ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

重たいパソコン(Windows)を軽くするには、これを試してみよう!

※このページは、説明用の画像がまだ掲載されておりません。ご迷惑をおかけいたしますが、一応、文面からパソコンを軽くする手順は判るかと思いますが、近日中に手順に関する画像を掲載いたします。

パソコンって、買ったときは快適!軽く動作しているのに、1年・・・2年・・・と年を重ねていくと、「なんでこんなに重いの?」って感じることは多かれ少なかれあると思います。
特に、

Windows 10にアップデートしてから。

だとか、Windows 10「バージョン1803」といった

「機能更新プログラム」のアップグレードをしてから。

といった、Windowsの核心に触れるような更新がされると重くなったと感じると同時に、これといって何をしているわけではないけど、重くなったと感じている、あなたのような方が多いことと思います。

そんな時に、これをすると快適な動作になる設定や裏技があるので、遅い・重いと感じたなら、試してみてください。

1.不要なソフトウェアを無効化する

パソコンを起動すると、あなたの知らないところで、ソフトウェアが立ち上がっている状態になります。
このパソコン起動時に立ち上がるソフトウェアというのは、メモリに常駐するもので、メモリに常駐することで、ソフトウェアの起動を速くしたり、監視をしてくれたり、といったことをしてくれる便利な機能です。

でも、メモリに常駐することで、メモリを消費することになるので、実は、あなたのパソコンの動作を遅くする原因になっていることがあるんです。

そこで、不要なソフトウェアのメモリ常駐を無効化して、パソコンの起動を速くすると共に、その後のソフトウェアの動作も速くするようにしましょう。

不要なソフトウェアの無効化手順は、至って簡単なので、一度、試してみてください。

(1)タスクマネージャを起動する

[スタートボタン]を右クリックし、[タスクマネージャ]をクリックします。

(2)不要なプログラムを無効化する

[タスクマネージャ]ウィンドウが開いたら、[スタートアップ]タブをクリックします。
このタブの中に、パソコン起動時に立ち上がるソフトウェア一覧が表示されています。
この中で、立ち上がっていなくても問題ないソフトウェアについては、右クリックして、「無効化」を選択します。

以上の手順で、パソコンの起動が速くなります。

2.サーチ機能をオフにしてみる

サーチ機能とは、「Windows Search」のことで、このWindows Searchが実行されると、パソコンのファイル名などの情報を予め索引としてデータ化し、ファイル検索やアプリケーションの起動の高速化といったWindows全体の速度向上に繋がる恩恵があります。

しかしながら、このデータ化作業では、HDDに多量のファイルが保存されると都度実行されることから、CPUの使用率やHDDのアクセスが頻繁になり、パソコン全体の速度が低下するデメリットもあります。

昨今のパソコンでは、HDDではなく、SSDを採用し、HDDのボトルネックを解消する動きがあり、SSDの場合、このWindows Searchのインデックス機能では、SSDの寿命を縮めてしまうためサーチ機能をオフにしておくことをオススメします。

なお、サーチ機能は、Windowsのアップグレードが行われると、機能がオン担ってしまう場合があるので、ジャンボパッケージが当たった際には、確認をする事が必要となります。

機能をオフにする手順は、2通りあります。

1つは、コマンドプロンプトからオフにする方法
1つは、管理ツールのサービスからオフにする方法

になります。

ここでは、管理ツールのサービスからオフにする方が簡単ですので、こちらで説明します。

(1)[コンピュータの管理]を開きます。

[スタート]メニューを右クリックし、「コンピュータの管理」を選択します。

(2)[サービスとアプリケーション]内、[サービス]をクリックします。

(3)[Windows Search]をサービス内から探し、ダブルクリックします。

(4)[Windows Search]を無効に設定します。

[Windows Searchのプロパティ]は、通常スタートアップの種類が「自動(遅延開始)」になっています。
サーチ機能をオフにするには、ここで「無効」を選択し、[停止]をクリック後、[適用]します。

3.不要なサービスを無効化する

パソコンを使う上で、使用しないサービスを起動しておくだけで、無駄にパソコンのリソースを使っていることになります。
パソコンが遅いようなら、次に挙げるサービスの中で使っていない機能は、無効化することで、パソコンの遅さを解消できる場合があるので、お試し下さい。

  • 「Bluetooth Handsfree Service」(Bluetooth機器を使用しない場合)
  • 「Bluetooth Support Service」(Bluetooth機器をしない場合)
  • 「Diagnostic Policy Service」(自己診断関連サービス)
  • 「Diagnostic Service Host」(自己診断関連サービス)
  • 「Diagnostic System Host」(自己診断関連サービス)
  • 「Diagnostic Tracking Service」(自己診断関連サービス)
  • 「Fax」
  • 「HomeGroup Provider」(ローカルでファイル共有しない場合)
  • 「HomeGroup Listener」(ローカルでファイル共有しない場合)
  • 「Hyper-V」(これが冒頭につくものが8種類あります。)(仮想マシーンを使わない場合)
  • 「Remote Desktop」(これが冒頭につくものが2種類あります。)(リモートデスクトップを利用しない場合)
  • 「Remote and Remote Access」(リモートでの作業をしない場合)
  • 「Smart Card」(カード認証を行わない場合)
  • 「Telephony」(ビジネスフォンなどの制御を行わない場合)
  • 「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」(タッチ機能を使用しない場合)
  • 「Windows Biometric Service」(生体認証は使わない場合)

4.更新設定を変更する

Windows 10になり、Windows Updateが不定期になり、更新が行われるときには、アップデート内容も大容量の更新内容になってきたりします。
そして、アップデートが行われると、少しずつ動作が重くなる傾向もあります。

更に、初期設定では、あなたのパソコンが、Windows Updateの提供サーバの役割を担うようになっており、これにより、あなたの自宅や会社で複数のWindows 10のパソコンがあると、他人のパソコンに更新情報を提供するようになり、これがまた輪をかけてパソコンを重くする原因になっています。

そこで、Windows Updateの更新設定を見直す手順を説明します。

(1)[設定]を開きます。

[スタート]メニューを右クリックし、「設定」を選択します。

(2)[システム]をクリックします。

(3)[電源とスリープ]をクリックします。

(4)[電源の追加設定]をクリックします。

(5)[電源ボタンの動作を選択する]をクリックします。

(6)「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックします。

(7)シャットダウン設定を変更します。

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。
「休止状態」のチェックを入れます。

以上の設定を行ったら、「変更の保存」をクリックします。

設定のホーム画面に戻ります。

続いて、更新設定を変更します。

(8)[更新とセキュリティ]をクリックします。

(9)「詳細オプション」をクリックします。

(10)「配信の最適化」をクリックします。

ここに、他のPCからダウンロードを許可する設定があります。

初期設定では、「他のPCからダウンロードを許可する」が「オン」になっていますので、「オフ」にします。

以上の設定が完了したら、設定ウィンドウを閉じます。

5.Windows Defenderの完全無効化

Windows Defenderは、Windows 10になり、日々進化をしてきました。
そのため、ある程度ですが、他のセキュリティソフトを導入しなくても、ウィルスやスパイウェアから感染を防いでくれるようになっています。
しかしながら、パソコンの使い方によっては、Windows Defenderでは、役不足となりうる場合があります。
その場合には、ESET社やトレンドマイクロ社などのセキュリティ専門会社のセキュリティソフトをインストールして、更にパソコンの出入口を強固にしてセキュリティ対策を講じることも必要です。

ここで、Windows Defenderの完全無効化の方法を説明しますが、完全無効化が出来るのは、他のセキュリティソフトがインストールされて動作している環境下にあるパソコンのみとなりますので、Windows Defenderがパソコンの最後の砦となっているパソコンでは、完全無効化をしないよう、御注意下さい。

それでは、完全無効化手順を説明します。

なお、これからの作業は、レジストリを操作する作業になりますので、レジストリ操作が初めての場合は、慎重に作業を進めていくようにして下さい。作業を進めていく上で、パソコンが動作しなくなってしまったなど、トラブルに陥った場合には、責任は負いかねますので、その点も考慮の上、作業を行って下さい。

(1)レジストリエディタを起動する

レジストリを操作するときには、もしもの時を考えて、操作前のレジストリをエクスポートします。

[スタート]を右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択。

名前欄に「regedit」と入力し、「OK」をクリック。

[ファイル]から「エクスポート」をクリックし、名前を付けて保存します。

エクスポートが完了したら、レジストリを操作します。

(2)Windows Defenderのレジストリ情報を表示する

[HKEY_LOCAL_MACHINE]をダブルクリック。
[SOFTWARE]をダブルクリック。
[Policies]をダブルクリック。
[Microsoft]をダブルクリック。
[Windows Defender]をダブルクリック。

ここで値を追加します。

画面上空白の部分で右クリックし、「新規」にマウスを重ね、「DWORD(32bit)値」を選択します。

新しいレジストリが追加されるので、名前欄に「DisableAntiSpyware」と入力します。

「DisableAntiSpyware」を右クリックし、「修正」を選択します。

値のデータを「0」から「1」に変更します。
この時、「0」は有効、「1」は無効を意味しています。

以上で設定が完了になります。
再起動して、WindowsセキュリティセンターとタスクマネージャでWindows Defenderが無効になっていることを確認してください。

SKUIDは複数アカウントを共有する業務に最適なツール

同じサービスでアカウントを切り替えて使うならSKUIDは打って付け!

GoogleやYahoo!などのサービスを運用する際に、アカウントを複数所有して運用する場合があります。

そんな時、今、あなたは、どのようにしていますでしょうか。

恐らく、1回1回アカウントごとにログインとログアウトを繰り返して、作業をしているのだと思います。違いますか?

もし、そうである、あなたには、SKUIDは打って付けのログインツールです。

同じWebサービスで使うアカウントが、1つや2つなら大したことはありませんが、これが、5個・・・10個・・・20個といった感じで、日々の業務の中で切り替えてログインをしなければいけないとなると、タダでさえ昨今では、アカウントIDやパスワードの取扱には細心の注意が必要なのに、手作業で、これを管理するとなると管理に抜けが出てしまい、それがセキュリティホールに繋がっていきます。

さらに、これらのアカウント情報を数名あるいは、数十名で共有していたとしたら、どうでしょうか。
自分は、シッカリ管理しているから大丈夫と言っても、他の共有者が管理を怠れば、それがセキュリティホールになってしまいます。

そんなことが起きないようにするためにも、自らのアカウント情報は管理するものの、業務で共有するアカウントについては、管理しなくてもいい業務形態にすべきです。

それに打って付けなのが、SKUIDと言う訳なんです。

SKUIDを使うことで、複数のアカウントの管理を容易に行える他、

誰が、どのアカウントを使ったのか。

を知るだけではなく、共有しているアカウントのパスワード自体を教えなくてもアクセスが出来るようになるため、管理者にとっても、アカウント利用者にとっても、漏えいを心配する手間が省けることになります。

このように、情報漏えいの観点から見ても、SKUIDは優れたシングルサインオン製品でもありますから、無料機能をお試し頂ければと思います。

SKUIDが正式にActiveDirectory(AD)に対応

ようやく、ActiveDirectory(AD)に正式対応!

ADは、どこの企業、教育機関、公共機関など、ユーザー数の多いところや部署の管理が重要なところでは、パソコンやシステム管理の標準として利用されています。

そうなってくると、ADと連携ができる機能を持った商品でなければ、なかなか導入に二の足を踏んでしまうのも正直なところです。

そんな、ADとの連携において、SKUIDが正式対応したんです。
これは、企業や教育機関、公共機関で、ユーザー管理をしているシステム管理者にとっては、喜ばしいアナウンスであると言えます。

Active Directoryと言えば、多くの企業や教育機関、公共機関で導入されていますが、今までのSKUIDであれば、SKUIDを利用しようとすると1つだけ問題がありました。

それが、

ADとSKUIDでユーザー管理が二重に発生していた!

という訳なんです。

そんなの大した問題じゃないでしょ!?って、お思いかもしれませんが、重要な問題なんです。

例えば、ADで「山梨桃太郎さん」の情報を管理し、SKUIDでも同じ「山梨桃太郎さん」の情報を管理するといった場合です。
ユーザー数が少なければ、システム管理者にとって、大した問題にはなりませんが、ユーザー数が多く、部署数が多い場合、これを管理する管理工数は莫大なものになってしまうんです。

これが、SKUIDは殆どの機能を無償で使うことができ、コストダウンを計れる良い商品であると謳われていたのにもかかわらず、なかなか企業や教育機関、公共機関で採用されず、他のシングルサインオン製品を採用するところが多かったことは確かです。

でも、今回、SKUIDが提供する「AD連携機能」を利用することで、ADにユーザーを追加すると、自動で属性情報を含めたユーザー情報がSKUIDにも取り込めるようになったんです。
これにより、システム管理者は、今まで通り、ADのユーザー情報だけを管理していれば良くなり、SKUIDでユーザー管理をする必要がなくなったんです。
これにより、ユーザーの二重管理を防ぐことが出来るようになりました。

また、SKUIDがAD正式対応となったことで、SKUIDへのログインも、ADで認証を行えるようになるため、ユーザーはADのIDとパスワードをそのまま使って、SKUIDにログインし、クラウドサービスへのシングルサインオンが使えるようになるんです。

このAD連携機能は、オプション機能になりますが、ADを使用している企業や教育機関、公共機関にとっては、SKUID利用時の管理者の負荷を低減することが出来ます。

ちなみに、他社製品では、日本語環境で利用すると1ユーザーあたり月額4ドルする機能が、SKUIDなら月額100円から利用出来るリーズナブルな価格設定にもなっています。

まずは、基本機能は全て無料で導入できますので、お使いになってみてはいかがでしょうか。

安全のために複雑なパスワードを!と言われても無理っ!それならSKUIDで解決!

高速 パブリック DNS サービス

複雑なパスワードは面倒!

あなたも、パソコンやスマホで、インターネットを使っていると、度々、

安全のため、複雑なパスワードを設定して下さい!

長期間、パスワードが変更されていません!変更して下さい!

などなど、パスワードに関するリマインドが、利用しているサイトごとにメールなどで通知が届いていることと思います。

だからといって、実状は、

管理するパスワードが多く覚えられない!

それなら、同じパスワードを使おう!

という流れになっていくのは、至極当然のことかもしれません。

同じパスワードといっても、そこは、ある程度考えますよね。

例えば、文字列は同じでも、似たパスワードにしてみたり、簡単なパスワードを使い回したりと、その結果、悪意を持った攻撃者の絶好のターゲットになっているのは、いろいろな報道で耳にしていると思います。

こうしたリスクを防いでくれる製品が、

SKUID

なんです。

SKUIDを使うと、あなたは、1つの複雑なパスワードを使って、あらゆるWebサイトや社内システムならびにクラウドサービスにログインできてしまうんです。

SKUIDを利用されている方の多くは、

Gmail
Chatwork
Office 365
Salesforce
サイボウズ
Facebook
AWS (Amazon Web Services)
Kintone
Dropbox
Slack

といったサービスや製品に使われています。

これらのサービスや製品は、目に耳にした事があるかと思います。
これらを全て、1つのパスワードでログインできるようになるのがSKUIDです。

そして、殆どのサービスが「無料!タダ!」で使えますが、さらなるセキュリティや利便性を求める、あなたには、オプションサービスとして、

ワンタイムパスワード
IPアドレス制限
IDP連携機能
多要素認証
FIDO認証
二要素認証
SAML
AD連携機能

などなどのオプションが、1ユーザあたり100円程度で導入することが出来るところもSKUIDがオススメの商品であると言えます。

このようなセキュリティ強化に富んだシングルサインオン製品ですから、情報を守りながら、利便性が高められるという、一石二鳥の製品とも言えます。

【お墨付き】SKUIDが内部統制の国際認証SOC2 Type2を取得!

SOC2とは

情報セキュリティ分野の方は、間違えてしまいがちですが、脅威を監視したりする「Security Operation Center」ではなく、監査法人がクラウドベンダーなどに付けるお墨付き「Service Organization Control」を意味しています。

クラウドの普及によって、監査の仕方も多様化してきています。
元々、SOCは、アメリカとカナダの会計士協会が制定したもので、財務諸表監査の延長として取り入れられた制度なんだそうです。

例えば、会計監査をする際に、情報システムの内部統制の監査も行うといった場合に、あなたの使用している情報システムが自社のものでは無く、委託しているものだった場合、監査は、直接委託先に!ということになります。
そうなると、あなたが利用している情報システムにおいて、委託しているシステムがいくつもあると、それだけの監査が入ると言うことになってしまうんです。
そのような手間暇をかけないように、「SOC1という報告書」を用意して、監査人に渡すことで、監査を受ける負荷を低減させる制度がSOCなんだそうです。

もともとは、財務諸表監査のために作られた基準ですが、財務諸表に関係しないシステムにおいても、何かしらの保証を得られるようにしようということから、セキュリティ、機密保持、アベイラビリティといった部分に重点を置いた保証の報告書として制定されたのが、今回SKUIDが取得した「SOC2」なんです。

このSOC2認証を取得したことで、SKUIDは、セキュリティなどの観点からサービスの業務プロセスと統制基準が基準を満たし、外部監査をパスしているため信頼性が高いサービスであるというお墨付きをいただいている製品であると言えるんです。

この認証があることで、「国際的な認証がある製品でないと利用しない」という企業であったり、「認証がある製品を優先的に使う」という企業へはオススメの製品でもあると言えるんです。

SKUIDが取得したSOC2について、SKUIDからアナウンスがありましたので、文章そのまま転記しますので、参考にして、SKUIDの導入に役立てて下さい。

この度「SKUID」は、内部統制の国際認証『SOC2(Service Organization Control 2) Type2』を取得し、『SOC2報告書』を受領いたしました。

これにより「SKUID」は、システムの「セキュリティ」「可用性」「処理の整合性」や、個人情報の取り扱いにおける「機密性」「プライバシー」に関する国際基準を満たすサービスであることが認められました。

『SOC報告書』とは・・・

業務を受託する事業者やITサービス提供者が、受託業務に係る内部統制の 整備状況やシステム運用状況等を、 監査法人や公認会計士などの独立した第三者機関によって検証し、その評価を示したものです。評価対象や基準によってSOC1、2、3に分かれており、さらに対象期間によってType1(1日が対象)とType2(一定期間が対象)があります。

このうち『SOC2』は、米国公認会計士協会(AICPA)とカナダ勅許会計士協会(CICA)が制定した、国際的なトラストサービス原則と基準(Trust Services Principles and Criteria)に基づいて評価されるものです。システムの「①セキュリティ」、「②可用性」、「③処理の整合性(インテグリティ)」、個人情報の取り扱いにおける「④機密性」、「⑤プライバシー」の5つの構成のうち、1つもしくは複数を選択して評価が行われます。

この度「SKUID」は、この5つの構成すべてにおいて『SOC2 Type2』を取得し、報告書を受領いたしました。報告書では、「SKUID」の運用における業務プロセスおよび内部統制環境が、継続的に一定の基準を満たしていることが表明されています。

なお、この報告書は、「SKUID」をご利用のお客様の請求に応じて提供が可能です。 (別途、機密保持契約の締結が必要となります。) ご希望のお客さまは、お問い合わせください。