ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

【メール 既読 拡張機能】Gmailで相手がメールを読んだか確認できる機能拡張

XP ModeをWindows 10で動かす

スマホでAndroidを使えるようになり、ますますGmailの需要が増えています。
そして、副業をする人にとっては、Googleアカウントは当たり前のアカウントで、Googleのスプレッドシートを使って作業を受発注するというのは、至極当たり前の状況になっています。
そうなってくると、連絡は、Gmailを使うことになると思います。
人によっては、Skype、Chatwork、Messenger、LINE@といったSNSを併用して連絡を取っているということも事実です。

そこで思うことは、SNSのツールは、既読マークが付いたりするので未読が判断できるけど、Gmailの場合は、

メールを送信したものの、送信したメールを既読してくれているのか?

といった状態になってしまうのは仕方の無いところです。

でも、そんなGmailでも相手がメールを読んでくれたのかを判断できる機能拡張があるのです。
それが、

Mailtrack

と呼ばれるGmailの機能拡張です。

今回は、このMailtrackについて、機能の追加から使い方について説明したいと思います。

Mailtrackのインストール

Mailtrackの対応ブラウザは、Chrome、Firefox、Opraになります。

殆どの方は、Chromeを使っていてメールを読んだか確認したいと感じて、この記事に辿り着いていると思います。違うかな(^_^;)

さて、Mailtrackをインストールするには、

Chromeウェブストア – Mailtrack

に行き、「Chromeに追加」をクリックします。

インストールが始まると

「Mailtrack for Gmail 専用 Eメールのトラッキング」を追加しますか?

と聞かれるダイアログが表示されるので、「拡張機能を追加」をクリックします。


次に、Mailtrackに対してGmailへのアクセスを許可する画面に遷移するので、ここで、「Connect with Google」をクリックします。


以上でインストールが完了となり、「Go to Gmail」をクリックします。

ここで、あなたのGoogleアカウントに対してアクセス許可を促すダイアログが表示されるので、あなたのGoogleアカウントをクリックし、「許可」をクリックします。


以上でインストールは完了になります。


続いて、メールの送受信はどのようになるのか説明しましょう。

Mailtrackの見方

Gmailダッシュボードを表示すると、右上にMailtrackのアイコン、左サイドメニューに送信済みに緑のチェックが表示され、ラベルにチェック1つと2つが用意されていることに気付くと思います。


Gmailから送信が完了すると、チェック1つのラベルに表示されます。


ここは、まだ相手が、あなたのメールを読んでいない状態にあることを示します。
その証拠に、送信したメールの差出人の左に緑のチェックが1つ表示されている状態です。

あなたのメールを相手の方が読むと、チェック2つのラベルに表示されます。


その証拠に、送信したメールの差出人の左に緑のチェックが2つ表示されている状態です。

ちなみに、このMailtrackは、メール本文に埋め込まれているだけで、受信者にクリックして貰うと言ったことは全く必要がありません。
受信者がメールを読めば、自動的にMailtrackが既読情報を受け取る仕組みになっています。

受信者が下図のようにメールを読むと、

あなたのGmailに下図のメールが届きます。


このメールには、あなたが何時メールを送信し、相手が何時メールを読んだのかが時間で表示されています。

緑のチェックの入ったメールも、チェック1つから2つに変更になるので、チェック2つのラベルに振り分けられます。



これにより、相手が未読なのかが判断でき、長期間未読状態の場合、再度送信したメールについて、相手に問い合わせをし易いというわけです。

相手がメールを読んで既読情報が帰ってくる条件ですが、相手がプレーンテキストでメールを使用しているとMailtrackの情報が欠落し既読情報が帰ってこなくなります。
こればかりは、相手の方に御協力頂く必要がありますが、メールの取扱によるポリシーによってプレーンテキストしか使えなければ、Mailtrackは意味を成しませんので、御注意ください。

メールの送信手順

Mailtrackの機能は、

プレーンテキストモード

では機能しません。

ここ重要です。

いくらメールをGmailから出していても、送信するメールが「プレーンテキストモード」のメールでは、Mailtrackが機能しません。

そこで、ひと手間ですが、メールの作成ボタンをクリックしたときに下図のように署名の下に、緑のチェック2つと共に、

Sender notified by
Mailtrack

の表示がされていれば、プレーンテキストモードが解除されている状態ですので、メール送信を行うと既読確認が出来ることになります。

もし、メールの作成ボタンをクリックしたときに、下図のような表示がされた場合は、プレーンテキストモードになっている状態なので、「ACCEPT」をクリックします。

続いて、新規ウィンドウの右下のゴミ箱左にある縦の三つの点をクリックし、プレーンテキストモードをクリックし、チェックを外します。チェックを外したら、一旦新規メッセージウィンドウを「×」で閉じます。


改めて、メールの作成ボタンをクリックすると、プレーンテキストモードが解除された状態で新規メッセージウィンドウが開くので、この状態でメールを書き、送信します。

いかがでしたでしょうか。
メールでも送信相手が呼んだか読まないか確認したいと感じていたあなたにとって、便利な拡張機能だと思います。
是非、Gmailでメールの送受信をしているようであれば、Mailtrackをインストールしてみて試してみてください。

[KUSANAGI VPS DNS]Windows 10または、Windows 7のhostsファイル編集手順

XP ModeをWindows 10で動かす

ホームページが当たり前のように使われるようになった現在、レンタルサーバも何も設定しなくても、プランを選んで支払いが済めば、直ぐにホームページを公開できるようになっていますが、ドメインを保有していて、既に他のレンタルサーバで運用していると、「プランを選んで支払いが済めば公開。」という訳にいきません。

もちろん、別のドメインを取得して、取得したドメインで新たなサーバを借りるのであれば問題にはならないのですが、「サーバを移転する。」「ドメインは変えない。」といった場合には、現在のホームページは、移転先のサーバの準備が整うギリギリまで、ドメインの移転すら出来ません。

でも、移転先のサーバが、移転予定のドメイン環境下で、しっかり稼働するのかは確認しなければなりません。

そこで、仮の環境を、あなたのPC上に作り、移転予定のドメイン環境下で稼働するのかを確認するために必要なのが、「hosts」と呼ばれるファイルです。

このhostsファイルがどのような役割をしているのかというと、IPアドレスとホスト名の関連を記述し、あなたのPCからホスト名でホームページを開くときに、IPアドレスに変換してくれる役割を担っています。このファイルを使えば、稼働中のドメインを移行しなくてもテスト環境で稼働中のドメインを使ってテストすることが出来る言うわけです。

今回は、Windowsのhostsファイルの編集方法について説明します。

メモ帳を管理者権限で起動

hostsファイル自体は、Windowsによって保護されているため、普通にメモ帳で開いても保存が出来ない状態になっています。そこで、管理者権限でメモ帳を起動します。

今回は、Windows 7 と Windows 10について、起動方法を説明します。

Windows 7のメモ帳を管理者権限で起動する

[スタート] > [すべてのプログラム] > [アクセサリ]内にある「メモ帳」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

Windows 7 hostsファイル 編集 メモ帳 管理者権限

Windows 10のメモ帳を管理者権限で起動する

[スタート] > [Windowsアクセサリ]内にある「メモ帳」を右クリックし、[その他]内にある「管理者として実行」をクリックします。

 

hostsファイルを開く

Windowsのhostsファイルは、

c:¥Windows¥System32¥drivers¥etc

の中に「hosts」ファイルが保存されています。

そこで、メモ帳の「ファイル」から「開く」をクリックし、Cドライブから順にフォルダを辿って「etc」フォルダを選択します。

「etc」フォルダを選択するとファイルの一覧が表示されるのですが、メモ帳は基本設定として拡張子が「txt」を開く設定になっているので、「開く」ボタンの上に表示されている

テキスト文書(*.txt)

をクリックし

すべてのファイル(*.*)

を選択します。

すると、ファイルの一覧に「hosts」が表示されますので、「hosts」を選択し「開く」をクリックします。

 

IPアドレスとホスト名を記述する

hostsファイルを開くことが出来たら、hostsファイルの中にも「For example」で書かれているように、例えば、

  • IPアドレス 102.54.94.97
  • ホスト名 rhino.acme.com

であれば、

102.54.94.97    rhino.acme.com

と記述して保存します。

なお、IPアドレスとホスト名の間は、必ず“半角スペース”を最低1個入れて、IPアドレスとホスト名の区切りを明示します。

ここで、hostsファイル内の1文字目に「#」が入力されていますが、「#」が1文字目にあると、その行はコメントとしてみなされます。
そのため、サーバの稼働テストが終わったら、必ず、今追記したIPアドレスとホスト名の組み合わせを削除するか、一文字目に「#」を入れてコメントとして認識できるようにしなければ、サーバが本稼働したときに、いろいろな問題が発生します。

 

【クリーンインストール】パソコンが遅い!でもWindowsインストールメディアが見つからない!そんな時にはダウンロードで解決!

Windows 7 Windows 10パソコン 買い換え サポート終了

パソコンが遅いときの最終手段!クリーンインストール!

パソコンを長年使っているとパソコンが遅くなるってことが良くあります。
そんな時は、決まってやりますよね。

  • 不要なソフトを削除する
  • 不要なファイルを削除する
  • 常駐ソフトを見直す

そして、それでもパソコンの動作が重い感覚が解消されないときには、仕方なく、

Windows OSのクリーンインストール

を考える!となります。

でも、このクリーンインストールをするとなると、どうしても、重い腰を上げないといけないと言うことがあります。

それは、クリーンインストールをする上での下準備です。
私のところへ問い合わせをしてくる方にも多いのですが、クリーンインストールが簡単にできてしまう!って思っている方が多いんです。
クリーンインストールは、私のような技術者の腕と言うよりも、クリーンインストールをするPCを使っていたあなたの対応如何で、クリーンインストールがスムーズに進むか進まないかが決まってきます。
その理由の一つが、

クリーンインストールするためのWindows OSインストールメディアが手元にあるかないか!

といったことです。これキモです。

さらに、クリーンインストールをする場合、あなたがパソコンで使っていたソフトウェア、例えば、

年賀状作成ソフト
Microsoft Office(WordとかExcelですね(^^ゞ)

そして、あなたがパソコンを便利に使うためにインストールしていたソフトウェア群を全て用意しておかないといけないんです。
最近では、インストールしていたソフトウェアは、全てネット経由で購入し、購入先のユーザー名とパスワードがあれば、再インストール用セットアップファイルを改めてダウンロードできるといったケースも増えています。
その場合には、各種ソフトウェアをダウンロードしたWebサイトのユーザー名とパスワードを見つけておかなければいけません。

そして、最も重要なのが、あなたが今まで苦労して作成してきたデータのバックアップです。
パソコンをクリーンインストールすることになりますので、パソコンのハードディスク以外にバックアップする必要があります。
例えば、USBメモリを購入してきてバックアップをしたり、最近では当たり前に使うようになってきているクラウドにバックアップをします。
弊社では、USBメモリへのバックアップもいいのですが、クラウドへのバックアップも一つの方法として推奨しています。
弊社でお薦めしているバックアップ先は、

Office 365 サービス
Dropbox Plus

といったところを使うと便利ですよ。とご紹介しています。

さて、ここまで、クリーンインストールに必要な最低限のことをお伝えしましたが、ここで、良く耳にするのが、ソフトウェアは手元にあったり用意できるけど、Windows OSのインストールメディアがどうしても見つからない!って言われる方がいらっしゃいます。

最近のパソコンでは、パソコン自体にリカバリ領域と呼ばれる領域が用意されていて、そこからクリーンインストールを行う手順が用意されているパソコンがあります。こればっかりは、パソコンのマニュアルを参照していただく必要があるので、困ったときには弊社に問い合わせていただければアドバイスとサポートをさせていただくこともできますので、ご検討ください。

このようにリカバリエリアが用意されていないパソコンの中には、購入後、パソコンの初期セットアップ時にインストールメディアを作ってください。というパソコンもあります。このようなパソコンの場合は、インストールメディアを作るためのツールがインストールされているので、そのソフトを使ってインストールメディアを作成しておく必要があります。
この場合、インストールメディアを作成するために、片面DVDを4〜5枚必要とする場合があります。
こちらも、マニュアルを参照する必要があります。

今ご紹介した、リカバリ領域も用意されていない。インストールメディアも作成することが出来ない。そういったパソコンの場合には、Windows OSインストールメディアがパソコン購入時の箱に同梱されている場合が殆どです。
でも、購入時の同梱物って意外と紛失してしまっているんですよね。
そうなると、Windows OSインストールメディアを探すのは至難の業です。
そんな時に、役立つのが、Microsoftが用意していてくれる

Windows ISOイメージのMicrosoft公式ダウンロードサイト

です。
Windwos 7、Windows 8.1、Windows 10の限られたOSですが、ISOイメージをダウンロードすることが出来ます。
これは、嬉しいサービスです。
先日も、このサイトからISOイメージをダウンロードしてクリーンインストールを成功させたユーザー様がいらっしゃいました!

でも、Windowsはクリーンインストール出来たけど、Microsoft Officeのインストールメディアを紛失してしまって見つけることが出来ない!ということで、仕方なく、Office365を導入していただいたという方もいらっしゃいます。
Office365って、月額利用の出来るOfficeソフトですが、みなさん高く感じるって思っていらっしゃるんです。
でも、パソコンを購入するとき2万円から3万円を追加してOfficeを一緒に買っているんですよね。
ということは、Officeが入っていないパソコンを買えば、2万円から3万円安く買える。あるいは、2万円から3万円分機能が高いパソコンを買うことが出来るんです。
さらに、パソコンの買い換えって、早い人で3年。遅い人でも5年程度で新しいパソコンの購入検討すると言われています。
事実、弊社にパソコンの購入検討で相談されてくる方々も5年から6年程度で考えているのが実状です。
そうなると、Office365を月額で購入したとしても、5年後には、しっかり元が取れているってことになるんです。
それなら、新しいOfficeを使いたい。使う必要が出てきた。など、タイミングを見計らって、Office365を使い始めるのも一つの方法です。

ちなみに、Office365ですが、あなたがパソコンを数台持っているなら、5台までは、1つの契約でインストールできてしまうので、1台当たりの月額換算したら激安出利用出来るという計算になるんです。

ちょっと話しがWindowsのクリーンインストールから離れてしまいましたが、Windowsのクリーンインストールの機会にOffice365を検討してみてもいいかもしれませんね。

話しを元に戻して、Widnows再インストールに必要なWindowsのインストールメディアを公式サイトからダウンロードしてくる手順をご紹介します。

 

Windows ISOイメージダウンロードサイト

Windows ISOイメージのダウンロードは、

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/

から行えます。
もちろん、ダウンロードできるイメージファイルは、

Windows 10
Windows 7
Windows 8.1

の2種類で、それ以外は出来ませんので、御注意ください。

なお、イメージファイルをダウンロードするには、Windowsプロダクトキーが必要になりますので、準備をしておきましょう。
もし、プロダクトキーが手元に無い場合には、Nir Soferが開発した「ProduKey」を使って、今あなたが使っているWindowsのプロダクトキーを見ることが出来るので取得しておきましょう。
ProduKeyについては、弊社のブログで手順なども紹介(http://www.b-space.net/rescueproductkey/)していますので、参考にしてみて下さい。
なお、この公式サイトのイメージファイルのダウンロードですが、一部のメーカー製PCのプリインストール版の場合、そのプロダクトキーではダウンロードすることができない場合もありますので、その際には、メーカーからインストールメディアを有償にて取り寄せるか、Windows自体を購入するしか道は残っていませんので、その際には、諦めてください。

さて、本題のWindows ISOイメージファイルのダウンロードについてですが、OSのバージョンによって、若干ダウンロード手順が異なります。

Windows 7 の場合

Windows 7のISOイメージをダウンロードするには、どうしても、Windows 7のプロファクトキーが必要です。
パソコン本体にシールでプロダクトキーが貼られているものもあれば、購入時の梱包物の中にハガキ大、B6サイズ、ハガキ大くらいの台紙にプロダクトキーが貼られているものもありますので、ダウンロード前に準備をしてください。

Windows 8.1の場合

Windows 7のようにダウンロード時にプロダクトキーは要求されませんが、ダウンロードするエディションを選択する必要があります。
何も分からないようであれば、「Windows 8.1」のエディションをダウンロードしていただければ問題ありません。
さて、その他のエディションについてですが、

Windows 8.1 K
Windows 8.1 KN
Windows 8.1 N
Windows 8.1 Single Language

のエディションが用意されています。

通常、OSには、Windows Media Player、Messengerが同梱されていますが、この「K」や「N」の付いたエディションでは、次のような状態で、OSが配布されています。

「K」の付いたエディションは、Media Player、Messengerに加えて、他社製メッセージソフトへのリンクが入っています。
「N」の付いたエディションは、Media Playerが削除されています。
「KN」の付いたエディションは、Media Player、Messengerが削除され、代わりに他社製メッセージソフトへのリンクが入っています。

このようなエディションは、日本国内では問題視されないので、通常のエディションを使っていただければ問題ありません。

ここで、Windows 8.1とWindows 7では、ダウンロードしたISOイメージをDVDやUSBメモリに書き込むための機能が標準では準備されていないので、書き込みソフトを用意する必要があります。
その代表的なツールとして、Microsoftが公式に用意しているツールに、「Windows USB/DVD Download Tool」があります。
ISOイメージをダウンロードしたら、このツールを使って、DVDあるいはUSBにISOイメージを書き込んでおきましょう。

Windows USB/DVD Download Tool
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=56485

Windows 10の場合

Windows 10のISOイメージをダウンロードするページでは、「Windows 10更新アシスタント」と「メディア作成ツール」が用意されています。
今回のような、Windows 10のISOイメージを種と期したい場合は、「メディア作成ツール」を使うことになります。
なお、Winodws 10に至っては、ISOイメージをダウンロードすることも出来ますが、「メディア作成ツール」と呼ばれるだけあって、Windows 10のインストールメディアを直接作ることも出来ます。
ここでインストールメディアを作成する際には、起動メディアとして、USBメモリあるいは、DVDを選択でき、メディア作成の準備が完了すると、DVDであれば、4枚から5枚、USBメモリであれば、32GB程度の容量をもったUSBメモリを事前に用意しておく必要がありますので、直ぐに準備が出来ないようであれば、ISOイメージでダウンロードをしておき、後日、DVDを用意して起動DVDメディアを作成すれば宜しいかと思います。

但し、USBメモリの起動メディアを作る場合には、作ったことが無ければ、ISOイメージファイルをダウンロードしてから作成するのは、少々知識が必要になるので、このメディア作成ツールを使って、USB起動メディアを作っておくことをお薦めします。

OneDrive for Businessをネットワークドライブとしてマウントする手順

高速 パブリック DNS サービス

OneDrive for Businessを同期フォルダとして使うのは、至極当たり前の使い方ですが、OneDriveの同期フォルダのショートカットをデスクトップに作って使うというのは、面倒だったりします。

さらに、OneDrive for Businessの専用クライアント(画面右下の時計バーにある雲のアイコン)で同期すると、全てのファイルを同期してしまって、あなたのPCのディスク容量によっては、相当負担のかかってしまう状態になることもあります。

そこで、考えるのが、

OneDriveをネットワークドライブとしてマウントできないか!

ということです。

ただ、OneDriveをネットワークドライブとしてマウントした場合ですが、同期は出来なくなりますが、あなたのPCのディスク容量を圧迫することは無くなるので、かえって使い勝手のいいネットワークストレージになるという考え方もあります。

そこで、ネットワークドライブとしてマウントするための手順をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

信頼済みサイトの設定(前準備)

OneDriveは、WebDAVと呼ばれるネットワーク技術を使っています。
そのため、簡単にいってしまえば、「http://」で始まるURLで参照できるため、Windowsであれば、エクスプローラがあれば、簡単にWebDAVを参照することが出来るんです。
ただ、WebDAVで参照できるディスクをマウントする場合には、Windowsの場合、信頼済みサイトにURLを登録しないと、接続をしようとしてもセキュリティのため接続出来ない状況になってしまいます。

信頼済みサイトの設定は、Windowsの「インターネットオプション」で行うことが出来ます。
設定手順は、至って簡単です。

  1. Internet Explorerを起動します。
  2. IE右上の歯車マークをクリックし、[インターネットオプション]を選択します。
  3. 「セキュリティ」タブをクリックし、「信頼済みサイト」をクリックします。
  4. 「サイト」ボタンをクリックします。
  5. 「このWebサイトをゾーンに追加する」欄に「https://*.sharepoint.com」を入力し、「追加」をクリックし、と「閉じる」をクリックし、「OK」をクリックします。
    01_信頼済みサイトの設定

後ほど、OneDriveをマウントするときにエラーが出てしまう場合には、OneDriveがらみのサイト一覧を列挙しておきますので、登録してみてください。

※信頼済みサイトとして登録が必要になる可能性のあるサイト情報
https://*.sharepoint.com
https://portal.office.com
https://*.sharepointonline.com
https://*.officeapps.live.com
https://*.cdn.office.net
https://*.osi.office.net
https://*.microsoft.com
https://*.microsoftonline.com
https://*.windows.net
https://*.akamaihd.net
https://*.azure-dns.com
https://*.azure-dns.net
https://*.azure-dns.org
https://*.azure-dns.info
https://*.office365.com
https://outlook.office365.com

OneDriveをネットワークドライブとしてマウントするための前準備は以上です。

それでは、マウント手順を説明します。

Office365 for Businessへサインイン

Office 365 ログイン画面を表示します。
02_OneDrive_for_Businessライセンスを所有したアカウントでサインイン

https://www.office.com/

画面右上の「サインイン」をクリックします。

Office 365 ライセンスを付与したアカウント情報を入力します。
03_OneDrive_for_Businessライセンスを所有したアカウントでサインイン
独自ドメインを使用していなければ、

○○○@{サイト名}.onmicrosoft.com

となっていますので、入力後、「次へ」をクリックします。

パスワードを入力後、「サインイン」をクリックします。
04_OneDrive_for_Businessライセンスを所有したアカウントでサインイン

「サインインの状態を維持しますか?」と問われますので、「はい」をクリックします。
05_OneDrive_for_Businessライセンスを所有したアカウントでサインイン

Office 365のライセンスを付与されたアカウントのホーム画面が表示されます。

ここで、アプリ欄の「OneDrive」のアイコンをクリックします。

06_OneDriveのアドレスを取得
現在、同期されているフォルダとファイルの一覧が表示されます。
07_OneDriveのアドレスを取得

ここから、マウントするためのWebDAVのアドレスを取得します。

そのために、画面右上の三本線をクリックします。

ここに「エクスプローラーで表示」という選択肢があるので、クリックします。
08_OneDriveのアドレスを取得
09_OneDriveのアドレスを取得

ここで、少し時間がかかりますが、Windowsのエクスプローラーで、OneDriveのドキュメントフォルダが表示されます。
10_OneDriveのアドレスを取得

ドキュメントフォルダが開いたら、マウントしたいフォルダを開き、アドレス部をクリックして、表示されたURLを全てコピーします。
11_OneDriveのアドレスを取得

URLは、

https://{サイト名}-my.sharepoint.com/personal/{アカウント名のピリオドをアンダースコアにした文字列}/Documents/○○

といった形になっていますので、消えてしまわないようにメモ帳などに貼り付けておいてください。

OneDriveをネットワークドライブとしてマウント

  1. エクスプローラーを開き、「PC」をクリックし表示します。
  2. 「PC」を表示することで、リボンに「コンピュータ」が表示されるようになります。12_OneDriveをマウント
  3. リボンの「コンピュータ」をクリックし、「ネットワークドライブの割り当て」をクリックし、「ネットワークドライブの割り当て」を選択します。
    13_OneDriveをマウント
  4. 使用するドライブを選択し、フォルダ欄に先程コピーしたhttps://{サイト名}-my.sharepoint.com/personal/{アカウント名のピリオドをアンダースコアにした文字列}/Documents/○○

    を貼り付けて、「完了」をクリックします。
    14_OneDriveをマウント

正常に接続されるとネットワークドライブとしてマウントされたフォルダが開きます。
15_OneDriveをマウント

エクスプローラーの「PC」には、OneDriveがマウントされて表示されます。
16_OneDriveをマウント

以上が、OneDrive for Businessをネットワークドライブとしてマウントするまでの手順です。

 

最後に、ちょっとうんちくを。

Officeを使うとなると決まって、パッケージ版を使うのが定石のように言われていますが、よくよく考えると月額や年額版でもいいのかな!?って思うところもあります。

というのも、Office 365 for Businessは、普通に使うのであれば、月額900円(税別)でフルパッケージのOfficeを使え、さらに、ネットワークストレージとして、OneDriveが、1TB付いてくるんです。

これが高いのか安いのかといったところですが、例えば、パソコンを買ったときに、普通だったらOffice同梱のパソコンを買いますよね。
その時、同梱のOfficeを付ける付けないとでは、大体2万円の差が出ますよね。
さて、その2万円でパソコンの仕様を上げるか、Officeを付けるためにパソコンの仕様を下げるかと考えたとき、快適に使おうと思うならパソコンの仕様を上げて使いたいというのが普通でしょうか。

そうなると、Officeは付けないで買うことが出来ればってなります。
そんな時に、Office365なんです。
Office 365 for Businessの場合、1ライセンス購入すると「PC5台」「スマホ5台」「タブレット5台」の計15台にOfficeをインストールして使うことが出来るんです。
それが、月額900円で使えるんです。
さらに、OneDrive 1TBも使えるとなると格安なのでは!?って思いますよね。

大体、パソコンは3年から5年で新しいのに買い換えを検討しますよね。
そうすると、月額900円を3年使っても32400円(税別)となるわけですから、Officeを付けないでPCを買った方が安いってことになるんです。

そうそう、Office 365は、新バージョンになったら、新バージョンを使える権利を有していますので、常に最新版を使うことが出来るんです。
これも、新しもの好きには、打って付けですよね。

いかがでしょうか。
是非、パソコンを買い換える!Officeを新バージョンにしたい!と思っているなら、Office 365 for Businessを検討してみてください。