まずは、実際の画面を見ながら使ってみて、次年度に入るまでにプロコースへアップグレードして頂くのも一つの方法かと思っております。

BiNDクラウド紹介ページ兼申し込みページ

不明な点は、有償対応になりますが、弊社でも受けておりますので、ご連絡頂ければと思います。