ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

SEOドメインで集客漏れ対策!

SEO対策に最適なドメインと言えば、com・net・jpを思い浮かべますよね。

確かに、集客をしようと考えれば、スパム利用の多いドメインを使うのは控えて、あなたが、フッと思い浮かべるようなドメインを取得してSEO対策をしたいというのは至極当たり前のことです。

そんなドメインですが、検索エンジンのSEO対策として、モバイルフレンドリーHTTPSサイトを上位にランキングといった流れによって、主要なドメインが取得され続けているのも現状です。

このようになると、お名前.comなどで取得したいドメインを検索しても、「com・net・jp」では思ったドメイン名を取得できない現状を目の当たりにして、取得したかったドメイン名に、ちょっとだけ文字列を追加して、やむを得ず取得していると言うことも多いことかと思います。

そんな、あなたに朗報です。

先頃、主要サーチエンジンが

coドメイン

を、SEO対策向けドメインとして認めるようになり、さらに、あなたも普段から何気に使っているであろうGoogleも、「coドメイン」を「com・net・jp」などのドメインと同等の扱いにするとアナウンスしてきているんです。

ちなみに、「coドメイン」ですが、元々は、コロンビア共和国に割り当てられている国別トップレベルドメイン(ccTLD)なのです。ccTLDではありますが、業種問わず、様々な分野で使用していいことから、いろんなところで使われ出しているのも現状です。
さらに、「com・net・jp」では取得できなかった、あなたが欲しかったドメインが「coドメイン」なら取得できるといったこともありますのでチャンスです!

そして、「co」ということもあり、

company や corporation

といった会社・法人を連想させることもあり、最近では、「coドメイン」で会社用ドメインを取得する企業も増えてきています。

また、これから自社の製品やサービスの短縮URLを提供するために、「coドメイン」を使っているところも出てきています。例えば、Googleでは「g.co」、Twitterでは「t.co」と言った感じで、サービス向上の一環として取得・利用されているところも出ています。自社の独自ドメインで短縮URLを始めたいという方には、弊社でもご紹介しているツールを利用されると自社のブランド力も上がってくるのでオススメです。

さらに、これは集客漏れ対策の一環でもありますが、「com」と一文字違いの「co」ですから、例えば、打ち間違いで「○○.co」で、集客漏れしてしまうといったことになってしまいます。
そのようなときの対策のために、「○○.co」を取得しておき、ドメイン転送をしておくことで、本来の「○○.com」へ誘導することも可能です。

ドメイン名は短いほど、覚えていただけ安いと言った特徴もありますが、SEO対策向けドメインという位置づけから、人気のあるドメインでもあります。
今は取得できそうだから、まだ大丈夫と言わずに、ドメイン名は世界にひとつしかありませんので、思っていたドメイン名が取得できるときに登録しておくことをオススメします。

SKUIDの導入は簡単!アカウント登録後、即日利用開始が可能!

SKUID 導入 ノマドワーカー

SKUIDの導入には、至極簡単な手順で利用開始することが出来るメリットがあります。

通常シングルサインオンサービスを導入するには、新たにシングルサインオンサーバ(SSO)を構築し、そのサーバを経由させることで、シングルサインオンサービスを提供することが多いことはご承知のことと思いますが、このシングルサインオンサーバをSKUIDを導入することで賄ってしまいます。
これにより、本来有料で用意するサーバが無料になるのにもかかわらず、サーバを導入した時と同等のメリットを得ることができます。

利用開始までのステップは3つ!

  1. 無料登録
    SKUIDを導入しても、アプリ数・ユーザ数無制限の無料サービスです。
  2. 初期設定
    登録後は、システム導入のために初期設定をします。
    所有時間は5分程度です。初期設定には、最低限3つの作業をしていただくことになります。

    1. シングルサインオンさせるアプリの登録
    2. 登録ユーザへのアプリの紐付け
    3. Chrome拡張機能のインストール

    になります。

  3. 利用開始
    全登録ユーザへSKUIDを解放します。

以上の3つの導入ステップになります。

ここで、アプリには、SKUIDの管理画面で既に用意されているものと、あなた独自で利用しているWebサービスをカスタムで登録できる、2種類の方法があります。
まずは、SKUIDの管理画面で登録されているアプリから該当のサービスがあるか探していただき導入していただくのが最短コースです。

上記ステップ2で行う初期設定導入において、ユーザを登録していただきますが、ユーザ登録では、グループ作成も同時にして頂くことも可能です。
アプリの利用権限は、ユーザ単位あるいはグループ単位、どちらでも可能です。

SKUIDでは、

Webサービスのシングルサインオン

を目的としているため、使用しているブラウザ(Google Chrome、Firefox、InternetExplorer)のプラグイン(アドオン、拡張機能)をインストールすることで、シングルサインオンを実現しています。

そのため、SKUIDを導入するためには、現時点(2018年10月)では、

Google Chrome

をメインブラウザとして使っているか、もしくは、利用するWebアプリケーションが、Chrome経由で使えるかが導入するための重要事項になってきます。

なお、2018年11月以降のようですが、

Internet Explorer
Firefox
Safari

でも、SKUIDが使えるようになるプラグインが提供されるとのことなので、Chromeのみ対応だったために導入に二の足を踏んでいたあなたには、朗報になっていることは間違いありません。

また、昨今では、ノマドワーカーといった仕事の仕方も導入を始めている会社も増えてきているので、

モバイルアプリ

の需要も増えてきているのもあり、こちらについても、順次リリース予定となっています。

このように、今までSKUIDの導入の障壁となっていたブラウザの種類やモバイルについても、粛々と対応してきていますので、SKUID導入の障壁は次第に低くなりつつあり、さらに使いやすいシングルサインオンサービスになってきています。



メグミルクの牛乳祭りが八ヶ岳乳業祭りになって開催!今年で18回目!

JA・実践大学校の出店

メグミルクさんから今年も牛乳祭り・・・。

今年から、

第18回八ヶ岳乳業祭り

に改称して、開催されるそうです。

今年も、行きたい!と思ったのですが、日付を見て愕然(´・ω・`)

開催日が

2018年10月21日(日) 10時から15時まで

というんです。

この日は、我が家が所属する区の運動会が開催されることになっていて、子供がリレーの選手になっていることから、雨にでもならない限り、お祭りに行けないという状況!

この八ヶ岳乳業祭りは、「雨天決行」なので、運動会が中止になったら、即出発!ということで、取り敢えず予定しています(^_^;)

メグミルクさんから頂いた「みるく通信」には、催し物の予定として、

  • 八ヶ岳乳業商品の販売試食
  • 八ヶ岳中央実践大学校・JA信州諏訪農工連の出店
  • 宅配商品試飲試食
  • 骨の健康チェック
  • 軽食販売

といった催しに加えて、例年だと、子どもが喜ぶゲームが用意されていて、そこでは、うまい棒が貰えたりと楽しませて貰っているので、今年も行きたい!でも、区の運動会もある!ジレンマ!

例年、伺わせて貰うと決まってやっているのが、「骨の健康チェック」で年相応、あるいは年より若くを目標にしちるんですよね(^_^)v
今年も計りたいよぉ〜。

10月はお祭りシーズンですから、あっちでもこっちでも、お祭りが開催されていて、ブッキングしちゃうことが多いんですよねぇ。

もし行くことが出来る人は、行ってみてください。

場所は、

八ヶ岳乳業株式会社茅野工場内
住所:長野県茅野市ちの172

です。

駐車場は、工場内にはなく、工場から歩いて5分ほどのところにファミリーマートがあるのですが、その隣の空き地が駐車場になっています。
9時過ぎくらいから、工場の社員の方が誘導を初めてくれるので、行ってみてください。

普段、市販で食べている乳製品に比べて、宅配製品の方が濃厚な味わいだったりしますから、是非是非!

SKUIDのアカウント数は無限!さらに同じアプリで複数アカウントを切り替えて使う時も有効的!

高速 DNS 設定

SKUIDは、通常1アカウントごとに発生する月額費用が、全く発生しないサービスです。

ですから、ユーザーが増えても減っても、無料で使えてしまうのです。

さらに、SKUID内で作成できるアカウントは、無限ですから、費用面を気にせずに、ドンドン使えてしまいます。

SKUID自体にログインするためのアカウントについては、「無料で安心して使える」と感じていただけていると思います。

ここで、シングルサインオンならではのアカウントの使い方をご紹介してみたいと思います。

同じアプリで複数アカウントの自動切替が簡単!

あなたは、1つのアプリ(Webサービス)で複数のアカウントを使っていることはありませんか?

例えば、

G Suite
Google Analytics

といったWebサービスを使うときに、複数のアカウントを切り替えて使っていると思いますが、その時に、いちいちユーザーID・パスワードを入力して切り替えていたりしていませんでしょうか?
そんな時に、SKUIDのアプリ登録を上手に使うと、全くアカウントの切替を行わずにというよりは、SKUIDが勝手にアカウントを切り替えて、Webサービスを使っていくことが出来るんです。

えっ!?と思ってしまうかもしれませんが、設定も至って簡単なので、具体的に、どのようにするのかを説明してみましょう。

  1. SKUIDのトップ画面で「+(プラス)」ボタンをクリックします。
  2. 複数アカウントを登録するアプリを選択し、次へをクリックします。
  3. アプリのログイン情報を設定する画面が表示されるので、
    表示名・ユーザー名・パスワード
    に、どのアカウントか分かるように入力し、変更をクリックします。
  4. 1から3の手順を複数アカウント数分、繰り返します。

たったこれだけで、1つのアプリで複数のアカウントを登録でき、使いたいサービスの時に、該当の登録したアプリをクリックすれば、ワンクリックでログインが出来てしまうんです。

これは、自らが管理者であっても便利ですが、管理者が事前にアプリ情報を登録しておき、作業者には、SKUIDのアカウントを用意し、管理者が事前に登録したアプリを使わせることにより、ユーザー名とパスワードの漏えいも未然に防ぐことが出来るメリットもあります。

このように、管理者が全体で共有するようなWebサービスの複数アカウントを管理することにより、よくある

パスワードの誤入力によるアカウントロック

で一定時間ログインすることが出来ず、業務が止まってしまうといった問題も未然に防ぐことが出来るんです。

いかがでしょうか。
単にシングルサインオンが出来るだけではなく、複数アカウントの効率的な運用としてもSKUIDは優れたメリットを持っています。



SKUIDのレポート機能は監査レポートとしても使える高機能レポート!しかも無料で作成可能!

SKUIDのレポート機能は、ただの利用ログではなく、

各アプリの利用状況
パスワード変更

などの履歴(ログ)を取得した上で、最小限の工数でレポートを作成できる仕組みになっています。

これにより作成したレポートは、

監査レポート

としても利用することが出来ます。

他のサービスでは、こういったレポート作成は、別途費用がかかったり、アクセスログから管理者が監査レポートを作成すると言ったをしますが、SKUIDでは、利用料0円の中でレポート作成機能までを提供しています。

また、SKUIDでは、

機能リクエスト

と呼ばれる場が用意されています。

このリクエストでは、「こんな機能が欲しい」「こんな機能を追加して欲しい」といった要望をすることができます。
その要望に対して、SKUIDチームでは、リクエストの内容を吟味し、直ぐに実現できるものは、ある程度、期日を決めて機能提供をしているところがあります。
それ以外の機能追加については、「このような機能も追加いたしましょうか?」といった具合に、お客様の要望以上に、よりよいシステム実現のために、切磋琢磨して機能実現に努めています。

例えば、SKUID利用ユーザーやグループの一覧をCSV出力などでエクスポートする機能がないといった場合に、機能リクエストをすることで、SKUIDチームにて、機能検討をして、監査レポート作成の手間の削減と言ったことが魅力的であると判断されると、レポート機能の拡充として機能追加をしていくといったことをしています。

これらレポート機能のカスタマイズも、無料であるにも関わらず、機能リクエストとしてユーザーの要望として受け付けているところも純国産シングルサインオンシステムとしても、画期的なところでもあります。

なお、無料の範囲では、

ログ保管期間 1年

となっているところは注意が必要です。

定期的にログをエクスポートしておけば、1年のログ保管期間であっても、十分利用していくことは可能です。
それでも、ログ保管期間を監査対象となる5年で管理したい場合には、無料利用の出来るベーシックプランではなく、プロプランやエンタープライズプランをお使いになることをオススメします。
プロプランやエンタープライズプランでは、1ユーザー当たり月額300円から500円かかりますが、オプション費用が月額費用に含まれているため、オトクにSKUIDを利用することが出来ます。