[w7w10o2016u]Office2016の更新プログラムが取得・適用出来ないときの対処方法

Windows 7ならびにWindows 10に、Office2016をインストールしたのですが、なぜか、Windows Update時にOffice2016に関する更新プログラムが取得出来ないことがあり、その時の対処方法について書いてみたいと思います。

Office2016ですが、2種類のインストール方式が用意されていて、通常よく使われるのが、最近皆さんが使うようになっている、Office 365から提供のOffice2016になります。

このOffice 365から提供されるOffice2016は、

C2R (Click to Run)形式

という方式のモノで、このC2Rの優れているところは、インストール中でも使い始めることが出来るという点です。

そして、C2R版Office2016の更新プログラムの取得方法は、Windows Updateからではなく、Office2016自身が更新プログラムを取得する方式になっています。

これとは別に、企業など、必要数だけ契約して使用するボリュームライセンス契約というものがあります。こちらで提供されるOffice2016は、

MSI形式

という方式のものになります。
こちらのMSI版Office2016の更新プログラムの取得方法は、Windows Updateから取得するようになります。

C2R版Office2016は、自身で更新プログラムを取得するように設定されているので、今回の説明では割愛して、MSI版Office2016について、更新プログラム取得までの経緯について説明します。

深くまで調べていないのですが、今までは、コントロールパネルのWindows Updateを実行すると下図のような画面が現れ、
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-1
その一番下に、

「その他のマイクロソフト製品の更新プログラムを入手します。詳細情報の表示」

という項目があり、「詳細情報の表示」をクリックすると、取得する更新プログラムが、

Windowsの更新プログラムのみ

から

Microsoft UpdateからのWindowsと他の製品

に変更され、Office2016の更新プログラムが取得出来ていたのですが、今回は、どうも上手くいかないのです。

今回、「詳細情報の表示」をクリックしたところ、下図が表示され、そこに記述されている内容は、堂々巡りをしてしまう記述でした。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-2

調べてみたところ、Windowsのセキュリティレベルが上がった事によることと、Internet Explorer 11になったことで、互換表示しなければいけないページが正常に表示されないと言うことが判明しました。

そこで、

microsoft.com

を「互換表示設定」で互換表示するサイトとして追加しました。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-3

改めて、「詳細情報の表示」をクリックしたところ、下図のサイトが表示されることを確認しました。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-5

ここまで来れば、もう一息です。

「Microsoft Updateの使用条件に同意します。」にチェックを入れ、インストールをクリックします。

「Microsoft Updateは正しくインストールされました。」となれば、
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-6

Windows Update画面に於いて、
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-7

取得する更新プログラム:
Microsoft UpdateからのWindowsと他の製品

となって、「更新プログラムを確認しています」となり、下図のように更新プログラムが取得されるので、更新プログラムのインストールをクリックして、更新を適用してください。
win7でoffice2016の更新プログラムを適用するには-8

今回のポイントは、互換表示設定で「microsoft.com」を登録することです。

また、Windows 10においても、Office2016の更新プログラムは、標準で取得は出来ない仕様になっています。

そこで、「設定」から「更新とセキュリティ」をクリックします。
win10でoffice2016の更新プログラムを適用するには-1

Windows Updateに関する情報が表示されます。
この中で、重要なのは、更新プログラムの設定にある「詳細オプション」をクリックします。
win10でoffice2016の更新プログラムを適用するには-3

詳細オプション内にある、

「Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムも入手します。」

のチェックが外れているので、チェックを入れ、前の画面へ戻り、「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新プログラムを取得して適用してください。
win10でoffice2016の更新プログラムを適用するには-4







[WinOSトラブル]Windows 7 with SP1をクリーンインストールした後のWindows Updateがコケる

最近は、Windows 10のインストールと環境設定ばかりで、ほぼトラブル無く設定していたのですが、2010年でサポートが切れるものの、周辺機器などがWinodws 10には対応していないと言うことで、OSはそのままでPC本体を新しくして、Windows 7のクリーンインストールをすることになりました。

Windows 7 with SP1のDVDを用意して、まずは、OS本体のインストールをしました。
これについては、難なく終えたのですが、この後、全てのパッチをあてるべく、Windows Updateを実行したところ、久々にエラーでWindows Updateが走らない状態に。

その時、出たエラーが、

 エラーコード:8007000E

です。

ここ最近、エラーコードとは無縁のサポートをしていたので、このエラーコードは見た覚えすら無いんですよね。

そこで、Microsoftサポートページで調べて見たところ、どうも、

Windows Update エージェント(Windows Update Client)

が最新版でないために起こるエラーであることが判りました。

ここまで判ってしまえば、対処のしようがあって、対処と言っても至極単純で、Windows Update エージェントの最新版を手動でインストールするということになります。

そこで、参考にしたサイトが、Microsoftサポートページの

Windows Update エージェントを最新バージョンに更新する方法

です。

基本的には、このページにある説明通りに対処すればいいのですが、カンタンに説明すると、

1.Windows Updateエージェントをダウンロードする。

ダウンロードするパッケージは、32bit版64bit版で変わってくるので注意すること。

2.ダウンロードしたパッケージを実行して、最新のWindows Updateエージェントをインストールします。

3.管理コンソールのサービスの中に「Windows Update」があるので、右クリックして、停止させ、再度、右クリックして、開始させます。

これで、最新のWindows Updateエージェントが実行されたので、改めて、コントロールパネルのWindows Updateを実行します。

こんな感じで対処することで、必要なパッチのダウンロードが始まります。