【動作不安定】何もしていないのにWindows10が何か変!そんな時にコレをしてみて!

Windows 10を使うようになってから、

動作が不安定なんだけど?
シャットダウンが出来ない!

という問合せを聞くことがあります。

これ!Windows 10特有の原因の可能性が潜んでいたりします。

Windowsって、以前から「起動が遅い」とか「シャットダウンが遅い」といったことが普通だったりしたんですが、Windows 10になってから、起動とシャットダウンを早くする機能が標準機能になったんです。

言うなれば、休止状態と似た動きをするものなんです。

その仕組みは、シャットダウン時に、RAMの内容を全て消すのでは無く、カーネルとドライバのイメージをハイバネーションファイルと呼ばれるファイルに保存してシャットダウンをするんです。そして、次回パソコンので電源を投入したとき、このハイバネーションファイルの内容を読み込むことで、前回シャットダウンしたときの状態を再現することになるので、起動時間を大幅に短縮する事が出来るんです。

ただ、この機能が仇になってしまうことがあります。

それは、OS自体が大幅に変わったときなど、設定が古いまま引き継がれた時に起こる不具合です。
設定が古いままでも、OSの動作に問題ない範囲であればいいのですが、その設定が希にOS自体に影響を及ぼす場合には、起動が遅くなったり、シャットダウンがなかなか終わらなかったりと言った状態になることがあります。

そんな時には、「高速スタートアップ」機能を一旦オフにして、様子見をしてみると動作が安定する場合があります。

「高速スタートアップ」のオン・オフの仕方は非常に簡単なので、試してみてください。

手順

  1. パソコンを起動し、ログインします。
  2. 画面左下スタートメニューを右クリックし、「電源オプション」をクリックします。
  3. 関連設定の「電源の追加設定」をクリックします。
  4. 別ウィンドウで電源オプションが開くので、左のメニューリストにある「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  5. ウィンドウ内、上から3行目くらいに「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックします。
    すると、ウィンドウ内下部にある「シャットダウン設定」の設定が出来るようになるので、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを一旦外します。
  6. 「変更の保存」をクリックし、再起動しましょう。

以上の手順で、上記で述べたハイバネーションファイルの内容が一旦リセットされます。
この状態で、少し使い続けてみてください。

この状態だと、起動やシャットダウンの時間が少々かかりますが、動作を安定させるための術と思って割り切ってくださいね。

その後、動作も安定した感が感じられるようであれば、上記の手順で改めて、高速スタートアップのチェックを入れて、快適にWindowsを使い続けていただければと思います。

Windows 10にしてから、ウィルス対策は「Windows Defender」だけって人いますよね!

Windows Defenderって、どこまで使えるんでしょうかねぇ(*^_^*)

私としては、ESETウィルス対策ソフトを使って頂くのがいいんですが。

確かに、Windows Defenderって、Windows 10のバージョンアップと共に、機能強化されていて、最低限のウィルス対策が可能なレベルになってきています。

よく、パソコンのサポートで、お客様のところへ伺うと、ウィルス対策に「Windows Defender」を使っている方が多く、パソコンの使い方次第では、「Windows Defender」だけでは、パソコンを守り切れないですよって伝えると、決まって返される言葉が、

お店で買ったときに店員さんにウィルス対策ソフトはこれで十分ですよ!

って言われたから、別にいいですよ!なんて言われちゃいます。

これを言われると、ウィルス対策ソフトに対する壁が出来てしまうので、致し方ないと言った状況です。

そこで、Windows Defender自身、どのような機能を備えているかというと、

  • ウイルスやスパイウェア、マルウェアなど、悪意のあるソフトウェアからのリアルタイム保護
  • システムのオフラインスキャンや不正なソフトウェアのクリーンアップ
  • 不正な通信を阻止するWindows Defenderファイアウォール機能
  • ルートキットやブートキットなど、システム起動時に活動するウイルスなどからの保護
  • ランサムウェアやウイルスなどからのデータ保護(コントロールされたフォルダアクセス)
  • クラウドベースの保護(不審なファイルなどをクラウド経由で問い合わせて判定する機能)
  • 「Windows Defenderセキュリティセンター」ツールによる一括管理
  • 不正なアプリやファイル、コンテンツなどのからの保護(SmartScreen)
  • 不正なプログラムの実行の阻止(Exploit Protection)

といった感じです。

今や、ネット上で無償配布されているウィルス対策ソフト並み、あるいはそれ以上の機能を備えていると言って問題は無いといった状況です。

ただ気になる点としては、ファイアウォールでしょうか。
ファイアウォールには、インバウンドとアウトバウンドにおいて制御をする聞こうがありますが、

インターネットからPCに向かってのインバウンド

に対しては、強固みたいですが、

PCからインターネットに向かってのアウトバウンド

に対しては、殆ど無制限で利用出来る状態になっているようです。

さらに、既にWindows Updateを適用していれば使える機能ですが、

コントロールされたフォルダーアクセス」

という2017年10月に提供が始まった「Windows 10 Fall Creators Update」で使える新機能で、最近問題視されている

ランサムウェアやウィルスなどからデータを保護する

という機能が備わるようになりました。

この機能によって、不正プログラムがデータを書き込もうとしたときに阻止することが出来る機能みたいです。

加えて、OSカーネルで不正なプログラムが読み込まれたり、実行されたりすることを阻止する「不正なプログラムの実行の阻止」も備わりました。

このように、かなり高度なウィルス対策ソフトになったと考えて十二分と考えます。

ただ、なんで、世の中では、有償のウィルスセキュリティソフトを推奨するのかなのですが、例えば、ウィルスらしき動作を検知する

ヒューリスティック
ふるまい検知

といったところは、有償の方が遥かに高機能とされています。

さらに、

迷惑メール(詐欺サイトへの誘導)
Webサイトの広告ブロック

といった機能は、Windows Defenderには備わっていません。

ある意味、一長一短と言ったところですが、より強固にパソコンを守りたいと考えるならば、有償のセキュリティソフトを使うことが望ましいと考えます。

[w7w10o2016u]Office2016の更新プログラムが取得・適用出来ないときの対処方法

Windows 7ならびにWindows 10に、Office2016をインストールしたのですが、なぜか、Windows Update時にOffice2016に関する更新プログラムが取得出来ないことがあり、その時の対処方法について書いてみたいと思います。

Office2016ですが、2種類のインストール方式が用意されていて、通常よく使われるのが、最近皆さんが使うようになっている、Office 365から提供のOffice2016になります。

このOffice 365から提供されるOffice2016は、

C2R (Click to Run)形式

という方式のモノで、このC2Rの優れているところは、インストール中でも使い始めることが出来るという点です。

そして、C2R版Office2016の更新プログラムの取得方法は、Windows Updateからではなく、Office2016自身が更新プログラムを取得する方式になっています。

これとは別に、企業など、必要数だけ契約して使用するボリュームライセンス契約というものがあります。こちらで提供されるOffice2016は、

MSI形式

という方式のものになります。
こちらのMSI版Office2016の更新プログラムの取得方法は、Windows Updateから取得するようになります。

C2R版Office2016は、自身で更新プログラムを取得するように設定されているので、今回の説明では割愛して、MSI版Office2016について、更新プログラム取得までの経緯について説明します。

深くまで調べていないのですが、今までは、コントロールパネルのWindows Updateを実行すると下図のような画面が現れ、
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-1
その一番下に、

「その他のマイクロソフト製品の更新プログラムを入手します。詳細情報の表示」

という項目があり、「詳細情報の表示」をクリックすると、取得する更新プログラムが、

Windowsの更新プログラムのみ

から

Microsoft UpdateからのWindowsと他の製品

に変更され、Office2016の更新プログラムが取得出来ていたのですが、今回は、どうも上手くいかないのです。

今回、「詳細情報の表示」をクリックしたところ、下図が表示され、そこに記述されている内容は、堂々巡りをしてしまう記述でした。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-2

調べてみたところ、Windowsのセキュリティレベルが上がった事によることと、Internet Explorer 11になったことで、互換表示しなければいけないページが正常に表示されないと言うことが判明しました。

そこで、

microsoft.com

を「互換表示設定」で互換表示するサイトとして追加しました。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-3

改めて、「詳細情報の表示」をクリックしたところ、下図のサイトが表示されることを確認しました。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-5

ここまで来れば、もう一息です。

「Microsoft Updateの使用条件に同意します。」にチェックを入れ、インストールをクリックします。

「Microsoft Updateは正しくインストールされました。」となれば、
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-6

Windows Update画面に於いて、
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-7

取得する更新プログラム:
Microsoft UpdateからのWindowsと他の製品

となって、「更新プログラムを確認しています」となり、下図のように更新プログラムが取得されるので、更新プログラムのインストールをクリックして、更新を適用してください。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-8

今回のポイントは、互換表示設定で「microsoft.com」を登録することです。

また、Windows 10においても、Office2016の更新プログラムは、標準で取得は出来ない仕様になっています。

そこで、「設定」から「更新とセキュリティ」をクリックします。
win10でoffice2016の更新プログラムを適用するには-1

Windows Updateに関する情報が表示されます。
この中で、重要なのは、更新プログラムの設定にある「詳細オプション」をクリックします。
win10でoffice2016の更新プログラムを適用するには-3

詳細オプション内にある、

「Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムも入手します。」

のチェックが外れているので、チェックを入れ、前の画面へ戻り、「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新プログラムを取得して適用してください。
win10でoffice2016の更新プログラムを適用するには-4